suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

ザ・クロマニヨンズ TOUR [MONDO ROCCIA] 11/12@渋谷AX 日記

渋谷AXでのライブからすっかり一週間経った所で、2日目も一応メモっておこうかな。こうしてる間に、クロマニヨンズはもう明日には青森にいるのか!凄いな。寒そうだな。

1日目の記事はこちら
→ ザ・クロマニヨンズ TOUR [MONDO ROCCIA] 11/11@渋谷AX 日記

自分はあまり人様のライブレポを見ないようにしている。詳細で表現力豊かなレポを拝見すると感心すると同時になんか落ち込むし、自分の行ってないライブなどはむしろ無きものとして考えているからだ。自分の行ってないライブの楽しそうな雰囲気など知りたくない。その場所だけで自分の好きな曲をやられた日にゃ悔しくて悔しくて、「羨ましいな~!」とにこやかに言えるような大人な受け止め方が出来ないので、「そんなもんは初めからなかった!忘れてしまえ!」と自分に言い聞かせている。

今回のツアーではもれなく新曲をやってくれてるけど、一つだけやってない曲がある。今、自分が一番ライブで聞きたい曲でもある「ヤッターキング」の歌だ!シングル「グリセリン・クイーン」のDisc2に入ってる曲で、実写化した映画「ヤッターマン」の劇中歌になってたもので、元はアニメの第2シーズンの主題歌だったもののカバーのようだが、その曲がめちゃくちゃカッコいい!何度リピートして聴いたことか。

アニメの「ヤッターマン」の可愛らしいイメージはとっくに飛び越してるし、実写化した映画は見てないので何とも言えないけど、とりあえず主役の嵐の人の顔は全く浮かばない・・・もっと骨太でゴツゴツとした低音のビートが地を這うように響いてくる曲だ。どちらかというと昔の特撮戦隊ヒーローものの主題歌を思い起こさせる雰囲気で、実は新曲のどの曲よりも力が入ってるんじゃないか!?という感じさえする仕上がりになってる。途中に入ってる絶妙な掛け声やショッカーっぽい声がまた面白くて好きだ。

もしかしてライブで聞けるかな?と淡い期待をしていたが、今の所はやってないらしい。自分の行ってないどこぞのライブでやった・・・なんて話を聞いたら間違いなく悔しいので、他公演のことは知らないふりをしながら自分の行くライブでやってくれることを願うまでである。と言っても、ホール公演は行かない主義なので、来月の横浜BLITZで自分の中でのツアーは終わりだ。今さらホールの楽しみ方がさっぱりわからんよ。



ザ・クロマニヨンズ 【 TOUR MONDO ROCCIA '09-'10 】
2009/11/12(木) SHIBUYA-AX
 

セットリスト ( 曲名|作詞・作曲|アルバム収録 )
01. ジャングル・ジャミン
02. ジョニークール
03. 突然バーン
04. アウト
05. ゴーゴーゴー
06. 東京ジョニー ギター
07. 酒じじい
08. 恋に落ちたら
09. 炭酸
10. 草原の輝き
11. グリセリン・グリーン
12. フンカー
13. ムーンベイビー
14. エロこそすべて
15. スピードとナイフ
16. 悲しみのロージー
17. 鉄カブト
18. ギリギリガガンガン
19. 紙飛行機
20. エイトビート
EN 1. メインジェット
   2. ネギボーズ
   3. タリホー
(甲本ヒロト)
(真島昌利)
(甲本ヒロト)
(甲本ヒロト)
(真島昌利)
(真島昌利)
(真島昌利)
(真島昌利)
(甲本ヒロト)
(真島昌利)
(真島昌利)
(真島昌利)
(真島昌利)
(甲本ヒロト)
(甲本ヒロト)
(甲本ヒロト)
(甲本ヒロト)
(真島昌利)
(真島昌利)
(甲本ヒロト)
(甲本ヒロト)
(真島昌利)
(甲本ヒロト)
[MONDO ROCCIA]-01
[MONDO ROCCIA]-06
[MONDO ROCCIA]-10
[MONDO ROCCIA]-08
[FIRE AGE]-02
[CAVE PARTY]-02
[MONDO ROCCIA]-09
[MONDO ROCCIA]-11
[MONDO ROCCIA]-05
[ザ・クロマニヨンズ]-07
シングル/[MONDO ROCCIA]-02
[MONDO ROCCIA]-04
[MONDO ROCCIA]-07
[MONDO ROCCIA]-12
シングル/[FIRE AGE]-08
[CAVE PARTY]-03
[MONDO ROCCIA]-03
シングル/[CAVE PARTY]-01
シングル/[CAVE PARTY]-14
シングル/[FIRE AGE]-01
[グリセリン・クイーン]-03
[グリセリン・クイーン]-02
シングル/[ザ・クロマニヨンズ]-12
(*下線のある曲は、前日と曲や順番が変わった箇所)



この日は初めからマーシー側の隙間産業へ。産業じゃないや、隙間観賞か。「昨日久しぶりに前へ行って見たんだけど、やっぱり自分は後ろの(方が楽しめる)人間だったよ。」と友人に言うと、「ええ~!前へ行ったの~!?」と異常に驚かれる。やっぱり前ブロックのそこそこ隙間のある場所で自分の好きなようにノッて楽しみたい、彼らの姿はチラ見えで良い、むしろそれがカッコいい!理論に達している自分らからすると、前の密集地帯に行くということは今となっては相当な出来事になりつつある。

ニューアルバムを聴いてきたか怪しいその友人は、セットリストは楽しみにしておきたいから知らせないで~なんて繊細なことは言わない人なので、「新曲はもれなく聴けるよ」「あとはシングル曲を続けてやるよ」「昔の曲は数曲程度」「今回も前説がやたら長いよ」と先輩面して全て言ってしまう。今考えるとあまりにも楽しみがなくなっちゃう物言いだったな、と反省している。



ちょっと遠巻きに見ていたので、前日よりもステージの様子がよく見える。前説が終わって、いよいよメンバーが登場!という時にスモークがモクモクと焚かれる。ステージ上が白い煙に包まれる。あれ?前日にこんなのあったっけ?前日の記憶がない・・・あっそうか!周りの圧に押されて目の前が白くなっていってるのかと思ったら、あれはスモークだったのか。良かった良かった。

そして、前日はなんかステージ後方に白いもんがあるなという認識でしかなかった手の形をしたオブジェが、オープニングでスモークと共にステージに現れるという演出になってることを初めて知った。やっぱり前方で見たあとは後方だな。新しい発見がある。



1. ジャングル・ジャミン

前日好き勝手に飛び跳ねて見れなかった分、初っ端の「ジャングル・ジャミン」が始まった瞬間からそのテンションで最後まで持つのか?という勢いで飛び跳ねまくる。これ!これ!って感じで、モッシュに吹っ飛ばされながらもニヤニヤが止まらない。自分はどうかしてると常々自覚しているけれど、みんなも相当どうかしてるな!



2. ジョニークール
3. 突然バーン
4. アウト


好き勝手暴れて聴く「ジョニークール」は気持ち良く、「突然バーン」は呼吸困難に。お前、この世で一番「突然バーン」が好きなんじゃねえの!?ってくらいノリノリになってしまった。みんなどうかしてたのでお互い様な地帯だったけど、周りの人に迷惑をかけてなかったことを祈る。「アウト」はカッコいいんだけど意外とノリにくいかも。「アウトアウトアウート!」はちょっと間が抜けるというか力が抜ける感じ。



5. ゴーゴーゴー

前日「メガトン・ブルース」だった所が「ゴーゴーゴー」に。前アルバムは異常に気に入ってる「ぼうふら」以外あんまり聴いてなかったんだけど、久々にライブで聴いた「ゴーゴーゴー」めちゃくちゃいい!この日はこれを聴きにきたんだ!って言っても過言ではないくらい。前ツアーの時の記憶がもうほとんどないんだけど、この曲は一曲目かなんかにやって何が何だかで印象があまりないのだろうか?「メガトン・ブルース」は好きな曲なので単純に嬉しい感じだったけど、「ゴーゴーゴー」は盲点だったので予想外にやられてしまった。曲の作りが流れがノリが非常に気持ち良くて、最高!だった。



6. 東京ジョニー ギター
7. 酒じじい


「東京ジョニー」は親の仇ならぬ前日の仇のようにはしゃいでしまった。ああ、もうすっごいクロマニヨンズのライブっぽい!もうハイロウズの名曲を思い出して夢見るのはやめるよ!「酒じじい」は普通にノリが良い。みんなでニヤニヤしながら手拍子するのもこのツアーならではのお楽しみなのかもなと思ったら、むしろ貴重なひとときだ。



8. 恋に落ちたら

一息ついて、「恋に落ちたら」。歌ってる弾いてる彼らの細かい表情は読み取れない位置なので、むしろ都合がいい。心の目を見開いて、うつむいて揺れながらこっそり歌う。ずっと「あのね あのね」と歌うヒロトを感じたいと思ったけど、うつむいて一緒に「あのね あのね」と歌ってたらなんか自問自答してるような気分になってきた。昨日と今日でこれほどまでに違うのか、というくらい感じ方が違って聴こえる。

自身に「あのね」と語りかけるのはあまりにも内向きで物悲しいので、この「あのね」は彼らに向けて歌ってるんだ!ということにする。人波に紛れて個として全く認識されてないだろうけど、自分はここにいるぞ!と彼らに向けて「あのね」とメッセージを送ってみた。向こうがキャッチしたかどうかは知らない。



9. 炭酸
10. 草原の輝き


「炭酸」が楽しくないわけがない!「突然バーン」に続いて、お前この世で一番「炭酸」が好きな奴なんじゃねえの!というくらい飛び跳ねてました。泡吹いて死ねたら本望です。・・・いや、そんなカッコ悪い死に方は嫌だな。

前日「渋滞」だった所は「草原の輝き」に。ああ~やっぱり昨日「渋滞」聴けたのは貴重だったのか!聴けて良かった~!としみじみ思う。やっぱり2Daysある時は2Days行くべきだな。以前のアルバムの曲を聴くとやはり今回のアルバムの曲は短いんだなと感じる。「草原の輝き」、曲なっがい!久々に聴いた「水野郎」は染みるね。息を整えて、滴り落ちる汗を拭って、揺れてる感じ。こういう抜きの曲もライブならではで心地良い。



11. グリセリン・グリーン

前日は後半のシングル曲ゾーンにあった「グリセリン・グリーン」がこの日はこの位置に。のどかにニコニコして聴こうと思ったら大間違いですよ。新曲はみんな待ち焦がれてるんですよ。待ち焦がれる=モッシュになることはおわかりですか?以前のツアーの「エイトビート」で気づきましたよ。嬉しい楽しいがモッシュに直結する皆さんがいる場所に自分は紛れていることが多いようで。で、モッシュ!もちろん記憶はほぼナッシング。



12. フンカー
13. ムーンベイビー
14. エロこそすべて


「フンカー」はノリノリで左右に揺れてるヒロトが遠目からひょっこり見えてご機嫌だ。「ムーンベイビー」は音に浸って陶酔気味に揺れながら「カモンベイベー!」とやる、ちょっと気だるい感じが良い。

「エロこそすべて」は前日はヒロトに甘くノリノリでやってあげたわけだけど、引いて見てたこの日はなんか妙に冷めて見ちゃったな。やっぱり恥ずかしいよ。ヒロトは無邪気だがお互いいい歳なんだ、「エロ」な掛け声は自主性に任せよう。だけど、それとなくやってる素振りをしてあげる自分はやっぱりヒロトのファンなんだな。でもノリノリは無理だ。



時が経ってすっかりMCなんてものは忘れてしまったけど、一つだけ覚えてるのがある。この辺りのヒロトのMCで、「以前ストーンズのコンサートに行ったらニューアルバムから3曲しかやってくれなくて、次の日行ったら0曲になった・・・」と。今回新曲をもれなくやってる俺らって偉いでしょ!?ってことかしら。

確かに新曲をもれなく聴けるのは嬉しい。いくらニューアルバムを引っさげたツアーだからって、新曲をもれなく聴けるのが当たり前だと思ったらいけないんですね。先月行ったランシドのライブではニューアルバムから3曲しか聴けなくて、もっと新曲聴きたかったなぁとちょっとガッカリしてたんだけど、むしろ3曲聴けて良かったな!と認識を改めようと思う。クロマニヨンズもいずれそんなふうになったら面白いなぁ。

クロマニヨンズでニューアルバムを出し続けるんだけど、いつの間にか彼らの中で過去のバンドの曲(ブルーハーツやハイロウズ)が解禁になって、ツアーやっても昔の名曲ばかり演奏して、ファンも何となく昔の曲を求めてしまいがちで・・・みたいな時代がもし訪れたら凄いな!それぞれのバンドに熱心なファンからしたらちょっとした悪夢かもしれないけど、50越えのヒロトとマーシーの「リンダリンダ」はもうオッケーだろ!?



15. スピードとナイフ
16. 悲しみのロージー
17. 鉄カブト


「スピードとナイフ」は楽しく歌ってしまった。「悲しみのロージー」はやべえ!最高すぎる!これまた前日の仇ですよ。すっげーカッコ良くて、すっげー気持ち良くて、記憶がない。そんな流れのまま「鉄カブト」。ここからは予想外。

すんげーモッシュ!「鉄カブト」でモッシュしちゃうの?「鉄カブト」でモッシュしなくても良くない?という意見は軽く吹っ飛ばされ、モッシュ・・・なぜなら、ここは待ち焦がれる=モッシュに直結する場所。みんな「鉄カブト」が大好きなんだな、きっと。全然ほのぼのしないよ。全然しんみりしないよ。ボーッとしてると吹っ飛ばされてやられるよ!みんなニコニコしながら吹っ飛んでくるよ!歌に浸りたい人はモッシュに巻かれないように気をつけた方がよろし。



18. ギリギリガガンガン
19. 紙飛行機
20. エイトビート


もう当然のごとく息が続かないわけです。この辺りのシングル曲は。だってジッとして聴くすべを持ってないんですもの、自分のようなヤロウは。前日のリベンジで「今日はサイコー!」ってやる余裕もないモッシュの中の「ギリギリガガンガン」と、やたらとはしゃいで飛び跳ねまくった末の「スーイスーイスララー」が染みる「紙飛行機」と、まさに生きるのに倒れまいとするのに精一杯な「エイトビート」でした。



辺りを見回してもとっくにはぐれた友人は見つからず。同じような場所にいる予感がするんだけど。アンコール、息を整えながら「もう一杯ちょーだいな」を手拍子だけ。もう定番化したのか、これは。ぜひクロマニヨンズには今後もっとカッコいい手拍子ソングを作ってもらいたいな、と切に願う。

再び出てきたメンバーはヒロト以外みんな上半身裸で、ヒロトだけTシャツを着ていてこれはまずいみたいなことで結局ヒロトも脱ぐ展開に。別にヒロトがTシャツを着てようと、鎖かたびらを着てようと、鉄カブトを被ってようと、全然構わないけどな。今さらヒロトの裸に特に興味もねえし、格好でテンションもそんなに変わらねえよ!と思うんだけど・・・みんなはそんなにヒロトや他のメンバーらに裸を求めているの!?



EN 1. メインジェット
   2. ネギボーズ
   3. タリホー


自分の呼吸器官は持つのだろうかと思われるアンコール曲たち。でも前日と同じなら「タリホー」で終わりだ。余力は残さなくていい。しばらくライブもないので、当分立ち上がれなくてもいい。いや、それは日常生活的に困るが。なんてグチャグチャ考えるより前に体が勝手に音を追いかけてしまう。

止められるもんなら止めてみやがれ的な「メインジェット」「ネギボーズ」。めちゃくちゃにノッてるように見えるかもしれないけど、ちゃんと音も歌も聴いているんだぜ。ただ、彼らの姿はチラ見だぜ。ヒロトがいる、マーシーがいる、コビーがいる、カツジ・・・は見えなかったりするけど、それで充分なんだぜ!

「タリホー」のぶっ飛び具合は、2階席にいる人とかからどんなふうに見えてるんだろう?と思ったりする。「わーい タリホー!」で飛ばない意味がわからない。飛ばない理由が見つからない。ラストスパート、演奏する側が出すならわかるけど、見てる方が全力を出しにかかる。誰も求めてないのにな。足がもつれて、息がきれて、フラフラで、お前大丈夫かよ?ダメに決まってんだろ!ここに骨をうずめるぞ!それはむしろ迷惑になるぞ!よし、曲終了!メンバーを見送ったらとっとと帰んぞ!・・・そんな2日目でした。

Comment

アリクイ says... ""
こんばんは、2日間のレポを読ませてもらいました。臨場感あふれる文章に心がモッシュしています!
モンドロッチャTourのセットリスト驚きました、これはストーンズへの宣戦布告?!新曲0なんて老いぼれたことはしないぜ!という47歳と46歳のズートロ宣言なのでしょうか。
チブのドラムソロで熱狂し、ストンプで人間コールに酔い、くじらなわで引っ張られる意気込み満々だったファンは拍子抜けしたでしょうね。すごいなぁ…そんな裏切りができるんだ。「定番がなくても大丈夫だろ?楽しいだろ!」と言える自信があるからこそのセトリ、そして実際楽しませていることはレポからわかります。ヒロトとマーシー(そしてマーシーとヒロト)恐るべし!
50越えのリンダリンダも楽しみですが、ズートロ精神で毎年新曲も聴いてみたいです。・・・ファンって勝手ですね(笑)

楽しいレポート本当にありがとうございました。またお邪魔しますね!
2009.11.23 20:45 | URL | #Xlf.8pIU [edit]
bambi says... "> アリクイさん"
こんばんは。つらつらと書き連ねただけの文章を2日分も読んでくださって
ありがとうございます。心がモッシュしてるだなんて・・・よっしゃー!!

新曲の出し惜しみなんかしないぜ!というか、彼らは単純に「以前の曲より新曲を
いっぱいやりたい!新曲をやる方が楽しい!」と思ってやってるような気がします。
過去の名曲にあまりこだわりがないんじゃないかなぁとも思いますし。
そして後ろを振り返らない、まさに前を向いて突っ走っていくズートロ精神を
「わ~い!」と追いかけていった先はもれなくモッシュなのです(笑)

新曲をもれなくやった後にシングル曲でたたみかけてきた流れは、「新曲をあんまり
知らないで来た人も楽しんでる?ほら、お馴染みの曲もやっとくからね!」という
ような、わかりやすい感じが今思い返すと凄いな~と思いました。

「ズートロ宣言」って言葉、なんかいいですね!ズートロは個人的に凄く好きな曲で、あのイントロが聴こえてくるとどんな気分の時でも必ず笑顔になってしまいます。
楽しい時はより楽しく、悲しい時には思わず笑顔に。「泣きっ面にキラービー」ならぬ
「泣きっ面にズートロ」的な力を持った名曲だと思ってます。

楽しんで頂けたようで嬉しいです。またお気軽にどうぞ!
2009.11.23 21:59 | URL | #9jgEo1Cg [edit]
ロージーターリーホー says... "ヒロトは、47★ マーシーは、48☆"
ザ・クロマニヨンズのライブレポート よく覚えて書けるのは すごいですが、ヒロトは 47で!!、マーシーは 48です!!
2010.03.30 20:09 | URL | #- [edit]
bambi says... "> ロージーターリーホーさん"
コメントありがとうございます。

一応こんな記事も書いてみたので、ヒロトが47歳だということは何となく知っていたのですが・・・ 【 3月17日「今日は何の日?」めんどくさいことになった日。】
http://suicidebambi.blog44.fc2.com/blog-entry-259.html

目に留まったのは記事のこの部分でしょうか?
> 50越えのヒロトとマーシーの「リンダリンダ」はもうオッケーだろ!?

これは、あと何年かして50歳を越えた頃にはもう「リンダリンダ」を解禁してもいいのでは・・・という、ちょっと先の未来を夢見た一文でした。リアルタイムでブルーハーツを感じた世代からしたら、今さら望んでいないことなんでしょうけどね。
2010.03.30 21:12 | URL | #9jgEo1Cg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/240-0815d65a