suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

[いきなり!黄金伝説]12/7/26・・・オードリー×Hi-Hi 岩崎宅のお掃除訪問「若林:どうしてもこの2人には売れて、カッコいい先輩になってほしいんです」

2012年7月26日放送 テレビ朝日「いきなり!黄金伝説 より
開運お掃除 芸能人お宅訪問

吉田敬(ブラックマヨネーズ)や田村裕(麒麟)などの汚い部屋を徹底的にお掃除し、彼らの仕事運を上昇させてきた松居一代。彼女がオードリーを従え、新たな汚部屋芸人のもとを訪れる!

Hi-Hiの岩崎一則の家へ。室内の洗濯機の上にはなぜかシメジがあり、浴槽はまるでゴミ箱。もちろん、リビングに足の踏み場はなく、ほこりも蓄積し放題、おまけに不衛生すぎるため岩崎の肌にはかぶれが発生…と、こちらの家もヒドイありさまだ。松居とオードリーはさっそく大掛かりな掃除に取り掛かることに。ところが! 想像を絶する汚さが祟って、遂には若林正恭(オードリー)の身体に異変が生じ…!?

ツイッターにはまとめきれそうになかったので
オードリーとHi-Hiの共演ロケでのやり取りを覚え書きに。



スタジオで・・・ザキヤマ「ゆってぃにテーブルをあげたら、ゆってぃに仕事が舞い込んで。そのテーブルをゆってぃがHi-Hiの上田君にあげたらしいんですよ。そしたらTHE MANZAIで仕事が増えたっていう。それを今ね、僕、戻そうと思ってる。」
噂の開運のテーブルを戻そうとしてるザキヤマさん(笑)

ホコリだらけの和室を見て、若林「酷くなってるな、昔と比べて。」
言い訳ばかりの岩ちゃんに、若林「言い訳してんじゃねえぞ!」
松居「ちょっと待って。あんたたちオードリーはさ、後輩じゃないの?」
怖い顔で、若林「後輩です。」 事務所で言うと、オードリーはHi-Hiの1つ後輩。
トータルの芸歴と年齢で言うと、Hi-Hiの方がかなり上。
しかし、売れない頃からの付き合いが長い故にこのやり取り。
若林「THE MANZAIの楯とかあんな置き方でいいのか?自分の出世作だろ。」
「言い訳してんじゃねえぞ、お前!」 荒々しくツッコむ若林さんと、頭を叩く春日さん。
岩崎「何やってんの?たたっ・・・叩くんじゃないよ、朝一で。」(笑)

そこへ登場する相方の上田さん。
上田「汚ねっ!お前、人ん家のアパートでなんてことしてくれてんだよ。」
実はアパートの大家は上田さんのお父さん。家賃を5年滞納、総額250万円。
でも確かHi-Hiは岩ちゃん家でネタ合わせをしてた気がするから、部屋の汚さは今さらだよな・・・と思ったり。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】12/7/21…ヒロト選曲:ジュニア・ウェルズ「MESSIN' WITH THE KID」+バディ・ガイ「I SUFFER WITH THE BLUES 」

12/7/21 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!
DJ : ツネ / ヒロト

THAT'S WHY GOD MADE THE RADIO / THE BEACH BOYS

DJ・ツネ 「夏はやっぱビーチボーイズでしょう。ってドラマの『ビーチボーイズ』じゃないからね。念のため。若い子はあんまり知らないのかなぁ。ストーンズやね、ディランと同じく、今年50周年のアニバーサリーイヤーを迎えたビーチボーイズですけど。ブライアン・ウィルソン参加となると、20数年ぶりとなるニューアルバムから、タイトルチューンの『GOD MADE THE RADIO』神の創りしラジオ、お届けしました。

ダッシュボードのカーラジオから、最新スターの曲が流れてきたら、7時のクルージングに出かけよう。ボタンを押せば、そこは天国。車の中、遠い記憶が蘇る。だから神様はラジオを創った。どこへ行くにもダイヤルを合わせ、神様は手を振って、ロックンロールを与えてくれた。恋に落ちる時の音みたいだ。

いいね。だから、神様はラジオを創ったって、いい感じじゃない?ビートルズのね、『ラバー・ソウル』に衝撃を受けて、対応心を燃やして作った『ペット・サウンズ』っていうアルバムはね、その後の彼らを象徴するエポックメイキングな作品になってね。イギリスのビートルズ、そしてアメリカのビーチボーイズっていうね、ライバルっていうかな。意識し合って、より良い作品を作り合っていたっつうね。

初期の曲はね、特に、アメリカ西海岸の当時のヤングカルチャー、とりわけ海、ビーチですね。あとビキニの女の子も、サーフィンも、車みたいなテーマが多くてね。サーフ&ホットロッドなんてジャンルで呼ばれてさ、少しナンパな感じの、どっちかっていうと。そんなイメージがあったっつうかね。でもポール・マッカトニー、ピート・タウンシェント、エリック・クラプトンなんかもね、彼らに魅了されたっつうね。

で、この8月には東名阪をまわる、33年ぶりの来日ツアーが決まってるんすね。まあなんだかんだ言ってジャンゴでも毎年ね、夏に曲はかけてんじゃないかな。ビーチボーイズ。良かったらチェックしてみて下さい。ほんじゃ、次もね、ザ・夏なテーマで、こちらも定番中の定番っすね、トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ、『PRESSURE DROP』」


PRESSURE DROP / TOOTS & THE MAYTALS

[ナイナイのANN本 金&銀]12/7/15・・・驚異の超能力者オカ・ムラー!宇宙パワー先行即売会レポ

【 ナインティナインのオールナイトニッポン 】

ナインティナインのオールナイトニッ本 スペシャル
ナイナイと99の超常現象 金&銀
緊急 再来日!驚異の超能力者オカ・ムラー
リスナー限定!宇宙パワー先行即売会

2012年7月15日(日)@ニッポン放送イマジンスタジオ
・ 時間は午後1時から
・ 「金」と「銀」それぞれ2000冊用意
・ 2冊セット売りのため、2000円の用意を
・ 徹夜、勝手に整理券は不可
・ 本がなくなり次第終了

→ 「ナインティナインのオールナイトニッポン」公式の先行即売会報告
→ お笑いナタリー|2013年にジミ婚! ナイナイが最新ムック本発売



09年9月6日に行われた「オールナイトニッ本」vol.1の先行即売会で、初めて行った有楽町ニッポン放送。始発で向かってギリギリ間に合った抽選に漏れて、イマジンスタジオの外からイベントの様子を通り過ぎるように見学。ナイナイの2人を見て、本当にいるんだ!と生存確認しかできなかった。

去年の5月15日に行われた「オールナイトニッ本」vol.3の先行即売会で、久々に行ったニッポン放送。早起きして今度こそと臨んだ抽選に漏れて、イマジンスタジオの外からイベントの様子を通り過ぎるように見学。ナイナイの2人を見て、ああ本物だ!楽しそうだ!と現状確認しかできなかった。

先月の6月15日に行われた「Hi-HiのANN0」上田さんのCD配布イベントで、1年ぶりに行ったニッポン放送。終電で向かって「ナイナイのANN」を聞きながら裏口で待っていた時、帰り際のナイナイの2人をそれぞれ遠巻きに見送り。壁のない距離で拝見し、矢部さんシュッとしてる!岡村さんちょこんとしてる!とドキドキした。

そして先日の7月15日、「オールナイトニッ本」金&銀の先行即売会の日。前の晩、早く寝ようと思っていたのに「オードリーのANN」を結局最後まで聞いてしまい、朝までなかなか寝付けず。寝不足のままぼんやり起きてツイッターを覗いたら、6時頃にはすでに整理券をもらってる人がいて慌てて有楽町へ・・・!

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】12/7/14…ヒロト選曲:エルモア・ジェームス「MEAN MISTREATIN' MAMA」「FINE LITTLE MAMA」

12/7/14 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!
DJ : ツネ / ヒロト

DJ・ツネ 「(略)…ほんで、先週の放送で「七夕に星が拝めるなんてまずないよね」なんつって、思いっきりはずしてしまいまして(笑) その夜はすっかり星空の、長崎でした。めんぼくない。これもきっと、マーシーもパワーでしょう。でも去年はさ、この時期にもう梅雨開けてたんだよね。あと一週間ぐらい…かな?

(先週かけたマーシーの曲についてのメールを読んで)
そうか、マーシーがソロで歌ってたの知らないんだねえ。20年前だもんね。いやいや、しかし、マーシーのソロアルバムは4枚出るのかな。これはぜひとも聴いてくださいよ。決してノスタルジーではなくて、今初めて聴いてもね、そう、心がザワザワするはずです。

ほんじゃ、ジメジメ、ベトベトな嫌な気分を吹き飛ばしちゃうよ~。オーケー!ハリケーン・ロックンロール・レディオ、ジャンゴ・バンゴ・デラックス!今日のオープニング、ザ・ビートルズ『I SAW HER STANDING THERE』」


I SAW HER STANDING THERE / THE BEATLES

ROUTE 66 / THE ROLLING STONES

大脱走しようぜ

いじめのニュースが問題になっている。

[ジャンゴ・バンゴ・デラックス]12/7/7・・・ヒロト選曲:エイモス・ミルバーン「CHIKEN SHACK」+ワンダ・ジャクソン「LET'S HAVE A PARTY」

12/7/7 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

7月7日、七夕ということで・・・

夜空の星くず / 真島昌利


DJ・ツネ  「マーシーのソロの、セカンドアルバム『HAPPY SONGS』から、『夜空の星くず』お届けしてます。いや、名曲だね。このアルバムもずいぶん久しぶりに聞いたけど、色んなこと思い出すね。この曲ももちろんやってくれた、マーシーのソロライブを見たのはもう・・・20年ぐらい前になるのかな。20年ねえ。今となっては貴重なライブだったわけですけど、マーシーも俺も若かった、みたいな。(笑) しかし、今の、この歳になってのマーシーのソロも正直見てみたいけどね。

そういやさ、この2月のマーシーの誕生日にさ、言ったっけ?「おめでとう!」ってメールしたのよ。そしたらさ、「ありがとう。50、笑う」いささか自虐的な内容でウケた(笑) でもまたこの夏ね、そんなマーシーとヒロトに会えると思うと、楽しみだな~。どこ飲み行こうかな~。じゃなくて、稲佐山だよね。もちろん、ぶっちぎりのライブ見せてくれること間違いないですから!“Sky Jamboree 2012~one pray in nagasaki~”8月26日(日)稲佐山公園野外ステージ・・・(略)

次の曲もね、同じくアルバム『HAPPY SONGS』から、この歌もね、ボサノバちっくで、この時期に合うナンバーですよ。マーシー、真島昌利で、『休日の夢』」

休日の夢 / 真島昌利

面倒くさい大人でいいじゃない。

7月7日(土)放送の「オードリーのANN」のOPトークで印象深かった、面倒くさい性格だと自らを語る若林さんの話。夜明けのテンションなので、誤った解釈やおかしな部分もあるかもしれない。とりあえず、ツイッターでは書ききれなかったことを勢い任せに書いてみる。

最近は経済や資本主義についての本を読んでいるため、どんどん面倒くさい性格になっていっているという若林さん。スイーツやレジャーなど自分の興味がない、理解できないものに対しても、こういうもので人は幸せになるんだというのを勉強して、一生懸命 頑張っていると。
「今でこそヒルナンデス仕様の俺になってるけど…」
「お仕事をとったら未だにクソくらえだと思ってるから!」

芸人として売れなくて、お金がなかった時代には世間から酷い扱いをされて、M-1後にブレイクをしたら急にお金が入ってきて世間の態度が変わった。そこに大きな不信感と違和感を持っているのだろうと思う。ラジオで言うことじゃないけど…と前置きしながら、資本主義・社会について「誰も言わないけど、正直順位をつけてる。グループ分けされてる」などと語る。

「金持ってるってだけでいけ好かないから」
「ゴルフやる奴なんてクソだと思ってるから」
昔から思っていたことを今でも引きずっている若林さん。その場その場では上手くやれる程度には大人になったが、未だに腹の中ではクソくらえ!と思っていることが世の中に多々あるらしい。

気取ったり、格好つけた趣味や行動をしている“ぶってる”自分をスベっていると自虐的に笑いにし、それを理由に好かれることを含めてイジられるのが嫌な人なのだろう。故に本人は嫌がるだろうけど、そんな面倒くさい若林さんが好きだ。なんだか気になる存在で、妙に惹かれる芸人。

どう考えても思考がパンク。何となく。ロックというよりパンク。

[ジャンゴ・バンゴ・デラックス]12/6/30・・・ヒロト選曲:ザ・パイレーツ「DON'T MUNCHEN IT」+ストラングラーズ「STRAIGHTEN OUT」

12/6/30 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

ヒロト・コーナー 【 チャンコ・パンコ・テラックス 】

ヒロト  「みんな元気だったかなあ?甲本ヒロトです。はい。全てが予定通りに運んでいれば、今日は、クロマニヨンズの、ACE ROCKERツアー、最終日、沖縄ライブの日です。ということで、この番組の方でも、気合いの入ったライブ音源を、セレクトしてみました。まずは、ザ・パイレーツ。はい。

ザ・パイレーツというと、ラジオの前の皆さんはすぐに、だっちゅーの!という、おっぱいギャグで、有名なあのパイレーツを、すぐ想像してしまう人ばっかりだと思いますが、そんなことないんですよ。こんなパイレーツもいるんですよ。聞いてください。ザ・パイレーツで、『ドント・マンチェン・イット』」

DON'T MUNCHEN IT / THE PIRATES