suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

ザ・クロマニヨンズ ツアー[ウンボボ月へ行く]12/8@SHIBUYA-AX (月面に着地編)

昨日のライブでどうやら風邪を引いたようだ。
ザ・クロマニヨンズ ツアー[ウンボボ月へ行く]12/7@SHIBUYA-AX (底なしブルー編)
ライブ後、濡れたTシャツのままで夜風に当たりすぎたらしい。
東京は怖い街だ。それでもまた、おら東京さ、行くだ。
ということで、渋谷AXの2日目。颯爽と風邪をこじらしに行ってきた。

人並みなことを言ってもいいかい?
2日目のライブは・・・すっげー楽しかった!!
昨日の今日なのに、どんだけ情緒不安定なんだ!って感じだけど。
これだからライブはやめられない。やっぱり自分みたいな難しい性格の奴は、2日行かなきゃダメだな。1日じゃ見えないものがたくさん見えてくるから。

心配してた前夜の雨も上がり、寒いながらも晴れ渡っていて、気分は晴れていた。いまいちだったライブの後のライブって、意外と悪くないんだよな。自分の中のハードルが下がってるから。経験上、次は楽しめることが多い。だから渋谷に向かう足取りも軽い。あまり気負わず、開演間近に会場入り。ロッカーがけっこうギリだった。ワクワクしながら開演を延々と待つのはあんまり性に合わない。勢いに任せてフロアに飛び込んで、とっとと始まりやがれと心の中で呟くのが性に合ってる。

開演前、「ジンギスカン」や「ハロー・ミスター・モンキー」に加えて、「ヤングマン(YMCA)」も流れてた。もちろん西城秀樹のカヴァーじゃなくて、オリジナルの洋楽のやつ。そして開演が近づくと、スモークが炊かれ始めてモクモクとフロアを包んでいった。ステージの後ろに浮かんでる満月は、どうやら照明で映し出されているようだった。

スタッフが「今日はソールドアウト公演なので前に詰めてください」みたいなことを言うもんだから、ライブ前から前方はギュウギュウ。おっと、今日はその波には乗らないぜ。と、マーシー側のほどほどの位置に立って待つ。振り返るとまだまだ余裕があった。端や後ろの方を見渡すと、長袖・小荷物の人も意外と多い。静かに見るタイプの人らなんだろうけど、心身共に熱くなっていくライブでは邪魔じゃないのかな?

前説のお兄さん登場で、辺りは早くもヒートアップ。昨日より話に耳を傾けてみた所、アポロ11号がどうとか、月の話になぞらえてロックンロールがどうとか語ってた。口にすると輝きは減っちゃうのにな。クロマニヨンズにとっては小さな一歩だけど、ロックンロールにとっては大きな一歩だ(?)みたいな、ちょっとニュアンスが変わってるかもしれないけど、そういうことを言ってた。相変わらず、わかるようなわからないような、とりあえず苦笑いで頷く。注意事項に、モッシュ・ダイブ・痴漢などの迷惑行為に加え、「月面宙返りもおやめください」がお馴染みになってるらしくて可笑しい。

辺りが暗くなり、再びスモークがモクモクと漂う。ステージ後方に映し出されていた月が消え、代わりに大きな地球が頭を出す。上からスクリーンみたいなのが下りてきたような感じ。そして、その前にウンボボ旗(アルバムのジャケのデザインと同じ)が立つ。思わず拍手。こんな演出があったとは!昨日は全然気づかなかった。昨日は気づいたらすでに月面にいたのだ。



メンバー登場、一歩引いて何とか姿を確認してみようとしたけど、見えそうで見えない。まあそこにいるならそれでいいや。気配で充分。前に行きたそうな人を前へ送って、いい感じのスペースを確保。なんか楽しくなりそうな予感がする。チラッと見えたヒロトの「ようこそー!」が聴こえて、1曲目の「オートバイと皮ジャンパーとカレー」がスタート。ああ、やっぱりこれこれ!この感じが楽しいんだ!と、自分が在るべき場所に位置してる感覚に身体が歓喜するように飛び跳ねる。

曲の流れは1日目とほぼ同じ。しかし、前日より確実に楽しい。何人たりとも俺の動きを妨げる奴は許さない。ってなもんで、なんでみんな身動きが取れない所を目指して前へ行くのかがわからない。殺伐を通り越して笑みが零れてしまう「伝書鳩」で縦ノリを堪能して、「あったかい」でバカみたいにワイワイ!とはしゃぎ、心も体もあったかくなっていく。というか熱く、暑くなっていく。まさにホッテスト!

「底なしブルー」はほんとに、いつどこでどんなふうに聴いたってカッコいいんだから吹っ飛ぶ。底抜けな楽しさと共に破壊衝動みたいな、暴力的な部分も引きずり出される。と言っても暴力を振るうわけではなく、ちょっと乱暴に開き直る感じ。世の中に溢れてる気に入らないことや、クソみたいな昨日までの自分を嘲笑うように。曲が終わる頃には毒が抜けたようにカラッとした笑顔。毒をもって毒を制すというやつか。この曲、デトックス効果があるらしいぞ(?)

ヒロトのMCで、前日も似たようなこと言ってたけど、AXの隣にあるマッスルシアターの話。そっちの公演と間違えて来てしまった人はいないか?と。その人のためにサービスとばかりに、Tシャツをめくってペロリと腹見せ。してやったりな顔のヒロトの、マッスルとは対極にあるヒョロリ具合が何ともおかしい。

お手伝いをしてくれるという「シャブちゃん」という方が紹介されてたのはこの辺りだったかな?忌野清志郎さんのローディーをしてたこともある山本キヨシ=通称シャブちゃんという方だとか、詳しくはわからないけど昔からの馴染みの方のようで。結局、一目もその姿を確認することができず、何のお手伝い(演奏)をしてたのかさえよくわからなった。シャブちゃん、その名前からするとヤバそうな人しか想像できない・・・。

一転まったりと「キャデラック」心地良いリズム。音はカッコいいんだけど、歌にはほのぼのする。続く「多摩川ビール」心地良く揺れる。スタートから「底なしブルー」までの勢いですでに消耗してた体力が、うまい具合に回復していく。この辺の曲順のバランスがいい感じ。

確かこの曲終わりでTシャツを脱いだヒロト。「このタイミングで脱ぐのはおかしいってことぐらいわかってる」とか言いながら。俺が脱げば、マッスルシアターと間違ってライブに来てしまった人も気づくだろうと。全然マッスルじゃないもんね(笑) 最後にハッスル(南南西に進路をとれ)は待ってるけどね。「100人いれば1人くらい間違える人は必ずいる」「今なら払い戻しする」「いや、もう何曲もいいもの聴かせちゃったからダメ」みたいなことを言ってた。

それと、前日も同じようなこと言ってたけど、「ここまででA面の6曲が終わりました」と。新曲は一旦ここまでにして、「B面はまたあとで」ということで。レコード的な考え方が何とも彼ららしい。レコードをちゃんと聴いたがことないから、感覚的にいまいちピンと来ないのが悔しい。「俺、針落とすの得意だから(中断しても)大丈夫」「下手な奴っているよね」「カツジは苦手なんだよ(笑)」とレコード話。

あと、遠巻きに聞いてたから詳しい流れはよくわからないけど、観客とやり取りする中で「お前、いい奴だな。お前みたいな友達がいるといいのに・・・海老蔵にも。」で、会場爆笑!ヒロト、けっこう時事ネタ挟むの好きだよね(笑) そんなこと言っていいの?みたいな空気を感じたのか、「これくらいじゃ怒られないよ」とひょうひょうとしてるのを見て思わずニヤけてしまう。楽しい時間。

これまた前日と同じ流れで、次の曲は「キーをちゃんと取っておいた方がいいよ」「みんな人ごとじゃないからね」「うぉ~うぉ~うぉ~」と口々にしながら、「グリセリン・クイーン」!心機一転、ウズウズしてた身体で弾け飛ぶ。たぶんこの辺りで無意識のうちに、より盛り上がってる真ん中に吸い込まれていって、モッシュゾーンに紛れ込んでた。ほどほどのノリの所にいると、はしゃいでる自分はおかしいのか?と不安になるけど、モッシュの中にいると自分はまだ全然まともだ!と安心する。

続いてハープを手に取るヒロト、お馴染みの「草原の輝き」この日は伸びやかなギターの音色が凄く耳に残った。ずっと続くんじゃないかと思われる音の流れに、時間の流れが曖昧になる。楽しいリズム「スピードとナイフ」は、切なさよりも幸せなイメージ。マーシータイムの「ムーンベイビー」息を整えながら、ギターに耳を澄ませる。「生まれたてのサソリのように」と歌ってる時のヒロトが好き。思わずはしゃいでしまう「鉄カブト」それは一瞬の輝き。

そしてここで再び新曲に戻り、「ここからB面の曲をやります」「45回転でいきます」とレコード的トーク、いまいちピンと来なくて残念。「昔、河合奈保子の『けんかをやめて』を33回転(?)で聴いたら、秀樹が歌ってるみたいになってさ・・・(笑)」という話もしてた気がする。

前日は似たイントロの「ギリギリガガンガン」と間違えた「ひらきっぱなし」今日はちゃんと心の準備ができてたので、はじめから全開で行ってやった!丸っきり楽しい曲!今回のツアーはライブに行くまでセットリストを見ないようにしてたけど、知っててもそれはそれで楽しめるもんなんだなと実感。

まったりと始まる「7月4日の横田基地」ちょっと切なげな「ハーッシャバイ」の掛け声が好き。後半のテンポアップで、予想通りのモッシュタイム。わー楽しい!やっぱり、モッシュがなければライブじゃない!途中からテンポアップする曲というと、ミッシェルの「サタニック・ブン・ブン・ヘッド」を思い出す・・・。あの曲で、ロックンロールはぼんやり聴いてちゃいけないんだ!気を抜くな!世界は一変する!ってことを覚えた気がする。

ちょっと一息「ボンジュール ロマンマン」と思ったら、すげー盛り上がってる人がいた。ロマンマンであれだけハイになれるとは、上には上がいるもんだ。でも夢中で歌っちゃう。はたから見たら妙だろう。続く「いきもののかん」がまた楽しい!心踊る音に思わずはしゃぐ。無心で無邪気に「陽に焼けた蟻と 遊んだ夏の日」「いきている」と歌う。純粋なものに近づいていく気がする。曲順通りで「我が心のアナーキー」途中の「おっおっおっ」という掛け声が妙にハマる。

ここで新曲の残り「B面最後の曲はとっておこう」ということで、まだまだ行くぜと「エイトビート」ひたすらに楽しい!モッシュの中で、ただ生きる。生きてやる。吹っ飛んでるのに聴こえてくる「呼吸を止めてなるものか」・・・すぐにスーサイドな気持ちになる自分も、これを読んでる奇特な貴方も、気持ちが不安定になって休養していたナイナイ岡村さんも、みんなみんな呼吸を止めちゃいけないんだぜ。だって楽しめなくなるから!この曲の良さがわからない人は可哀想ですね、と前日の記事で書いたら怒られた。最前にいたらしいアイツに。ディスってなんかないぞ。

「ロックンロールのライブは、たいてい最後に盛り上がる曲がくるんです」というようなMCがあった通り、たたみかけるように過去の定番曲「ギリギリガガンガン」「あさくらさんしょ」「紙飛行機」が続く。前日の(自分の中での)淀んだ空気はどこへやら、素直に「今日は最高!」と思える日だった。霧が晴れたような空間だった。モッシュの中で泳ぎまくった。無駄に飛び跳ねまくった。上に跳ぶのが楽しいブームはまだまだ続いてる。

相変わらず、ステージから去るメンバーの姿を確認できぬまま、本編が終了。わりと近くでアンコールの「もう一杯ちょうだいな」コールをがんばる人たちの声が聞こえる。あんまりカッコ良くないから歓迎してない掛け声なんだけど、なんだか健気に感じて手拍子を。しかしあまり盛り上がらず、途中で立ち消えになっていった。アンコール迷走中。

再度メンバーが登場すると、タオルを掲げるヒロトの姿。そこだけはなぜかいつもよく見える。おかげで帰りにタオル買っちゃったじゃないか。グッズ買うのめんどくせえ、とか思っちゃう自分がですよ。そして、いつの間にか「南南西に進路をとれ」の準備が整っている。前日は位置関係や様子がよく見えなかったけど、この日はそこそこ見えた。ステージ向かって右からマーシー、ヒロト、カツジ、コビーの順。カツジの前にはいわゆるマーチンバンドが叩くような小太鼓(スネアドラム?タム?)があって。ヒロトの前には縦置きの大きいドラム(バスドラム?)があって、これは前日には全然気づかなかったのでビックリ!ヒロトも叩いてたのね!

そんなこんなで「南南西に進路をとれ」ノリノリで堪能。合唱。合掌。曲が終わって、スタッフがそそくさとドラムを片付けてる様子を見るのがまた楽しい。その光景を見ながらヒロトが「チャチャチャッ、チャッチャラチャッチャ♪」とドリフの場面転換の時のBGMを口ずさんでた(笑) 音源を探したら、「盆回り」というタイトルのようで、初めて知った!「このあとキャンディーズが歌い出すよ」なんて、すっかりドリフモードに入っちゃって。若い人はさっぱりわからないんじゃないですかね。

曲終わりだったか前だったか、どこからともなく「コビー、明日誕生日おめでとう!」の声が上がったりもしたり。12月9日はコビーこと小林勝さんの誕生日らしい。そういえばツイッターで「ハッピーバースデーしましょう」みたいな呟きが流れてた。会場がおめでとうムードになっていき、コビーは照れた様子を見せながらも何も語らず。ヒロトはそこには触れないテンションだったらしく、ステージ前に位置してるカツジを見ながら「いい男だろ?」とここはカツジのターンみたいな感じで持っていく。「カツジ、カッコイイ」みたいな雰囲気になると、前日と同じく「ダメだよ、俺の(カツジ)だから(笑)」発言。ここ、ヒロトファンからすると萌えポイントなんでしょうね。自分は、キャー!カワイイ!とか素直に言えないタイプなんで、ただただ戸惑ってニヤけるのみです。

続いてはすっかり「ネギボーズ」テンションで待ってたら、思いがけず「土星にやさしく」で嬉しくて吹っ飛ぶ!そういえば、ここの2曲を交互にやってるセトリなんだったっけ。久々に聴くと、やっぱり楽しい!単純だねと言われようと、バカじゃねえのと言われようと、誰に何と言われようと大好きな曲。楽しすぎて、笑いすぎて、逆に顔が引きつりそうになってどうしようかと思った!

で、たぶんこの曲だったと思うんだけど、モッシュの中でわーい!わーい!とはしゃいでたら・・・急に両脇腹をガッと掴まれて、えっ痴漢!?と思ったら、上に持ち上げられて、えっ望んでないのにダイブさせられちゃうパターン!?と思ったら、高い高いされた形でスッと降ろされて、何がなんやら・・・振り返ってみたら体格のいい男の人がいたけど、どの人かははっきりせず。何となく気恥ずかしくて、その場をちょっと離れてやんわりモッシュの中に戻りました。何だったんだろう、あれは・・・。

モッシュしてるの邪魔だよという意味だったのか、小さいから気の毒に思われてステージを見せてくれたのか、定かではありません。でも確実に、一瞬、体が浮いたんです!色々考えた末に、月面ライブで無重力体験をした、という結論に達しました。しかも「土星にやさしく」を聴きながら!ライブの演出のひとつだったんじゃないだろうか?と(笑) 1ライブに1回、運がいい人は無重力体験できるとか?同じような不思議体験アンビリバボーした方のコメント、ぜひ待ってます。この歳で高い高いされるとは思わなんだ。

最後は、またねーで始まる「タリホー」!体は限界よろしく、気力のみではっちゃける。息も絶え絶えで歌い、もつれそうな足で飛び跳ね、重たい腕を振り回し、空っぽの頭を揺さぶって、フル充電された心で笑う。何の意味があるって?何の意味もないよ!どうだっていいよ!モッシュの中では全てのことが無意味だ。だけど真実だ。油断してニヤけてると口内や舌を噛むから、弾丸のように人が吹っ飛んできたら歯を食いしばる。見事にアゴの辺りにアッパーを喰らった。前歯が痛え。はは、このくらいないとライブじゃねえよな!笑えないようなケガじゃなければ、別にね。青アザもまた思い出。

相変わらず、ステージを去るメンバーの姿はチラ見え。ヒロトなんかいつもすでにいない。そんなヒロトの潔さが好きだ。ロケンロー!あとはマーシーがわりと最後までピックを撒いたり、笑顔を振り撒いたり、ファンサービスしてくれるので・・・いつも遠くから笑顔で眺めて、たまに手を振ってみてますよ。あんまりマーシーを悪く言うとまた怒られるのでね。マーシーを悪く言うつもりは全くないんですけど。

クールを装ってるのも楽じゃない。
なれあいは好きじゃないから、誤解されてもしょうがない。
それでも僕は君のことを、いつだって思い出すだろう。

底にたどり着いたら、あとは上がるだけ。
底なしブルーの先は、ピョンとひとっ飛び、地球を通り越して、月面に着地。
宇宙人と親しくなれるかどうかはわからないけど、人類はいつでもOK。

01. オートバイと皮ジャンパーとカレー
02. 伝書鳩
03. あったかい
04. 底なしブルー
05. キャデラック
06. 多摩川ビール
07. グリセリン・クイーン
08. 草原の輝き
09. スピードとナイフ
10. ムーンベイビー
11. 鉄カブト
12. ひらきっぱなし
13. 7月4日の横田基地
14. ボンジュール ロマンマン
15. いきもののかん
16. 我が心のアナーキー
17. エイトビート
18. ギリギリガガンガン
19. あさくらさんしょ
20. 紙飛行機
(アンコール)
1. 南南西に進路をとれ
2. 土星にやさしく
3. タリホー



余談ですが、この日のライブにキャンドル・ジュンやオードリーの春日さんが見に来てたというのは本当だろうか・・・?いずれも「来てたらしい」という伝聞の話ばかりなので定かではないけど、本当ならぜひ一目見たかったなぁ。キャンドル・ジュンのすげーピアス姿と、オードリー春日が鳩胸でハッスルする所が見たかった(ノ∀`)

あと、前日に引いた風邪は、奇跡的に翌日に良くなりました。
ありがとう、クロマニヨンズ!ライブで会うのはまた来年!

Comment

あう says... ""
前日も行ってるのに、初めて見たような感想良いですね☆ヤングマン前日も最後に流れてたよw
でも、楽しめたみたいで良かったです。

7日は、阿曽山大噴火さんを見ました。キャンドルジュンとは意外
2010.12.11 00:53 | URL | #- [edit]
bambi says... "> あう さん"
悪いイメージを引きずってもろくなことないですからね。初心に戻って楽しみました。
「ヤングマン」前日も流れてましたか(笑) 前日は色々と書き損ねた部分も多かったかと思います。

阿曽山大噴火さん、よくクロマニヨンズのライブ来てますよね。以前、横浜ブリッツ辺りで見かけたことがあります。キャンドルジュン、意外ですよね。ブルーハーツからのファンとかなんでしょうかね。
2010.12.11 01:47 | URL | #9jgEo1Cg [edit]
あんこ says... ""
ライブレポありがとう!
なるほど~、私はヒロティストとしての愛は深いけどライブは浅い初心者なので、ライブにも波があるんだなーというのを知りましたよ。
でも、ライブ中本当に楽しい!と思ってるかと言うとはたと考える。いつでも膜が一枚かかっているような、現実感のない中にいるので時々棒立ちになってしまうこともありますわ。そんで、ライブ終わってからシミジミするんだよね~。おばちゃん感情処理能力遅いのかも。
フジロックだけは、なんかわけのわからない感動に襲われたけど、あれはフジロックだからなんだろうな。
最初からツアーに参戦するのはウンボボからなので、いろんな感情を経験してライブ歴を積み重ねていこうと思います^^
私は来週土曜日に長野!ヒロトー><こちらでも報告するね!
ではでは、来年の横浜でお会いしましょう~!
2010.12.12 13:10 | URL | #Xlf.8pIU [edit]
bambi says... "> あんこ さん"
あんこさんは渋谷AX行かれてないんですね。すっかり会場のどこかでヒロトをかじりつきで見ていたような気がしてました・・・(笑)

やっぱりライブ中はあまりごちゃごちゃ考えるのはよくないです。せっかくのロックンロールのライブがもったいないですもん。 前方でヒロトの姿を凝視してた時(下北のライブとか)は、幻を見ているような凄く現実感のなさに襲われましたが、モッシュの中は実に現実感で溢れてます。気を抜くとやられるので。遠目からチラ見えするヒロトもカッコいいのですよ。リアルよりリアリティ!

わけのわからない感動に襲われるフジロックって最高ですね!やっぱりフェスには魔物が住んでるのかも。サマソニもいいですよ~。レッチリが来るという噂の来年はいかがです?
長野、めいっぱい楽しんできてきてくださいね(ノ∀`)
2010.12.13 09:35 | URL | #9jgEo1Cg [edit]
テツ says... "はじめまして"
偶然、このページにたどりつきました。
同じくヒロト&マーシー好きなもんです。
またblog拝見させていただきます。
2010.12.26 14:29 | URL | #sSHoJftA [edit]
bambi says... "> テツ さん"
はじめまして、コメントありがとうございます。
しがないライブの感想記事ですが、楽しんでいただけたのなら嬉しいです!
読み返してみると、勢い任せで書いてある部分もあるので色々とお恥ずかしい・・・
気まぐれなブログですが、また気軽に覗きに来てみてくださいね。
2010.12.27 17:51 | URL | #9jgEo1Cg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/308-385259e4