suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】19/11/9…ヒロト選曲:ザ・コントワーズ「YOU GET UGLY」「DO YOU LOVE ME」

2019年11月9日 fm nagasaki
DJANGO BANGO DELUXE


毎週(土)19:30~19:55 On Air!
DJ:ツネ / ヒロト



【オープニング】

BABY IT'S YOU / THE BEATLES

DEVIL IN HER HEART / THE BEATLES




【ヒロト・コーナー】

ヒロト 「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。ここからは僕がやります。まずは一曲聴いてください。ザ・コントワーズで、『ユー・ゲット・アグリー』」


YOU GET UGLY / THE CONTOURS

ヒロト 「ザ・コントワーズで、『ユー・ゲット・アグリー』聴いていただきました。この、コントワーズのレコードが、エロ・コーナーの中にまぎれこんでしまい、それを見つけ出すのが、大変だった、みたいな話を、最近どこかでしたんです。

ところで、その話に出てきた、エロ・コーナーって、何なんだろう、ということなんですけれど。これはもう、漠然と、ジャケットがエロいとか、内容がちょっとエッチな感じがするとか、そういうもので。R&Bとか詳しい人だったら、シルヴィアの『ピロー・トーク』なんか絶対に、エロ・コーナーに置いているんじゃないだろうか。

例えばジャケットで言うならば、ここに一枚、あるんですけれど。まず、女性が、ちょっとゴージャスなソファーに、全裸で横たわっていて、なんだか、ちょっと、体をよじらせてるようなポーズなんです。で、帯には、《「未成年者お断り」サックスで悶え囁く××(チョメチョメ)レコード 恍惚のためいき、ためいき、ためいきーーー》ここのためいきの部分は、たぶん、エコーとかリバーブの感じを出すために、ためいき…ためいき…ためいき…とちょっとずつちっちゃくなっています。あとは、《ヒット歌謡曲の中に 女性の吐息、喘ぎ、悶え…等をたくみに折り込んだ 異色のLPです》と書いてあるんです。」



ヒロト 「こんなのレコード屋さんの店先で見つけると、ついつい、買ってしまうんですよ。で、一回だけ聴いて、しまいこんでしまう。それが、エロ・コーナーなんです。ほんとは今、この中から一曲かけてみたいんだけれど、ちょっと、きわどいので、これは、今はやめときます。その代わり、こちらを聴いてください。ザ・コントワーズで、『ドゥー・ユー・ラブ・ミー』」


DO YOU LOVE ME / THE CONTOURS


ヒロト 「ザ・コントワーズで、『ドゥー・ユー・ラブ・ミー』聴いていただきました。ちなみに、エロ・コーナーにあった、『恍惚のためいき』の中から、一曲だけ、マークに送ったので、それは、FM長崎さんの方で、検討していただいて。もしも大丈夫そうならば、ツネちゃんの、受け持つ時間を、ちょっとだけいただいて。かけて、くれるかも、しれないし、くれないかもしれない。それではまた来週、元気でね。甲本ヒロトでした、バイバーイ。あとツネちゃんよろしくね。あっマークもよろしくね。」


小指の想い出



【エンディング】

DJ・ツネ 「はい。というわけで、満場一致で、かけることにしました(笑)ちなみにこのおまけの3曲目のタイトルは、『小指の想い出』でした。まあ確かにこれは一回聴いたら、しまいこんじゃう、かな。」


(オンエア曲)
'19 11月9日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



Post comment

管理者にだけ表示を許可する