suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

[ジャンゴ・バンゴ・デラックス]13/2/23・・・ヒロト選曲:J・ガイルズ・バンド「PACK FAIR AND SQUARE」「WHAMMER JAMMER」

13/2/23 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

DJ・ツネ 「(前略)いよいよ、クロマニヨンズのツアーもね、ヒロトの地元・岡山からスタートしましたよね。リスナーさんも、岡山行きまーす!って人もけっこういましたけど。楽しかったですか?

で、その2月20日はご存じのように、マーシーの誕生日でもあってね。盛り上がったんじゃないですか?当日俺もね、マーシーにおめでとうメールを送りましたけど。「いやいや、ありがとね。ロッケンロール!」なんて、返ってきましたけど。ちなみに去年はね、「50(笑)」って書いてあってウケたけど。今年は何にも触れてなかったけどね、歳のことは。

で、ヒロトからもね、当日のライブが終わった夜に「何とか楽しい初日になりました。マーシーの誕生日も盛り上がったよ~」なんてメールが届きましたけどねえ。ほんとその場にいた人は、お得な空気感を味わえたんじゃないですかね。

さあさあ、今日はそのマーシーのバースデーを祝って、このナンバーからスタートしましょうかね。オーケー!ハリケーン・ロックンロール・レディオ!ジャンゴ・バンゴ・デラックス!今日のオープニング、ザ・ビートルズ『BIRTHDAY』」

BIRTHDAY / THE BEATLES


とても寒い日 / 真島昌利

[ジャンゴ・バンゴ・デラックス]13/2/16・・・ヒロト選曲:ザ・レンタルズ「WAITING」「THESE DAYS」

13/2/16 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

CHINESE ROCKS / RAMONES


涙の俺1号 / ザ・クロマニヨンズ

DJ・ツネ  「ラモーンズの爆裂ライブ・バージョン『CHINESE ROCKS』に続けて、ザ・クロマニヨンズ『涙の俺1号』穏やかに、お届けしました(笑)で、途中ね、先週に引き続き、トロッグスのレグ・プレスリーにもちょびっと登場いただきましたけど、ご愛嬌。」

(THE TROGGS 『I CAN'T CONTROL MYSELF』の歌い出し「Oh No!」部分が
 曲と曲の間に流れました)

ヒロト・コーナー 【 チャンコ・パンコ・テラックス 】

ヒロト  「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。まずは一曲聞いてください。ザ・レンタルズで、『ウェイティング』」

WAITING / THE RENTALS

【ラッツ!ゴー!クレイジー!】13/2/9…ロッチ×クロマニヨンズ

2013年2月9日 ニッポン放送
【クレイジーラッツのラッツ!ゴー!クレイジー!】
より

DJ:クレイジーラッツ
(ワタナベエンターテインメントに所属する、我が家・ロッチ・ハライチのグループ)
今回はロッチが担当



中岡 「こんばんは」
コカド「クレイジーラッツです」
中岡 「あれ?」
コカド「言って下さいよ、一緒に」
中岡 「あれ?みんな、いてない(笑)」
コカド「いやあ~大変なことになりましたね」
中岡 「ふふっ、はい」
コカド「『クレイジーラッツのラッツ!ゴー!クレイジー!』始まりましたけど」
中岡 「始まりましたよ」
コカド「大変なことになりましたよ」
中岡 「あれ、いつも7人で」
コカド「いないですよ」
中岡 「我が家、ハライチ、ロッチでやってんのに」
コカド「はい」
中岡 「今日はロッチだけですけども」
コカド「そうなんです」
中岡 「何が始まるんですか、これは?」
コカド「いや~大変なことになってしまった~!」
中岡 「どうしたんですか(笑)コカド君」
コカド「もうちょっとしたら大変なことなんねん」
中岡 「何なんそれ?言うてよ、それは」
コカド「いやいや、あの~クロマニヨンズさんが…」
中岡 「えっ?」
コカド「ザ・クロマニヨンズの」
中岡 「CD出しはんねやろ?」
コカド「ヒロトさんとマーシーさんが」
中岡 「うん、CD出しはんねやろ?」
コカド「来るんです。」
中岡 「あっ、来るの!?」
コカド「『ラッツ!ゴー!クレイジー!』に今から来るんです」
中岡 「あっ、ほんまに」
コカド「これから…僕らとしゃべるんです(笑)」
中岡 「僕らとしゃべる?」
コカド「大ファンですから、僕…はね。」
中岡 「大ファンのコカド君…のためにロッチが選ばれて」
コカド「そうです」
中岡 「はい」
コカド「2対2ですよ」
中岡 「2、2で?」
コカド「ヤバいな、この緊張…だってさ、もう大人になったらあんまここまで緊張することって、ないよなぁ」
中岡 「いや、普段の仕事どうしてんねん」
コカド「ハッハッハッハッハッ」
中岡 「ハハハッ」
コカド「中岡君も好きですからね」
中岡 「そう、そうですよ。だから、言えば、その~もうロッチ…は、コカド君が甲本ヒロトさんだとしたら、俺がマーシーさんなわけですから」
コカド「ハハハハッ!髪の長さとかも(笑)」
中岡 「しゃべる量で言えばね。しゃべりの量で言えば(笑)」
コカド「そうかぁ。怒られるで」
中岡 「怒られる…(笑)」
コカド「これもうクロマニヨンズさんファンも、こういうのは注目して聞いてるから、もう今ので「何を言ってるんだ、あいつらは。早くクロマニヨンズさんを出せ」ってことになってるから、もう行きましょう」
中岡 「そんな怒られへんですよ、そんなもん皆さんに」
コカド「行きましょう」
中岡 「はいはい、わかりました。果たして、クロマニヨンズさんからどんな話が聞けたんでしょうか?そして、コカド君は、またしても号泣してしまったんでしょうか!?」
コカド「ふふふふっ」
中岡 「お楽しみに!」


( CM )

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】13/2/9…ヒロト選曲:マニック・ストリート・プリーチャーズ「MORTORCYCLE EMPTINESS」+バッド・レリジョン「STRANGER THAN FICTION」

13/2/9 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

I CAN'T CONTROL MYSELF / THE TROGGS


燃えあがる情熱 / ザ・クロマニヨンズ

DJ・ツネ  「ザ・トロッグス『I CAN'T CONTROL MYSELF』に続いては、我がザ・クロマニヨンズ『燃え上がる情熱』お届けしてます。先日、リリースになったばっかりのね、ニューアルバム『イエティ対クロマニヨン』のラストを飾るナンバーですけども。我ながらいい感じの、流れじゃないです?なんて。そうでもないか(笑)

トロッグスはね、まあ最初の「Oh No!」でもわかる通り、そう。え、エロいんです。エロくて、ねちっこいボーカルの際立つ・・・ともするとね、イロモノ系、ブリティッシュ・ガレージバンドにとられがちですけども。ところがどっこい、あの~『恋はワイルド・シング』ってヒットナンバーもあるけど、でもそれだけじゃなくて。」


THE TROGGS / WILD THING

【モンスターロック】13/2/5…ザ・クロマニヨンズ「イエティ 対 クロマニヨン」QUESTION

2013年2月5日  スペースシャワーTV  【 モンスターロック より



MR.FEATURE / ザ・クロマニヨンズ
2月6日にニューアルバム「YETI vs CROMAGNON」をリリースする彼ら。こちらは今回で4回目!大人気コーナーになりました!様々な業種、ジャンルの方々からメンバーへ質問を投げかける恒例企画!大爆笑な珍解答が今回も連発します!

甲本  「なんかね、一部で、ほんの一部で(この企画が)人気らしいんだよ。」
真島  「へえ。そうなの?」


人気シリーズ第4弾 ザ・クロマニヨンズ
イエティ 対 クロマニヨン QUESTION


ニューアルバム『イエティ 対 クロマニヨン』の楽曲に
ちなんだ人から質問をもらいました!

【ミュ~コミプラス】13/2/4…ゲスト:クロマニヨンズ「言い換えれば全てが無駄かもしれない」「だから無駄がなく、楽しんでくれたら」

2013年2月4日 ニッポン放送 【 ミュ~コミプラス より

パーソナリティ:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)

[ジャンゴ・バンゴ・デラックス]13/2/2・・・ヒロト選曲:トーネイドーズ「TELSTAR」+ザ・クリケッツ「I FOUGHT THE LAW」

13/2/2 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト



ヒロト・コーナー 【 チャンコ・パンコ・テラックス 】

ヒロト  「みんな元気だったかな。甲本ヒロトです。まずは一曲、軽快なナンバーで飛ばしていきましょう。トーネイドーズで、『テルスター』」

TELSTAR / TORNADOS


ヒロト  「トーネイドーズで、『テルスター』聞いていただきました。はい。もう、典型的な、ジョー・ミーク・サウンド、ですね。え~曲を作ったのもジョー・ミークです。はい。ほんで、んーと、節分ですね。もうみんなは、色んなことし・・・するの?したの?豆まいたりとか。うん。あれ地方によって日付が違ったりするから、よくわかんないんですけれども。だいたい節分だね。あの~、こんな話を、思いついたよ。

えーと、えっとね、え~胃カメラの、胃カメラ検査で、病院にい・・・行きました。うん。そして、病室に入ると、お医者さんと看護婦さんが、みんなで、ベッドを持ち上げて、あっちかな?こっちかな?と、角度を、色々調節していました。「あー、先生、何やってんですか?」って聞くと、「今日は、節分なんですよ」と言われた。

という、このような、んー小話を、急に思いついたのでしてみました。はい。え~、それでは次の曲を聞いてください。次はね、ザ・クリケッツの曲をかけます。ザ・クリケッツで、『アイ・フォウト・ザ・ロウ』」

I FOUGHT THE LAW / THE CRICKETS


ヒロト  「ザ・クリケッツで、『アイ・フォウト・ザ・ロウ』聞いていただきました。えーと、さっきの小話がよくわからないという人が、時々いるんですけれど。さっきのお話しの、タイトルは「恵方巻き」です。はい。え~と、それだ・・・それならわかるね。はい。それではまた来週。甲本ヒロトでした。元気でね。バイバーイ。」

DJ・ツネ  「今年も恵方巻きが出ましたね(笑)ヒロトは好きなんだろうか、恵方巻き。え~送られてきた素材のね、インデックスに「節分小話」なんて書かれてあったもんだからさ、恐る恐る聞いたっつうね。(後略)」

(オンエア曲) ’13 2月2日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE

[R-1直前にRGのあるある-1ぐらんぷり]13/2/1・・・あるあるまとめ

2013年2月1日 ニコニコ生放送
R-1直前にRGのあるある-1ぐらんぷり

RGさんが読み上げたり、歌い上げたりして
ホワイトボードに書かれていた「あるある」をまとめてみました。
一言一句正確ではないと思いますので、ご了承ください。



人間・・・愚かだとわかっていても戦争をしてしまいがち
森脇健児・・・走りがち
アルバイトの倉庫内軽作業あるある・・・ためいき出がち
●パイの実・・・その辺汚れがち
●サブウェイ・・・パンがうまい
反抗期・・・2階から親蹴落としがち
反省・・・おさるさん思い出しがち
人さらい・・・めっちゃ怖い
刑務所・・・おしるこが楽しみ
中国・・・侵しがち
婚活・・・本当は婚活なんてしたくない、恋愛結婚したい
●爪切り・・・ティッシュ2枚ひきがち
オムライス・・・パセリ添えがち
優しさ・・・疑いがち
ドン小西・・・メガネ個性的
正月・・・夕方寒い
折り畳み自転車・・・折り畳まない
●平城京、平安京、長岡京・・・道が真っ直ぐ
●いっこく堂・・・たまにテレビで見ると恐ろしいほど進化遂げがち
教師・・・教師同士で結婚しがち
八方師匠・・・冨好さんが真似しがち
布袋寅泰・・・Dreamin'をお客さんに歌わせがち
魚・・・腹を上にして死にがち
スカパラ・・・顔と名前2人ぐらいしか一致しないまま10年以上経ちがち
つばさ・きよし・・・漫才うまい
●鎖鎌・・・結局、鎌を持って使いがち
子役・・・明暗分かれがち
八王子・・・カスタムセダン多い
●スラムダンク・・・各高校にヤンチャ奴、冷静な奴、バスケにめっちゃ詳しい奴、各1人ずついがち
シャーペンの芯あるある・・・1本だけ出そうとしたのに一気に10本ぐらい出てきがち
●AV・・・予告編が一番抜ける
●沖縄・・・家白い
平城京AV・・・河原でしがち

●は決勝進出
1位は「平城京、平安京、長岡京」あるある!



お笑いナタリー - RGの6週連続生配信番組第1弾は「あるある-1ぐらんぷり」
お笑いナタリー - ニコ生RG祭り第2弾「佐野元Rのザ・ソングライターズ」