suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

クロマニヨンズが解散するかどうかなんて知るか!

どこから降って沸いた噂なのかわからないけれど、未だに“クロマニヨンズ 解散”というキーワードを検索してこのブログを訪れる方がいる。そんなにクロマニヨンズが解散しそうな雰囲気に見えている人がいるのだろうか。

はじめに言っておくと、自分は「クロマニヨンズが解散するかどうかなんて知るか!」と思っている。というか本当に分からないし、今の所はそんな気配はないように見える・・・ので、自分の思う所を少し書いてみる。




そもそも彼らの活動周期を見ても、クロマニヨンズはまだあと7年くらいは続くんじゃないか?と勝手に思っている。ブルーハーツを10年('85~'95)、ハイロウズを10年('95~'05)やっているわけで、この周期でいくとクロマニヨンズ('06~)も最低でも10年は続くだろうと。彼らが言ったわけでも何でもない勝手な推測に過ぎないけれど。

「つーかクロマニヨンズ、まだ始まったばっかじゃん!」と単純に思うし、むしろ今の時点で解散することの意味が分からない。もし解散するんだとしたらそれはもうよっぽどのことで、よっぽどの大人の事情か、もしくはヒロトとマーシーが取っ組み合いの喧嘩でもして、「お前のツラなんかニ度と見たくねーよ!」という世界の終わりのような出来事がない限りは大丈夫な気がする。今さら方向性の違いで分かれる二人でもないだろうし。

とは言え、万が一にでも解散してしまったら凄くショックだ・・・。なんて、「もしも」の話をするから話がややこしいことになるわけで、「もし解散したら嫌だね~」という話がいつの間にか「解散するんじゃないの?」という話に発展していったのではないだろうか。

例えば、前シングルの「スピードとナイフ」が二人それぞれの道を歩いていく的な、別れの歌のように感じた人も多かったようだけど。そもそも彼らの音楽を聴く時に、歌詞の内容から心情を読み取ろうとすることはあまり意味がないと思う。 歌詞の内容をあれこれ想像しながら聴くのも楽しいけど、あんまり深く気にしすぎて楽しめなくなったらもったいない。

去年の10月にアルバム(FIRE AGE)が出て、2月までツアーがあって、夏にフェスやイベントへの出演があって。その後の予定がわからない時期がしばしあったので、「あれ?ちょっとお休みしちゃうのかな?」と確かに不安に思ったりもしたけれど。とりあえず来月にはニューシングルとアルバムが出るし、冬のツアーも決まったんだから「やったー!待ってましたー!」ってことで、それでいいじゃないか。

「今、ヒロトやマーシーは何をしてるんだろうか?」と思っていた時も、彼らはちゃんと曲を作っていたわけで、結局こちらが窺い知れる活動はほんの一部分に過ぎない。待っているこちら側もちょっと焦りすぎのような、「ちょっとくらい休んでたって気長に待ってようぜ!」という心意気がこれから先も必要な気がする。

もし解散することに危機感を持っているなら、シングルとアルバムを山ほど買って、ツアーやイベントに行きまくって、彼らに「このバンド楽しいな!」「うっかり解散するには惜しいバンドだな!」と常に思わせることだ。こちらが彼らから刺激を受けてるように、こちらも彼らに適度に刺激を与えなくてはいけない。

彼らのロックンロールを受け取ったら、「ワーイ!楽しいぜ!」って所をアピールしなければならない。チケットは取ったか?よーし、ライブ行こう!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/224-9132c509