suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】18/10/27…ヒロト選曲:ボ・ディドレー「YOU CAN'T JUDGE A BOOK BY THE COVER」+ザ・モノトーンズ「BOOK OF LOVE」

2018/10/27 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXEより
毎週(土)19:30~19:55 On Air!
DJ:ツネ / ヒロト

Road to Errogie / Flook

The Scotsman over the Border (Trad.) / Alan Kelly , Jim Murray




~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト 「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。ここからは僕がやります。まずは一曲聴いてください。ボ・ディドレーで、『YOU CAN'T JUDGE A BOOK BY THE COVER』」


YOU CAN'T JUDGE A BOOK BY THE COVER / BO DIDDLEY


ヒロト 「ボ・ディドレーで、『YOU CAN'T JUDGE A BOOK BY THE COVER』。表紙だけを見て、本の内容を、判断してはいけませんよ、という、タイトルの、ボ・ディドレーさん。ボ・ディドレーの軽快なナンバーでした。

ちょうど、涼しくなってきて、読書の秋、と言われますが、僕は、本を読むのがすごく遅いのです。なので、たくさん読むことができない…から、ほんとに好きなもの、っていうか、外したくないので、有名な本ばっかりついつい読んでしまうんです。

で、例えば、あの有名な、アーサー・C・クラークの書いた、『幼年期の終り』は、すごく評価が高い。読んでみたらやっぱり面白い。あ~良かった。それとか、安部公房だったり、大江健三郎だったら絶対間違いないなぁとか。そんな感じなんです。

ところが、20数年前のことでしたが、バンドのツアー中に、何となく、チャレンジするつもりで買ってみた本があって。読んでみたらすごく、好きになって。今でも、自分のそばに置いておいて、時々、ページをめくったりする本があるんです。それは、シュテンプケの、『鼻行類(びこうるい)』っていう本なんです。内容は詳しく説明しない方がいいと思うので、もし興味があったら、読んでみてください。

さて、もう一曲、本に関係ある歌、かけてみたいと思います。聴いてください。ザ・モノトーンズで、『BOOK OF LOVE』」


BOOK OF LOVE / THE MONOTONES

ヒロト 「ザ・モノトーンズで、『BOOK OF LOVE』聴いていただきました。ハラルト・シュテュンプケ、という人が書いたことになっている、『鼻行類』という本です。もしもその本が大好きだったらば、レオ・レオニ、という人が書いた、『平行植物』という本も、たぶん好きになると思います。

今日は、僕の少ない読書の、経験の中から、本のお話しをしました。それではまた来週、元気でね。甲本ヒロトでした、バイバーイ。」


(オンエア曲)'18 10月27日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/1102-f6ed3a52