suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【爆笑問題カーボーイ】21/7/13…爆笑問題×渋谷陽一の話

2021年7月13日 TBSラジオ
「JUNK 爆笑問題カーボーイ」



太田 「ロッキンジャパンフェスがほら、中止になっちゃったじゃない?で、あれ渋谷さんがさ」
田中 「渋谷陽一さんね」
太田 「渋谷陽一さんがさ、ホームページでさ、色々書いてたじゃない?あの中にもさ、色々悔しいだろうとかさ、ああいうのもあったけどさ」


ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021


太田 「渋谷陽一さんって実は俺らすごいお世話になってるじゃない?」
田中 「お世話になってるの、実は昔ね」
太田 「俺はだからあの人のあの悔しさとか、どんだけあのイベントを成功させるために1年間やってきたのかっていうのは…。っていうのは、なんで俺らが渋谷陽一を知ってるかっつうと、俺らがほんとに干されてる時に」
田中 「全く仕事ない時ね」
太田 「『メガロックショー』ってNHKのロック番組があって」


1991年4月6日~1992年4月4日
NHK『メガロックショー』

メガロックショー - Wikipedia


太田 「そのプロデューサーだったんですよね、作家?プロデューサー?」
田中 「ええー、あっでも」
太田 「NHKに」
田中 「NHKの人ではないからね」
太田 「石川さんっていうへんてこりんなプロデューサーがいて。で、それが異端児だったんですよ、石川さんっていう。それと渋谷陽一さんが、まあ言ってみればアドバイザーみたいな感じで番組に入って」
田中 「そう、アドバイザー的な感じだと思うんですよね」
太田 「で、俺らをキャスティングしてくれたんだよ、石川さんがね。したら渋谷さんに会って、「なんだよ」つって、誰も使ってくれない時に、「なにお前ら干されてるんだって?」つって渋谷さんに言われて(笑)「いや そうなんですよ」つって、「俺らあんま使わない方がいいですよ」みたいなこと言ったら、「俺そういうの関係ねえからさ!」」
田中 「あはははは!明るい人でね」
太田 「渋谷陽一、親分肌なんだよ、あの人。「全然いいよ!別に」なんつって、「関係ねえもん!」石川さんもそうなんだよね。たまたまその2人が、俺らと出会って」
田中 「そう。で『メガロックショー』と、そのいわゆる『NHK新人演芸大賞』ね、ああいうのにね」
太田 「『メガロックショー』の、BARBEE BOYSの杏子さんのアシスタントとして俺らをやってくれて。その時にX JAPANに12時間待たされたんだけども、その時に」
田中 「いいよ、それは」
太田 「あはは。それで、その『メガロックショー』をやってた時に、石川さんっていうのがそのあと音楽班から演芸班に、何にもね、知らない、お笑いのことなんか知らないっつって、音楽畑でずーっと来たから。で、それこそね、シャ乱Qをね」
田中 「あっそうだ」
太田 「発掘したりね。で「演芸班に移ったんだけどさ」っていきなり電話がかかってきて、「今度 NHKの『新人演芸大賞』っていうのを俺プロデューサーやるんだけどさ、爆笑しか知らないんだよな」」
田中 「あはははは!」
太田 「「出る?」つうから「出る出る!」つって」
田中 「そうね(笑)」
太田 「それがきっかけだからね」


1993年
爆笑問題 『NHK新人演芸大賞』受賞

爆笑問題 1993/11/03 - YouTube
新人演芸大賞 表彰式 1993/11/03 - YouTube


太田 「まあそれはそれとして渋谷陽一っていう人はそういう人なんですよ。だから、どんだけ悔しかっただろうと、俺はあの文章読んでね、なんかすごくこう「ミュージシャンを、俺が」なんつうのかな、あの…「盛り上げてもう1回!」って「音楽を守りたい!」っていう、たぶんそういう意識が、そうとうあったんだろうなぁと思うからね」





Post comment

管理者にだけ表示を許可する