suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

ニコニコBGM・・・音楽の幅を広げてくれるプレイリスト動画~ミッシェル好きなら聴いとけ編(パブロック/アイリッシュパンク)

自分の好きな方向性で音楽の幅を広げたいけれど、なかなか新しいものを聴くきっかけがない。何から聴いていいのかわからない。変に構えて聴くとよくわからなくなってしまう・・・というミッシェル好き、洋楽初心者の方に最適なプレイリスト動画を紹介。
つーか個人的に聴いてて素晴らしくグッときたのでこっそーり流布!

何やらニコニコ動画が簡単にブログに貼り付けられるように(しかもログインなしで閲覧可能に)なってたので、パブロックアイリッシュパンクのやつをまとめて貼ってみました。再生を押してから曲が始まるまでに5~10秒くらいはかかるかも。操作ボタンは動画画面上にマウスポインタを持っていくと現れ、右下のマークを押すとコメント非表示に出来る模様。
(追記 : 何の具合かわからないけど・・・再生を押してもウンともスンとも言わず、全然聴けねえじゃん!と諦めた頃に再生が始まることがあるっぽいです。気長に待てる的な人は再生押してしばらく放置してみて下さい。)

一応、画面下にプレイリストのアーティスト名/曲名を書き出しておきましたが、最初は何も見ないでBGM的に聴くのがお勧め。次はどんな曲がくるんだろうというワクワク感がまたいいので。特に洋楽初心者は何の先入観もなく聴いた方が、思いがけず心が踊り出したり、徐々に心に染みてきたり、素直に「ああ、この曲いいな~」という感覚になれる気がします。

さて、以下の動画は全く自分が上げたものではありません。勝手に流布していいのかちょっと気にかかるけど・・・この思わずリピートしてしまう自分の中でのヘヴィロテぶりがなかなかハンパじゃないので、ぜひ同じ感性の人に同じ嗜好の人に伝えたいなと。

そして、いずれもセンス良きアップ主に感謝。



★ パブロック① ミッシェル好きなら聴いとけ編



1. dr.feelgood / she does it right
2. the pirates / gibson martin fender
3. eddie&the hotrods / teenage depression
4. lew lweis / mr.bartender
5. nine below zero / three times enough
6. the blues band / come on in
7. the count bishops / taste and try
8. the iNMaTES / dirty water
9. dr.feelgood / milk&alcohol


知らないアーティストも多いけど、ほんとミッシェル好きならグッとくるような曲ばっかり。ギターの音がいいんだな!ドクター・フィールグッドは、以前チバさんが「めざにゅ~」でルーツの音楽を語ってた時に持参してたレコードの中にもあったし。ザ・パイレーツは、ギターのミック・グリーンとミッシェルのメンバーとでセッションしてたことがあったなぁ。元祖マシンガン・ギターに打ち抜かれて、酔いしれて、ロックンロールが鳴り止まぬ!



★ パブロック② SNIFFとかニック・ロウ編



1. nick lowe / heart of the city
2. elvis costello / miracle man
3. wreckless eric / whole wide world
4. ian dury / sweet gene vincent
5. graham parker / back to schooldays
6. dave edmunds / ju ju man
7. mickey jupp / old rock'n'roller
8. rockpile / heart


何をもってパブロックというか未だによくわからないけど、エルビス・コステロがパブロックという部類に入るとは知らんかった。一番気に入ってる曲は「sweet gene vincent」 何とも心踊る楽しい気持ちになれる曲で!でもイアン・デューリーって名前なんか聞いたことがある気がするなと思ったら・・・以前ヒロトがラジオで紹介してた曲だった!すっかり忘れて新たな気持ちでいいなと思ってしまった(笑)



★ パブロック③ カントリーとかフォークとか編



1. Brinsley Schwarz / Country Girl
2. Kursaal Flyers / Cross Country
3. Chilli Willi And The Red Hot Peppers / Goodbye Nashville, Hello Camden Town
4. Bees Make Honey / The Hobo Song
5. Brewers Droop & Mark Knopfler / Where Are You Tonight
6. Kilburn & The High Roads/Billy Bentley (Promenades Himself In London)
7. Eggs Over Easy / Pistol On The Shelf


カントリーとかフォークと聞くとなんだか退屈そうなイメージがしてしまうけど・・・意外にこのプレイリストが一番好きかもしれない!一番面白い!BGMとしてまったり聞き流してるうちにどんどん染みてきて、凄く心地良くって、思わずにっこりしてしまう。まさにニコニコBGM!一つも知ってるアーティストはいないのに、凄くハマッて繰り返し聴いている。気に入ったアーティストの曲を他にも聴いてみようかなと思わさせてくれる。



★ ニコニコ動画にアイリッシュパンクって需要あるの?
> アイリッシュパンクと呼ばれる音楽を適当に。



1. flogging molly / Laura
2. blag'ard / Drunken Sailor
3. Dropkick Murphys / The Rocky Road To Dublin
4. Greenland Whalefishers / Happy New Year
5. The Peelers / Plastic Paddy
6. The Pogues / London Girl


去年パンクスプリングでライブを見て以来、これ(アイリッシュパンク)大好きかも!と目覚めさせてくれたフロッギング・モリー。先月行った来日公演の余韻も覚めず、他にもアイリッシュパンク聴いてみたいな~というテンションにピッタリきたプレイリスト。ポーグスは、やはりチバさんが「めざにゅ~」でルーツの音楽を語ってた時、ボーカルのシェインにサインをもらったというエピソードをしてた。「London Girl」は個人的に大好きな曲



★ 第二弾!作業用BGM アイリッシュパンク
> 中堅どころからベテラン。あえてモリーとGLWFとマーフィーズをはずしてみた。



1. Knock on wood / Fiddler's green
2. Everybody's Welcome To The Hooley / Neck
3. The Grass Is Greener / The Electrics
4. Irish Rover / The Mahones
5. Too Many Prints Of Guiness / The Porters
6. Siobban / The Tossers
7. The Kilfinane Parish / siobhan
8. My Day Of Reckoning / Lark in


ニコニコ動画にアイリッシュパンクの需要があったようで・・・嬉しい第二弾。個人的な嗜好かもしれないけど、アイリッシュパンクにはずれなし!って感じ。ミッシェルで言ったら、『ジェニー』みたいな曲が好きな人は気に入る確率大のジャンルだと思う。前奏が始まった途端、世界が引っくり返るような感覚とワクワク・ドキドキ感が押し寄せてきて、頭の中でお祭り騒ぎが始まり・・・老若男女がパブで踊り始める様が目に浮かぶ。



★ お酒を飲むためのIRISH PUNK!!!
> Enjoy GUINESS!!ってことで第三作です。モリー+マイナーどこ。



1. FLOGGING MOLLY / Devil's Dance Floor
2. The Swaggerin' Growlers / Tired Eyes
3. Mutiny / Bodgy jatts
4. Pronghorn / Smoke,Smoke.Smoke
5. The Larkin Brigade / Tim Phoolan And The Worst Campaign For City Council Ever


そうか、アイリッシュパンクにはやっぱりギネスだったか。先日のフロッギング・モリーの公演で思わずハイネケンを飲んでしまった自分は、やっぱりミッシェルっ子なんだな。だって未だに『ターキー』の「緑のビール飲みながら」っていう歌詞が頭の中をグルグル回るんだもの!というわけで・・・アルコールに酔ってんだか、音楽に酔ってんだかわからなくなってくる心地良さに乾杯!



★ 「ひらけ!ポンキッキ」で流れていた洋楽集
> 「イン・ザ・サマータイム」は使用されてたか怪しい。



1. ジンギスカン / ジンギスカン
2. ハッチ大作戦 / ジンギスカン
3. イン・ザ・サマータイム / マンゴ・ジェリー
4. ハイ・ハイ・ハイ / ウィングス
5. カラーに口紅 / コニー・フランシス
6. ロリポップ / コーデッツ
7. ピーター・ガンのテーマ / ブルース・ブラザーズ
8. ウィンチェスターの鐘 / ニュー・ヴォードヴィル・バンド
9. 恋はくせもの / フランキー・ライモン&ティーン・エイジャーズ
10. プリーズ・プリーズ・ミー / ザ・ビートルズ
11. ホエン・アイム・シックスティ・フォー / ザ・ビートルズ
12. ワン・アフター・909 / ザ・ビートルズ
13. ベイビー・イッツ・ユー / ザ・ビートルズ


なるほど確かにこんなコンピレーションの仕方があっても面白いよね~と、思わず惹きつけられてしまったおまけのプレイリスト。懐かしいやら、ほのぼのするやら、かの年代のポンキッキ視聴者は心をくすぐられること間違いなし!自分は有名アーティストの曲や過去の名曲に対して、変に身構えてしまうせいか良し悪しがわからなくなってしまう難しいたちなんだけど・・・こういう形で聴くとビックリするくらいすんなり音楽が入ってくる。やっぱりいいね、ビートルズは!なんつって、素直に思えるからあら不思議。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/216-5a95eddd