suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【サンジャポ】19/11/10…東京スカパラダイスオーケストラ・谷中敦、爆笑問題に贈るポエム

2019年11月10日 TBS
「サンデー・ジャポン」

出演者:爆笑問題、山本里菜アナウンサー
テリー伊藤、デーブ・スペクター、細野敦、杉村太蔵

ゲスト:谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)、朝日奈央、池田美優、YOSHI、山之内すず




■ 谷中敦、爆笑問題に贈るポエム

田中「日本一モテる52歳、谷中さんですけども。趣味が、ポエム」
太田「ポエムっていうか作詞、するわけだから当然ですよね」
田中「でもそれはまあ、普通作詞をされる方はもちろんミュージシャンの方とかね、アーティストの方とかいらっしゃいますけど。要はそれを、人にこう、ポエムを」
谷中「そうですね、あの作詞以外に、詩を作ってて、それが出来ると友達に送ったりとかして」
田中「それがすごいですね」
太田「それも迷惑な話ですよね、あははは」
(笑)
山本アナ「そんな谷中さんがですね、本日は爆笑問題のお二人にも、自作のポエムを作ってくれたそうなんです」
田中「えっ!」
太田「お~ほんとに?」
田中「あら嬉しい」
太田「嬉しいな」
山本アナ「せっかくなのでね、その素敵なボイスで、朗読していただけますか」
谷中「読ませていただいてよろしいですか?」
太田「どうぞどうぞ、ぜひよろしくお願いします」
谷中「じゃあ詩を読ませていただきます」





せめて気休めに明日まで天使

どうせ自転車で 坂道止まれなくなって
スピード違反だ

無意味に 階段 昇り 降りする位
エナジーあるんだろ?




いくら怒ってもコミカルで悲しいね
でもそれでいいんじゃねえか?






ひとの言う誹謗中傷を 鵜呑みにするな
自分の頭で考えて、爆笑。

問題だなんて悩まず ナンセンスでぶった切れば
斜め上に、、空は開けてる

「おれが言ってやるよ!」と、オマエは言って
実際その通りにしてくれた。

そして、オマエが怒れば怒るほど
俺は大笑いした。




『知らねえよ!』『くだらねえな!』
『ぶっ壊してやる!』






30年前かな

何事にもシニカルで
何事にも首を縦に振らない
尊敬すべき友だちが
教えてくれたその名前

『爆笑問題』




空の上で見てるかな?
いまその二人と一緒にいるよ






田中「はははは」
太田「すげーいいじゃーん!」
田中「何この感動的な」
太田「これさ、曲つけましょうよ!」
(笑)
田中「その、お友だち、が」
谷中「そうですね、あの、大学の頃だったか、なんかその色んなことにけっこう懐疑的で、簡単に物事を好きだって言わない奴が、いきなり本持ってきて、「爆笑問題って面白いんだよ」って」
田中「へえ~」
太田「ほんとに…?」
谷中「一目置いてた友だちだったんで、すごい印象に残ってて」
田中「すごい」
太田「亡くなられちゃったんですか」
谷中「そうなんです、あの、まああの高校の時から付き合いがあった、スカパラのドラムの、青木達之なんですけど」
太田「ああそうですかぁ…。いや~嬉しいねえ」
田中「嬉しいですねえ」
テリー伊藤「これは完全にモテますね」
太田「これはモテる、俺も好きになっちゃいました。今夜空いてますか?」
田中「うるさいよ」
(笑)


この投稿をInstagramで見る

サンデージャポンに出演させて貰いました。 見て頂いた方々本当にありがとうございました。 生放送中、爆笑問題のお二人に詩をプレゼントさせてもらって、その場で朗読しました。 以下全文。 『いたいけなナンセンス(仮)』 せめて気休めに明日まで天使 どうせ自転車で 坂道止まれなくなって スピード違反だ 無意味に 階段 昇り 降りする位 エナジーあるんだろ? いくら怒ってもコミカルで悲しいね でもそれでいんじゃねえか? ひとの言う誹謗中傷を 鵜呑みにするな 自分の頭で考えて、爆笑。 問題だなんて悩まず ナンセンスでぶった切れば 斜め上に、、空は開けてる 「おれが言ってやるよ!」と、オマエは言って 実際その通りにしてくれた。 そして、オマエが怒れば怒るほど 俺は大笑いした。 『しらねえよ!』 『くだらねえな!』 『ぶっ壊してやる!』 30年前かな 何事にもシニカルで 何事にも首を縦に振らない 尊敬すべき友だちが 教えてくれたその名前 『爆笑問題』 空の上で見てるかな? いまその二人と一緒にいるよ #サンジャポ #スカパラ #谷中敦

谷中敦 [東京スカパラダイスオーケストラ](@a.yanaka)がシェアした投稿 -




2019年11月10日 TBSラジオ
「爆笑問題の日曜サンデー」

■ 東京スカパラダイスオーケストラ「風のプロフィール feat.習志野高校吹奏楽部」をオンエア

田中「今日『サンジャポ』に谷中さん来ていただきまして、ポエムを、色んな会った人にあげるのが趣味だってね」
江藤アナ「え~素敵」
太田「ポエムを我々のね、谷中さん、作ってくれて、読み上げてくれて、すんごい感動した。とってもいい」
田中「いい詩なんですよね。最初はみんなちょっとこう笑った感じだったんですけども、感動しちゃって」
太田「すんごい感動した」
江藤アナ「いいですねえ」
太田「嬉しかったね。あれを曲にしてほしい」
田中「ははは、確かに」
太田「俺が歌う」
田中「なんでお前が歌うんだ」
(笑)




Post comment

管理者にだけ表示を許可する