suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】19/6/29…ヒロト選曲:ザ・リヴィングトンズ「PAPA-OOM-MOW-MOW」「THE BIRD'S THE WORD」/ザ・トラッシュメン「SURFIN' BIRD」

2019/6/29 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE
毎週(土)19:30~19:55 On Air!
DJ:ツネ / ヒロト

ブルースがなぜ / ブギ連

Madison Blues / Elmore James

You Need Love / Muddy Waters




~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト 「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。ここからは僕がやります。2曲続けて聴いてください。ザ・リヴィングトンズで、『パパ・ウー・マウ・マウ』。同じく、ザ・リヴィングトンズで、『ザ・バーズ・ザ・ワード』」


PAPA-OOM-MOW-MOW / THE RIVINGTONS

THE BIRD'S THE WORD / THE RIVINGTONS


ヒロト 「ザ・リヴィングトンズで、『パパ・ウー・マウ・マウ』。そして、『ザ・バーズ・ザ・ワード』聴いていただきました。今日はね、少し変わった曲の作り方みたいな話をします。今聴いてもらった2曲とも、どっちも面白くておかしくて、楽しいんですけれども。この2曲を合体させて、またまたへんてこりんな曲を作った、という話なんです。

ザ・トラッシュメンというグループが、この、今聴いてもらった『パパ・ウー・マウ・マウ』と、『ザ・バーズ・ザ・ワード』っていう2曲を、混ぜ合わせて、こんな曲を作りました。聴いてください。ザ・トラッシュメンで、『サーフィン・バード』」


SURFIN' BIRD / THE TRASHMEN

ヒロト 「ザ・トラッシュメンで、『サーフィン・バード』聴いていただきました。確かに、他人の曲を、2曲くっ付けたり混ぜ合わせたりして作った曲なんですけれども、ものすごい魅力的なものが出来上がっていると思います。

そしてこの曲は、70年代、ラモーンズに、カバーされることで、僕たち、パンクロックのファンはみんな知っている、おなじみの曲になりました。出来上がり方はなんにせよ、楽しければいいのだな、ということでした。それではまた来週、元気でね。甲本ヒロトでした、バイバイッ。」


(オンエア曲)'19 6月29日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



Post comment

管理者にだけ表示を許可する