suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ザ・クロマニヨンズ@中野サンプラザ】19/4/17

クロマニヨンズ、中野サンプラザのライブへ。



クロマニヨンズはここ何年か、スタンディングのライブでしか見てなかったので、席で見るのはおそらく日比谷野音以来だと思う。


開演して、まず、こんなに凝った照明で演出してたんだ!とビックリ。モッシュの中で見ていると、時々なんか目がチカチカするくらいの感じでしかわからなかった。照明もホール仕様になっていたんだろうか。後ろに大きなイナズマ(サンダー)のセットと、上にはミラーボール。何の曲だったか、しゃがみこんで歌うヒロトに四方八方から光が差していて、それがとんでもなくカッコ良かった。

2階の後ろの方の席だったので、気を抜くと傍観してしまう。メンバーの顔なんか見えない。弾むような『ファズトーン』遠目にもヒロトは楽しそうで、前方の観客も楽しそうで、自分は今楽しいのかな…なんて冷静に考え出すと、ひどく虚しくなる。『サンダーボルト』でしんみりとしながら、現実を思い出して自問自答してしまう。これではダメだと曲に集中して楽しもうとするも、周りが気になって萎縮してしまう。だからホールは苦手なんだ。考える隙間が出来てしまう。でもメンバーの動きはよく見える。

ヒロトのかわいさが増してるの、なんなの!手をひらひらとフラワーロックみたいな動きをしたり、握りこぶしで顔を隠してパアーっと開いて見せたり。『モノレール』では、ヒロトとマーシーが肩を並べたかと思うと、頭をコツンとくっつけてたり。あの二人の微笑ましさ、かわいさはなんなの!いつもあんな感じだったのか。スタンディングではいつも埋もれているので、細かい動きはよく見えなかった。ホールはホールでこういう楽しみがあるんだなと。

MCでは、ベテランになるとライブで新しいアルバムの曲をあまりやらなくなり、昔の曲をやるバンドが多いという話から、クロマニヨンズは新しいアルバムの曲を全部やりますと。「まだ駆け出しなので」「これから頑張っていくバンド、クロマニヨンズです」みたいなことをヒロトが言っていて、まだ駆け出していくつもりなのか!と、グッときてしまった。相変わらず、キレキレで飛び跳ねるヒロト。衰え知らずの彼らは、これからもまだまだやっていくのだろう。

すっかり人生を投げ出して弱気になっている自分には、『雷雨決行』の「引き返す訳にゃいかないぜ 夢がオレたちを見張ってる」という歌詞がやたら染みる。やるしかねえんだよなと、ロックンロールにぶっ飛ばされる。

モッシュの中ではめちゃくちゃになってわけわかんなくなる『ギリギリガガンガン』や『タリホー』が、ホールで見るとなんと平和なんだろう。あんな平和な『タリホー』を見たのは初めてだ。そして、ラストの『ナンバーワン野郎』はめちゃくちゃ楽しかった!それに尽きる。

「元号が変わるけど、あんま関係ないね」「楽しくやりましょう」とヒロトが言っていた。元号なんてあまり関係ない。しかし考えてみたら、自分の中では今日のライブが平成最後のライブだ。明日死んだら、人生最後のライブになる。

今を生きる彼らのロックンロールを聴くたびに
いつだって今を生きるしかない、と思う。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/1138-194bc46a