suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】12/1/14…ヒロト選曲:サー・ダグラス・バンド「CHICANO」「I'LL BE THERE」

12/1/14 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

THE KIDS ARE ALRIGHT / THE WHO


WHAT'CHA GONNA DO ABOUT IT / SMALL FACES


DJ・ツネ  「ザ・フー、『THE KIDS ARE ALRIGHT』に続けて、スモール・フェイセズ、『What'cha Gonna Do About It』をお届けしました。完全にモッドな流れですね。かっちょいいです。何回、何十回聞いても、かっちょいいっす。

ところでさ、先日ね、成人式も終わったこの時期。まあ毎年のことながら、受験シーズンにも突入ですね。昔はね、受験生に限らず、学生の夜のお供に欠かせなかったのが、このラジオだったんですけど。今、実際どうなんですかね。ラジオ聞きながら勉強する子とかいるんですかね。もうそんなスタイル古いのかな。i-Podか。やっぱり。ジョブスか。iPhoneか。それもジョブスか(笑) まあいいや。受験生諸君、「頑張ってますから」って言われそうだけど、頑張って。グッドラックです。

じゃあ次の曲はね、さっきかけたスモール・フェイセズの、『What'cha Gonna Do About It』の元ネタになった曲で。あと、クロマニヨンズのマーシーのね、もう20年くらい前になんのかな、そのソロライブの時にね、オープニングの曲でもあったナンバーですね。ウィルソン・ピケット、『EVERYBODY NEEDS SOMEBODY TO LOVE』」


EVERYBODY NEEDS SOMEBODY TO LOVE / WILSON PICKETT




ヒロト・コーナー 【 チャンコ・パンコ・テラックス 】

ヒロト  「みなさん、こんばんは。元気だったかなあ。甲本ヒロトです。今日のノリノリだよ。サー・ダグラス・バンドで、『チカーノ』」


CHICANO / THE SIR DOUGLAS BAND

ヒロト  「サー・ダグラス・バンドで、『チカーノ』聞いてもらいました。はい。テックス・メックスです。テキサスと、メキシコのなんかそういうのをごった混ぜにしたやつです。料理だと、あの~スパイシーなテックス・メックス料理とか、あるよ。音楽だとこういう、メキシコ特有の、マリアッジ風な、軽快なロックンロールみたいな。テックス・メックス。サー・ダグラス・バンドは、テックス・メックスのバンドです。はい。

ほんで、そういえばね、あの~僕たち、クロマニヨンズの今度のニューアルバムの中にも、ちょっとテックス・メックスを意識した曲があって、『メキシコの星』っていうんだけど。その中の歌詞に、“バリエンテ”っていう歌詞が出てくるんだよ。それはね、「勇敢な」だとか、「命知らずな」っていう意味なんだけど。うん。

そしたらね、偶然なんだけど、今バリエンテっていうルチャドール、プロレスラーですね。メキシコ風に言うとルチャドール。そのバリエンテっていうルチャドールが、今メキシコにいて、もうすぐ日本に来るよっていう情報を、もらったんです。去年の暮れです。でね、行ってきました。東京ドーム。1月4日の東京ドームのね、新日本プロレスの会場に、バリエンテを観に行ってきました。うん、楽しかったよ~。

そしてね、え~とラッキーなことにね、控室で僕は、バリエンテに会うことができてね、Tシャツまでもらっちゃったんだよ。なんか彼が着てたTシャツをぷりっと脱いでね、「プレゼンテ」って言ったんだよ。なんか嬉しかったなあ。なので、今度のアルバムに入る、入っている、『メキシコの星』は、後付けだけれど、バリエンテの歌ってことにしちゃおうかな。うん。嘘だけど。もう一曲聞いてください。サー・ダグラス・バンドで、『アイル・ビー・ゼア』」


I'LL BE THERE / THE SIR DOUGLAS BAND

ヒロト  「サー・ダグラス・バンドで、『アイル・ビー・ゼア』聞いてもらいました。非常にスタンダードな、カントリー風な曲で、こういうのも楽しいなあと思います。はい。また、バリエンテに会いたいなあ。甲本ヒロトでした。また来週。元気でね。バイバーイ。」




DJ・ツネ  「ヒロト、楽しそうだったねえ。彼のプロレス好きは有名ですけど、前にヒロト、実際メキシコにルチャ観に行ってんだよね。そん時、お土産でね、ルチャのミニチュアのマスクもらいましたけどね。

さあさあ、いよいよ我らがザ・クロマニヨンズ、待望のニューアルバム『ACE ROCKER』が来週1月18日にリリースになりますね。楽しみです。ジャンゴでもね、これまで何曲かオンエアしてきましたけど、リリース前の景気づけに、一曲行きますか。今日のラストです。ニューアルバム『ACE ROCKER』から、ザ・クロマニヨンズ『メキシコの星』でお別れです。」


(オンエア曲) ’12 1月14日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE

Comment

プール開き says... ""
書き起こし、いつもありがとうございます。
J-WAVEのは聴いてましたか?
今朝やったという定食話のが
ぜひ読みたいのですが(切実)。

自慢になっちゃいますが
マーシーの『EVERYBODY NEEDS SOMEBODY TO LOVE』は
実際にライブで聴いたことがあります。
ブルースブラザーズの映画の中でもこの曲は演奏されてて
わざわざレンタルして観たり。
カッコイイですよね、この曲。大好きです。
2012.01.21 19:03 | URL | #- [edit]
bambi says... "> プール開き さん"
J-WAVEのは聞けなかったんです・・・すいません。
定食話、気になりますね。

マーシーの「EVERYBODY NEEDS SOMEBODY TO LOVE」をライブで!?それは羨ましい!ほんとカッコいい曲ですよね。
スモール・フェイセズの方のカバーなのか、ピストルズのを最近聞いてビックリもしました。http://youtu.be/vtxj7uaunJ8
2012.01.22 18:32 | URL | #9jgEo1Cg [edit]
親子馬 says... ""
いいですねぇ。アナログ盤の解釈って、とても奥が深いもんですね。私はストーンズの「Everybody…」からの世代です。昔の楽器・楽曲は、どこかの箱から何か鳴っているような雰囲気でしたよね。だけど、そこに醸し出す物は未だに心踊らされますね。
2012.01.23 16:57 | URL | #- [edit]
bambi says... "> 親子馬 さん"
返信遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
アナログ盤の魅力は尽きないようですね。自分はレコードを聞ける機会があまりないので、ヒロトのコメントから想像して色んな曲を探って聴いています。
2012.02.02 02:07 | URL | #9jgEo1Cg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/385-8a23cb22