suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【キラキラ★レイディオ】08/5/24…ゲスト:クロマニヨンズ(キラキラした気分になれる曲は?キラキラ輝く秘訣のものは?)

2008年5月24日(土) 22:30~23:00 Fm yokohama 【 DHC キラキラ★レイディオ 】

気になるタイトルのラジオですが、DJの方は落ち着いたトーンの女性でした。スタジオはキラキラルーム、キラキラした気分になるような曲はキラキラソング、大家さんはミスターK、その人がくれたラジカセにリクエストすると曲が勝手に流れる・・・という謎の設定はご愛嬌で。

ゲストのヒロトとマーシーはかなり機嫌良さそうで、キラキラソングを聞かれて、エディ・コクランやイアン・デューリーをリクエストしていました。

ちなみに冒頭に出てくる「欲張り美人」「頑張れ主役」は、スポンサーのDHCの栄養ドリンクのようです。





2008年5月24日 Fm yokohama 【 DHC キラキラ★レイディオ 】 より

DJ  「いらっしゃいませ、どうぞお入り下さい。」
甲本 「こんばんは~。」
真島 「お邪魔しま~す。」
DJ  「どうぞどうぞ。よくいらしてくださいました。お待ちしておりました。よろしくお願い致します。」
甲本・真島 「よろしくお願いします。」
DJ  「遠くからありがとうございます。」
甲本 「うん。楽しい。」
DJ  「(笑)さっそくなんですけど、喉渇いてらっしゃいませんか?」
甲本 「そうだねえ、乾いたねえ。」
真島 「うん。」
DJ  「色々ちょっとね、用意させて頂きました。お水からトマトジュース、それからリンゴジュースに、これ栄養ドリンクなんてものもありますが。どの辺いきましょう?」
真島 「僕はね、“欲張り美人”」
DJ  「(笑)」
真島 「だってある・・・(笑) いいですか?」
DJ  「どうぞどうぞ、欲張って下さいませ。」
真島 「はい。頂きま~す。」
DJ  「ヒロト様は何に致します?」
甲本 「君が“欲張り美人”を取るってことはさ、俺、水とか飲めないじゃん。だから“頑張れ主役”。」
DJ  「(笑)」
甲本 「やっぱ“頑張れ主役”だよなあ。」
DJ  「(笑)はい。よろしくお願いします。」
甲本 「頑張りま~す。」
DJ  「頑張り(笑)お願いします。」
真島 「欲張りま~す。」
DJ  「(笑)欲張っちゃって下さい。あれ、これはさてはお土産ですか?」
甲本 「もう見つけられたな。」
DJ  「見つけてしまいました。」
甲本 「そうです。これはあの~Tシャツです。」
DJ  「これはまた美しい色でございますね。」
甲本・真島 「はい。」
DJ  「美しい緑にピンク色のハートがゴンと。」
甲本 「そうです。かなりリアルなハートが。」
DJ  「(笑)プリントされている。ドクドクといった感じですけど。」
真島 「はい。」
DJ  「これ3つもいいんですか?」
甲本 「どうぞ。」
DJ  「いいですか。」
甲本 「うん。」
DJ  「ありがとうございます。これじゃあ私のご近所さんに、プレゼントしたいと思いますので。」
甲本 「いいよ。」
DJ  「(笑) あのどうですか、キラキラルームは?」
甲本 「あのね、眺めが良いね。」
DJ  「いいでしょ?後の夜景なんかもご覧頂いて。」
甲本 「観覧車。」
真島 「ああ、キレイですね。」
DJ  「お乗りになったことはありますか?」
甲本 「ありますよ。」
DJ  「ありますか。好きですか?高い所は平気ですか?」
甲本 「僕、観覧車は好きです。」
DJ  「あっそうですか~。じゃあちょっと音楽でも流しますかね。せっかくですから。」
甲本 「おお。」
DJ  「なので、そうですねえ。じゃあクロマニヨンズのお2人が、これを聴くと元気になれますよ~なんて曲を教えて頂いて。キラキラした気分になるような。まあ我々はキラキラソングというふうに勝手に命名してるんですけど。ありますか、何か?」
甲本 「いっぱいあるよ。」
真島 「うん。」
DJ  「何曲か・・・何曲かじゃない。1曲ずつ、じゃあちょっとピックアップして教えて頂けますか?」
真島 「あっいいんですか?」
DJ  「ええ。何かありますか?真島さん。」
真島 「エディ・コクランっていう人のね、『スキニー・ジム』っていう格好良いロカビリーナンバーで。」
甲本 「格好良いね。」
DJ  「ロカビリー。キラキラルーム、じゃあロカビリーな感じに今日しますか?」
真島 「ええ。」
甲本 「いいね。」
DJ  「じゃあ恐れ入りますが、ここにですね・・・キラキラルームの大家さん、ミスターKという人がいるんですけど、その人がくれたラジカセ、近未来的なちょっとイカしたラジカセなんですけど。あのこれにちょっとアーティスト名と曲名を言って頂くと、曲が勝手に流れるんです。」
真島 「そうなの?まずこれ時間のセッティングをした方がいいんじゃないですか?そんなことよりも。」
DJ  「(笑)いいのです。時は私達の時が流れているので・・・(笑)じゃあせっかくなのでお願いします。」
真島 「はい。それでは、エディ・コクランの『スキニー・ジム』。」
ラジカセ 「サンキュー、フォー、リクエスト。」
甲本 「そういうことか。」
真島 「ほう、なるほど。」
DJ  「そうなんです~。せっかくなんでちょっとこのナンバー聴かせて頂いて。キラキラルームで堪能して頂きたいと思います。よろしいでしょうか?エディ・コクランで『スキニー・ジム』。」


(オンエア曲) Eddie Cochran / Skinny Jim


DJ  「エディ・コクランで『スキニー・ジム』お送りしましたけども。真島さん、この曲をキラキラソングに選んだ理由っていうのはあります?」
真島 「んっ、理由は特にないんだよ。今ね、パッと思い浮かんだから、言っただけ。」
DJ  「こういう曲をよく聴かれるんですか?」
真島 「うん。僕はね、こういう50年代のロックンロールとかロカビリーとか大好きだからね。いっつも聴いてるんだよ。」
DJ  「へぇ~。ちなみに甲本さんはどんな曲でキラキラになります?」
甲本 「僕さっき思いついたのはね、あの~あれだよ。イアン・デューリーだよ。」
DJ  「イアン・デューリー?」
甲本 「イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズの『スウィート・ジーン・ヴィンセント』だよ。」


Ian Dury & The Blockheads / Sweet Gene Vincent


DJ  「これお家でも色々聴いていらっしゃるんですか、音楽を?」
甲本 「音楽よく聴くよ。」
DJ  「なるほどね~。キラキラしてるということなんですけど。さあキラキラソングを2曲伺ったので、まあリスナーのね・・・あっご近所さんも、リスナーと言わずにご近所さんと言わせて頂いてるんですけども。もし良かったらね、このイアン・デューリーとかエディ・コクランの色々な曲をチェックしてキラキラして頂きたいなと思うんですが。さて、もう一個いってみたいと思いますが、例えばお2人がキラキラ輝くために、秘訣?食べ物だったりとか、何かすることだったりとか、あると思うんですけど。」
真島 「コラーゲンですよ。」
DJ  「コラーゲン(笑)」
甲本 「ヒアル、ヒアルロン酸とかじゃない?」
DJ  「それ私に必要なものかもわかりませんが(笑)」
甲本 「グルコサミンとか。」
真島 「コエン、コエンザイム・・・」
DJ  「かなりカタカナ繋がりですけど(笑)」
甲本 「カロ、カロチンか、カロテンか、わかんないけど。チンかテンか。」
真島 「ベーター。」
甲本 「ベータカロチン。」
DJ  「じゃあテンで私は(笑)たくさん取らせて頂きたいと思いますけど、甲本さんなりにはどんなものがおありになりますか?」
甲本 「僕はね、コラーゲン以外だと・・・単車かな?」
DJ  「あっ、オートバイ?」
甲本 「うん。」
DJ  「ああ、どれぐらいの乗ってらっしゃるんですか?」
甲本 「どれぐらいの?(笑)何センチとかそういうこと?」
DJ  「(笑)」
甲本 「ああ、シリンダーの中身のこと?」
DJ  「はい、シリンダーの中身で。」
甲本 「シリンダーの中身は今ね、え~とね、500。」
DJ  「500ですか?私も一応あの~大型免許、限定解除取ってしまってですね。」
甲本 「ああ、いいじゃん。」
DJ  「昔はですね、遊びに行ってたんですけど。」
甲本 「限定解除取って何乗ってたの?」
DJ  「限定解除・・・すごい昔の話なんですけど、しかもズルしてカナダとかで取ったので(笑)」
甲本 「ああ、そう。俺、ハーレー乗ってたぜ。」
DJ  「私もハーレーなの。大っきいので、スポーツタイプの小っちゃいやつに乗ってて。」
甲本 「おお。1200?」
DJ  「そうです。」
甲本 「ああ、僕も乗ってた。その前、1340乗ってから1200乗って。で、今トライアン。」
DJ  「ああ~。」
甲本 「いいね。」
DJ  「キラキラしますよね~。」
真島 「キラキラだね。」
甲本 「キラキラだよ。」
真島 「キラキラだ。」
DJ  「(笑)そんなキラキラな感じで、もう一個音楽的なお話をしちゃっていいですか?」
甲本 「ほお。なんですか?」
DJ  「最近、新曲『エイトビート』。」
甲本 「そうだよ。」
DJ  「素晴らしいですね。」
甲本 「素晴らしいよ。」
DJ  「はい。私、(初回特典の)DVDも見させて頂きましてですね。なんだか一緒に叫びたくなりました、本当に。」
甲本 「叫んで下さい。」
DJ  「はい。なので、せっかくなので一曲それ聴かせて頂きたいんですか。先ほどのようにラジカセに向かって、ご協力お願い、言って頂けますか?」
真島 「はいはい。」
甲本 「ほお、じゃあ。」
DJ  「じゃあ今度甲本さん、お願い出来ますか?」
真島 「どうぞ。」
甲本 「こういうのはね、2人で言った方がね、威力があるんだよ。」
DJ  「お願いします。」
甲本 「それではいきますよ。ザ・・・」
甲本・真島 「クロマニヨンズで、エイトビート。」
ミスターK 「これ、超いい曲だよねー。」
DJ  「(笑)」


(オンエア曲) ザ・クロマニヨンズ / エイトビート

DJ  「ん~、いい曲ですね。6時前には仕上がったというレコーディング風景で(笑)」
甲本 「(笑)」
DJ  「ザ・クロマニヨンズで『エイトビート』お送りしました。さて、突然なんですけど、お2人の前にありますこのラジカセ君。かなりいい味を出してると思うんですけど、大家さんから譲ってもらってから早数ヶ月が経ちまして、まだちょっと命名されてなくてですね。名前がないので、もし良かったら名付け親になって頂けないかと思うんですが。」
甲本 「そうか~。数々のラジカセに名前を付けてきたけどね。」
DJ  「はい(笑)」
甲本 「なんかないの?やっやっ・・・」
真島 「山田だよ。」
甲本 「山田だよな、やっぱ。俺たちに頼めば、なんでも山田になるよ。」
DJ  「(笑)」
真島 「苗字は山田。」
甲本 「山田ね。」
DJ  「下は、山田何君に?」
甲本 「山田・・・ジョニー?」
DJ  「ジョニー(笑)」
真島 「山田・・・山田ラジカセ三太郎じゃない?」
甲本 「長いよ(笑)これね、意外な所でね、よし子。」
DJ  「山田よし子・・・(笑)」
甲本 「女だ(笑)」
DJ  「山田よし子の息子で。」
甲本 「ジョ、ジョニー?(笑)」
DJ  「(笑)じゃあわかりました。山田よし子の息子のジョニー。いかがですか、ラジカセ君?山田よし子の息子のジョニー、頂きました。」
DJ  「いい名前を付けて頂きまして、山田ジョージ。えっ?」
甲本 「ジョニーだよ。」
DJ  「(笑)」
甲本 「ジョージにする?」
真島 「じゃあジョージにしよう。」
DJ  「(笑)ジョニーだ。ジョニーだった。山田ジョニー。山ジョーと言わせて頂いて。」
甲本・真島 「山ジョー(笑)」
甲本 「山ジョー。」
真島 「山ジョー。」
DJ  「気に入ってると思います(笑)さて、ご自分がキラキラ輝く秘訣のものっていうことで、先ほどは甲本さんにお話を伺ったんですけど。続いて、真島さんのキラキラグッツ、ありますかね?」
真島 「僕の、キラキラするものですか?」
DJ  「はい。」
真島 「DVDプレーヤーです。」
DJ  「DVDプレーヤー。それはDVD見るのがお好きという?」
真島 「そうですよ。もう普通のね。」
DJ  「私も大好き。何かにハマッてるとかあるんですか?」
真島 「ううん。特にね、ハマんないんですよ、僕は。でも音楽のDVDかな。」
DJ  「ライブDVDみたいな?」
真島 「ライブDVDだったり。でもあんまり、公の場で言えないようなものとかも・・・(笑)」
DJ  「DVDプレーヤーで(笑)」
真島 「(笑)でもね、エロじゃないですよ。」
DJ  「そうなんですか。でもそれはそれで私は否定はしません。」
真島 「うん。エロでもないし、グロでもないし、エログロホラーは僕はもう駄目なんですよ。」
DJ  「あっそうなんですか。そういうものは駄目ですか。」
真島 「もうエログロホラーは駄目。」
DJ  「カタカナ続きは体に良かったんだけど、今度は駄目な感じで(笑)」
真島 「それ以外のね、音楽ものとかね、映画ものとか。」
DJ  「いいですね。私も真夜中に一人でDVDを、悲しいかな見ていますよ。」
真島 「別に悲しくないじゃん?(笑)」
DJ  「いや、なんかみんなに「悲しいね~」って言われるんですよね。かわいそうな感じなんです(笑)」
真島 「ああ、そう。いいじゃないですか、DVD。」
DJ  「いいですよね。DVDご覧なる時に必需品とかあります?」
真島 「ううん、特にないよ。」
DJ  「私、必ずもう食べ物を、たくさん。」
真島 「それはね、肥満の元。」
DJ  「(笑)」
真島 「それは“欲張り美人”飲まないと。」
DJ  「“欲張り美人”飲まないといけないですよね。」
真島 「あとね、僕ね、普通の据え置きのDVDプレーヤーも好きなんだけど。ポータブルのDVDプレーヤーもね、好きでね、寝る時ね、それ見ながら、寝るんだよ。布団の中で。」
DJ  「いいですね。夢見ちゃったりしますよね、それがそのまま。」
真島 「悪夢?汗びっしょりで目覚めてたり・・・(笑)」
DJ  「壊れないようにしないと(笑)なるほどね。あっ、じゃあツアーとかにも持っていかれるんですか?そのポータブルの。」
真島 「持ってかないです。」
DJ  「持ってかないんですか?持ってくのかと思った(笑)そんなツアーと言いましたが、只今ツアー真っ最中。ということですね。ピッチピッチ、チャップチャップ、ランランラン、ツアー。」
真島 「そうです。」
DJ  「これは、いい名前ですね。」
甲本 「うん。」
真島 「楽しいよね。」
DJ  「なんかこうウキウキしますよね。神奈川の方ではですね、7月の3日木曜日、神奈川の川崎クラブチッタ。大好きな場所です、私。」
甲本 「ほう。」
DJ  「それと7月の5日の土曜日は、東京の赤坂ブリッツ。新しくなった所ですよね。」
甲本 「そうです。」
DJ  「そういうことですので、皆さんぜひピッチピッチチャップチャップしに、足を運んで頂きたいなと思います。詳しいことは後でホームページで、私もチェックしておきたいと思いますが。私から紹介しちゃっていいですか?」
甲本 「うん。僕たちね、下手くそだから上手にやって下さい。」
DJ  「んんっ、んんっ(咳払い)。ダブリューダブリュードット、クロ、ハイフン、マニヨン、ズ、ドットネット・・・駄目だった。まあクロマニヨンズで検索して下さ~い。」
一同 「(笑)」
甲本 「これなら俺でも出来た(笑)」
DJ  「緊張して、けっこうプレッシャーに弱いんで。」
甲本 「(笑)」
真島 「面白い(笑)」
DJ  「あの、プレッシャーに打ち勝つにはどうしたらいいとかありますか?」
甲本 「いや、勝たないで下さい。」
DJ  「このままでいいですか?(笑)」
甲本 「はい。」
真島 「オッケーです。」
DJ  「オッケーですか。まあお忙しいライブツアーの最中に、寄って頂いたわけなんでもけども。じゃあ最後にですね、これから私も参考にさせて頂きたいので、ザ・クロマニヨンズ流のキラキラ輝くための秘訣、伝授して下さい。」
甲本 「ああ・・・」
真島 「コラーゲンだね。」
DJ  「またコラーゲンですか。」
甲本 「それ俺たち流か?」
一同 「(笑)」
DJ  「クロマニヨンズはコラーゲンをたくさん取っていると。」
甲本 「そうです。」
真島 「そうです。僕たちね、福岡なんかに行くとね、水炊き食べてね、コラーゲンでピカピカですよ。」
甲本 「ずいぶん具体的な話になっちゃったね(笑)」
DJ  「(笑)でも美味しいもの食べるのはね。」
真島 「もう眩しくて見えないです、たぶん。」
甲本 「本当のことじゃねえか(笑)」
DJ  「(笑)ありがとうございました。じゃあこの後ツアー、気をつけて、キラキラしながら、ツヤツヤでコラーゲンで、楽しいライブを見せて下さい。」
甲本 「オーケー。」
DJ  「私もどこかで必ずお邪魔させて頂きたいと思います。」
甲本 「来てくれ。」
真島 「ぜひ。」
DJ  「はい。よろしくお願いします。じゃあせっかくなので、お2人の残り香みたいな感じで、残りミュージック。お2人が去っていく前に一曲紹介して頂ければ、私はそれを聴きながら眠ります。」
甲本 「そうか。」
真島 「わかりました。」
甲本 「この山ジョーに、言えばいいんだな?」
DJ  「そうです。山ジョーにお願いします。」
甲本 「じゃあいきますよ。ザ・・・」
甲本・真島 「クロマニヨンズで、レッツゴー宇宙。」
山ジョー(ラジカセ君) 「サンキュー、フォー、リクエスト。」
DJ  「(笑)ありがとうございましたー。」
甲本 「じゃあね~。」
DJ  「すいません、何もお構い出来ませんで。」
甲本 「いえいえ。」
DJ  「またぜひ色々持って遊びにいらして下さい(笑)お待ちしております。」
甲本 「楽しかった。」
真島 「うん、ありがとー。」
甲本 「バイバーイ。」


(オンエア曲) ザ・クロマニヨンズ/レッツゴー宇宙

Comment

やこ says... "お久しぶりです☆☆"
私の住んでいる所では聴けないラジオだったので、文字起こしして頂けて嬉しいです(≧u≦)ありがとうございました!!

相変わらずなおふたりですね~
初っ端から「欲張り美人」とか言ってるマーシーが面白すぎる◎
福岡2DAYS..疑問に思っていたけど、謎が解けましたね!笑

エディ・コクラン、イアン・デューリー..リンクして下さっていたので聴きましたけど良い感じですね♪エディ・コクランは前回のツアーの開演前に流れてそうな感じ…チャック・ベリーやリトル・リチャードとか、そんな感じですよね。
2008.05.29 01:23 | URL | #oyCfJ0mM [edit]
bambi says... "こちらこそ~"
>やこさん
お久しぶりです。
こちらこそ、書き起こし喜んで頂けたようで良かったです!!

お二人は今回特に機嫌が良さそうな感じでしたね~。
マーシーは全然欲張ってないのに欲張りすぎな感じでした(笑)

福岡2Daysをやる理由はどうあれ、
本当に水炊きは食べに行くんじゃないかなという気がします。
確かこの時↓のラジオでも水炊きの話してましたし。

【 スーサイド×バンビ : クロマニヨンズ出演ラジオ
     [ ミュージック・スクエア(3) ] ・・・いじめはいけないよ。 】
http://suicidebambi.blog44.fc2.com/blog-entry-109.html

エディ・コクラン、イアン・デューリー、いいですよね!
ヒロトやマーシーが勧める音楽に触れることによって
自分の聴く音楽の幅が広がっていく感じが何とも楽しかったりします。
ツアーの開演前・・・確かにこういった曲が流れてるのかも?
早くライブ行きたくなっちゃいますねヽ(´ー`)ノ
2008.05.29 20:50 | URL | #9jgEo1Cg [edit]
かめ says... ""
こんにちは。
かめです。
お邪魔いたします。

キラキラ★レディオ、おもしろかったですねえ。
自分も携帯で聞きました。
なぜかラジオは壊れているし、デッキにはFMのジャックが無い(何故?)ので、うろたえましたが・・・。
最近の携帯はすごいですね~。
当日、聞いていたんですけど、こちらで、もう1回読むことが出来て嬉しいです。
改めて、・・・笑いました。

こちらで紹介していたR069のJapanTV、見に行きました。
ほんとに、爆笑ですね。
マーシーさんの笑いが止まらないのが、おかしくて・・・。


え???
マーシーさんが「笑う犬」に出たことが・・・?
ええ~!見たい、すごく見たいです。そのコント・・・。
バンビ様は、見たのですね?
う・・・・羨ましい・・・。
一体、何年くらい前の出来事でしょうか?
どこかで、見ることができるでしょうか?


ところで、バンビ様は雑誌の記事もチェックしていられますよね?
自分もオフィシャルサイトに載っている音楽雑誌を買うのですが、最近、Wink UpとPopteenが載っていたので、躊躇しながらも、彼らがこのような雑誌で何を語るのか?・・・と、本屋へ行きました。

Wink Upはジャニーズみたいな若いイケメンが載っていて、
Popteenの方は、目がチカチカするファッション誌ですね。
ショッキングピンクや蛍光緑の・・・。
Wink Upは割りと普通のトークで、1ページしかなかったので立ち読みで済ませましたが、Popteenの方は、面白すぎて、うっかり購入してしまいました(レジで、恥ずかしかったです)。
マーシーさんが、「今、高校生だったら、109でこの雑誌のような服を買う。」と言えば、ヒロトが「このスカート、短すぎるだろ。キミには・・・。」などと言うのです。

いいな、やっぱりカッコいいな(?)、この人達・・・。


ライブ、始まっていますね。知り合いが、先週、甲府へ行きました。
良いな~。

早く7月になれば良いですね。








2008.06.09 12:00 | URL | #- [edit]
bambi says... "勢い余って。"
>かめさん
こんにちは。コメントどうもです。

携帯のFMラジオ機能、意外に使えますよね~。
同じ場所で受信してるのに、あの電波の良さはなんなんでしょ?
改めて笑って頂けましたか。
「欲張り美人」と「コラーゲン」がキーワードでしたね(笑)

R069のJapanTVは、特に2人のいい感じのゆるさが滲み出てて
面白かったですよね。あの空気感がなんか好きです。

マーシーが出演した「笑う犬の生活」は
98~99年に放送してたみたいなので、もう10年前のことですね。
以前にYouTubeで見かけたことがあるんですが、
既に削除されてしまったようです。
自分はCSのフジテレビ721で再放送してたのをたまたま録画してて
何気なく見てたら、ゲストでマーシーが出てきてビックリ!!
もちろんリアルタイムで見てた番組なんですけど
すっかり忘れていたので、新たな気分で驚いてしまいました(笑)

ちなみにコントにはエキストラみたいな形でちょこっと出てただけで、
しかも遠慮がちに後の方へと隠れてしまっていたマーシーさん。
コント後のトークコーナーで内村さんに
「もっと前に出てくれて良かったのに・・・」と言われてました。

雑誌は気になるやつだけ立ち読みしたり買ったりしてます。
最近は「Rolling Stone」というヒロトが表紙のやつを思わず買いました。
自分がロックTを着ているのは一種のジョークのようなもの・・・
と言いながら、ロックTをサラッと着こなしてしまうヒロト。
カッコイイというか、なんかズルイ!!(笑)

「Popteen」の記事、気になったので立ち読みしてきましたよ。
確かに目がチカチカしました。ギャル系?なんですかね。
あれを読んでる感じの人が、クロマニヨンズを聴くとは
思いがたい気がしたのですが・・・気のせいでしょうか(;´∀`)
でも普通の音楽雑誌とは違った質問なのが逆に面白かったですね。
マーシーがもし今、女子高生だったとしても
109なんか絶対行きそうにない!!と思いましたけど(笑)
渋谷の東急ハンズに行くと、(もしかしてヒロトがいやしないかと)
ちょっとキョロキョロしてしまいそうになる今日この頃です。

ライブ待ち遠しいですね~。
今年はもう勢い余ってクロマニヨンズ等を見に
フジロックとライジングサンに行くことに決心しましたよ!!
2008.06.12 19:12 | URL | #9jgEo1Cg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/181-23aaf22e