suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

渋谷に行った日記。

久々のクロマニヨンズ、渋谷AXでのライブ。

すんなり行けば間に合う計算のはずが、こんな日に限って駅の出口を間違えて、テンパった末に無用な遠回りまでしていた。ようやく着いた頃には、もうロッカーに空きはない・・・。開演15分前はさすがに厳しい。やっちまった。ロッカーに入れ損なうという、とんでもなく面倒くさいことを。

やっちまったもんはしょうがない。色んなことを後悔してると余計にテンションが下がりそうなので、平然を装ってそのまま入場。上着やらを脱いで服類だけ袋に入れ、フロアの隅に置かせてもらう。バックは持ったまま。ショルダーでもないからどうしようもない。せめて財布がポケットに入れば、そのまま放置しても良かったけど、さすがに貴重品が入ってるバックを投げ出せない。同じ音楽を好きな人たち、ライブに来てる人はみんないい人!とは全く思えない。悪い奴も含めてライブなのだ。

久しぶりに後方の端っこで待機。この景色がまた一番最初にハイロウズのライブで彼らを見た時の、景色と似ていたりする。色々ついてないのも、こうやって初心に戻ることに繋がってたりするのかな・・・と無理やり前向きに考えることで、何とかテンションを下げないように維持。しかし結局、バック邪魔だな。バック邪魔だな。この日は心の中でこれを100回くらい唱える、邪念だらけのライブの幕開けだ。



前説のお兄さんはオシャレハットを被って、妙にこじゃれた格好で登場。最初は久しぶりの前説にテンションが上がったけど、だんだん「ロックンロールの銃を撃て!」みたいな、妙な煽りが始まって、いつも通り冷めていく。お互い悪気はない。お兄さんは盛り上げてるつもりだろうし、こちらはそういうノリが苦手なだけ。カッコいい!と、ダセえ!は、意外と紙一重だ。ジェッタシーはダサいけど、ブランキーはカッコいい。そういうことだ。

ステージがあんまり見えずにぼんやりしてたので、気づいたら「ACE ROCKER」と書かれた幕がなくなってて、ステージ上にアルバムのジャケ写と同じツノ頭があった感じ。あの頭、藁が混じった土のような色でガサガサした感じで、遠目から見ると堆肥っぽい。ツノはなかなか迫力があるけど、先の方だけチラッと見えると巨大なバナナのようにも見える。全部気のせいだ。

(この後にセトリ、ネタバレ注意!)



TOUR 「ACE ROCKER 2012」
ザ・クロマニヨンズ @ SHIBUYA-AX 2/15


他には何も
欲望ジャック
バニシング・ポイント
ゴー ゲバ ゴー
シャイニング
ハル
ライオンとサンシャイン
連結器よ永遠に
ムーンベイビー
あったかい
スピードとナイフ
自転車リンリンリン
グリセリン・クイーン
底なしブルー
ひらきっぱなし
オートバイと皮ジャンパーとカレー
紙飛行機
エイトビート
雷雨決行
ナンバーワン野郎!

(アンコール)
ボッチ
ギリギリガガンガン
弾丸ロック




歓声に紛れていつの間にかメンバーも登場してて、「他には何も」でスタート。そこからくるか、という感情とドキドキが同時に。「欲望ジャック」はこんなに早くにやるとは思わなかったので、焦ってバックを足元に投げ出して、飛び跳ねる。モッシュは無理だ、なんだか空しい。カッコいい曲だけど、遠巻きに聞いてると音楽の密度が分散してしまってる気がする。

「バシニングポイント」は何ともクロマニヨンズらしいけど、ありがちな感じもして、アルバムの中ではわりとスルーしてた曲だった。が、ライブで聞くとこれが妙に染みる・・・。「熱狂の中 永遠を見たか」というフレーズがスッと心の中に入ってきて、不意に泣きそうになった。熱狂の渦が遠目に見える。永遠は見えない。見えないけれど、それが永遠なのかどうかが問題なんじゃない。永遠だと感じることで、人は幸せに近づけるのかもしれない。この曲が心に響いたあの瞬間はきっと、永遠だった。

上手くのれるか心配してた「ゴーゲバゴー」は、そんなに小難しいものじゃなく。単純にノリがいい。ただ「ババア」「ジジイ」を連呼するのはあんまり好きじゃない。みんないつか、ババア、ジジイになるのに。「シャイニング」はほのぼのと。

「ハル」で一気に感傷的になる。チラッと見えたヒロトの姿は、大事そうに大事そうに歌っていた。「お星様 お星様」にやられそうになる。なんかもう直視出来なかった。自分は一体何やってるんだろう感に襲われて、振り払って、心に蓋をする。「ライオンとサンシャイン」はライブで聞くと思ってた以上にカッコいい。

今回のアルバムの曲がひと段落して、ヒロトのMC。「LET IT BE」「勝手にしやがれ」「ラモーンズの激情」などのタイトルをあげて、昔のアルバムからの選曲へ。「連結器よ永遠に」は久々だったので、サビ行くまでは何ていう曲だっけ・・・と思ってしまった。あのエロい曲、ということだけはわかる。ノリはいいんだけど、ノリにくい。悩ましい。してやったりなのだろう。

「ムーンベイビー」はいつもはギターに痺れる曲だけど、今回はコビー側にいたせいか、スピーカーからの位置的なものなのか、重低音がビシビシ響いてきて心地良かった。この日は全体的にそうだった。耳がベースの音をたどってしまう。熱狂の渦が端の方にも押し寄せてきたので、カモンベイベー!もやりにくい。「あったかい」は思いのほかノリがいい。ほら、ステージ上のあのツノがバナナに見える。「スピードとナイフ」は身動きが取りにくくなってて、あんまり楽しめなかった。

次は曲の始まりでコビーのシャウト。何て言ったのか聞き取れない。ヘヴィーな感じのイントロで、何この曲・・・新曲!?と思ってたら、何となく聞き覚えのあるメロディー。「リンリンリン」あっ、「自転車リンリンリン」だ!と驚き。こんな曲だったっけ?こんな音だったっけ?もっとのんびりした感じの曲じゃなかったっけ?思いがけず、すげーロックに聞こえて、すげーカッコいい!!!!そこはかとなく漂う気だるさと、重々しい音が走り抜けてく感じ。リンリンリンなんてもんじゃない、ズンズンズン響いてた。

久しぶりに3rdアルバムからの選曲・・・ってことは、待望の「ぼうふら」も聞けるのでは!とちょっと期待してたけど、結局聞けなかった。でも久しぶりの曲って凄く新鮮に聞こえて楽しい。あまり固定せずに色んな曲やって欲しいな、としみじみ。ところで、「自転車リンリンリン」を改めて聞き直してたけど、コビーのセリフは何て言ってるんだろう。どうも「これ、猫使って運びますか」に聞こえるんだけど。猫を使って運ぶものって何!?

「グリセリン・クイーン」は、おお~!から始まるお馴染みな流れで。「底なしブルー」はやっぱりハープがめちゃくちゃカッコいいけど、モッシュ出来ないもどかしさからどんどん暗雲たる気持ちに・・・。「ひらきっぱなし」「オートバイと皮ジャンパーとカレー」「紙飛行機」と、盛り上がるはずの曲が余計にしんどい。沸いて出てくるダイバーを冷やかにあしらいながら、今日一日の後悔の念と日々の憂鬱が積もって、もう明日にかけるから今日なんか終わってしまえ!と心の中で叫ぶ。

「エイトビート」でちょっとしんみりさを取り戻して、続く曲のイントロに揺るがされる。ギターと歌から始まる「雷雨決行」。コビーは手を頭上でブラブラさせて、その奥にチラリと見えるヒロトは、前のめりになって歌っていた。表情までは窺い知れなかったけど、充分すぎるほど全身で歌っていた。その姿を見た瞬間、歌の中に入り込んでしまって、曲が染みる染みる・・・。軽く飛び跳ねながら、歌を口ずさんでいたのだけど、途中で息が詰まって声にならないくらい、涙してしまった。気を抜いたらマジ泣きしそうなくらい。グッと堪えた。ライブで本気で泣く人なんて本当にいるの?と思ってたけど、いるね。

続く「ナンバーワン野郎」は、曇りのない真っ直ぐさがしんどく聞こえるかと思ったけど、「雷雨決行」の後ではこれまた染みた。余韻なのか、流れがいいのか、気持ちの問題なのか。以前ライブで聞いた時より、深みが出てきたような、どことなく哀愁を感じた。哀愁という感覚で合ってるのかわからないけど、何か進化してる気がした。イエー!という掛け合いも、意外と自然に身体が動いて楽しい。

アンコールでは「エース!ロッカー!」の掛け声が。へえ~。そんなことになってたのか。ほお~。「ボッチ」はのんびりとして心地良い。今日初めてやったので80点くらいです、みたいなことを言ってて、毎回そう言ってるんじゃないかと思ったけど、どうやら本当に初めてだったらしい。貴重だった・・・のかも。「ギリギリガガンガン」はモッシュが出来ないのでこれまたもどかしい。やっぱりタリホー終わりなのかなと思ってたら、まさかの「弾丸ロック」で終了。激しい系の曲はとにかくダイバーが凄かった。



やはりロックンロールは机上で聞いてるだけじゃダメなんだ。i-Podに繋がれて聞いてるだけじゃダメなんだ。部屋の中で一人で考え込んで、日々の憂鬱に追われてしがみ付いて、感じた曲の印象など当てにはならない。引きこもり気味のロック好きは、ライブに行くことを諦めてはいけない。絶対そこには何かがあるんだ。日常の中では、頭の中では、決して得られない何かが。絶対楽しまなきゃ!なんて気負うことはない。音に身を任せて、自由に、そこにいればいいんだ。

変なノリをしてて気になる奴もいる。鬱陶しいダイバーもいる。ステージが見えなくてガッカリもする。思うように動けなくてイライラもする。ライブ中は負の感情も渦巻いてる。そこにロックンロールが聞こえてきた日にゃ、うわああああ!どうにでもなれええええ!どいつもこいつも××××してしまえー!!なんて思ったりもする。きれいごとじゃ済まない、衝動や欲望がむき出しになる。飛び跳ねて、腕を突き上げて、それでも気が済まなくて誰かにぶつけたり、ぶつけられたりもする。

落ち込んで、楽しくて、ムカついて、笑って、泣いて、目まぐるしい。それがライブなんだな。それが人生なんだな。ステージ上の様子もヒロトもMCもほとんど覚えちゃいない。クロマニヨンズ最高!ロックンロール最高!ヒロト、カッコいい!マーシーカッコいい!と・・・単純に言えるのが、健全な感想なんだろう。素直に言えない自分は、ロックに背いているのか。だけど、楽しい!カッコいい!と思える瞬間があったのは、確か。



逃げるように会場を後にして、ヤケ酒でもしてやろうかと思ったが、悲しいかな酒飲みじゃない。クロマニヨンズのことなど明日まで忘れてやろうかと思ったが、ふと通りかかったサンクスに寄って、彼らが表紙のフリーペーパー「KARUWAZA STYLE」をゲットしてしまった。やっぱり好きなんだな。配布日からけっこう経ってるけど、まだまだラックの一面にビッシリ置いてあった。彼らの姿を見つけた瞬間の嬉しさと言ったら・・・もう憂鬱だったのもどうでも良くなって、ロイズのチョコ&ベリーのアイスを買って帰った。

「マツコ&有吉の怒り新党」を見ながら、こたつの中でアイスを食べるという至福の時。その後、怒涛のテレビタイム。「世界のみんなに聞いてみた」で、ジュニアさんが赤パンで熱湯風呂デビューしてたり。「負け犬勝ち犬」で、東野さんがサイコパステストで一番可能性があると言われてたり。「お願いランキング」行きつけの店で帰れま3で、COWCOW多田さんが岡村さんと訪れるというお店でさつま揚げを食べてたり。「にけつッ!」で、ジュニアさんがマチュピチュの旅行話してたり。

もう今日一日はこれでリセット。というか、色んなことが吹っ飛んでしまった。ヒロトの歌う姿と同じくらい、ジュニアさんの赤パンツ姿が印象に残ってる。ざまあみろ。明日がある。2日間、取って置いて良かった。なんだこの予備日感覚。今日は雷雨決行で、溺れかけた。明日は晴れ晴れしく決行しよう。遅刻しないようにね。

Comment

あう says... ""
すべてはバックですね。
僕はあの~去年のAXは開演前に渋谷のレコファンでレコードを購入してまして、それがロッカーに入らなかったんです。なので坂を少し登って裏口の搬入口が見える所の草むらに隠しました。その日は絶対に前の方で見ようと決めてたからです。そういう時はみんな優しい人たちなんだと信じました。
2012.02.18 22:23 | URL | #/5lgbLzc [edit]
すぅ says... ""
こんにちは。
荷物を運ぶ為のキャスター付きの台車を「猫」って呼びますよ。
機材の搬入、搬出や運送会社が大きい荷物を運ぶ時にも使います。

バイト中の一場面を表してるのかなって思います。
2012.02.19 14:18 | URL | #TY.N/4k. [edit]
bambi says... "> あう さん"
バックの野郎のせいです。いや、遅刻した自分のせいです。むしろ足元に置いて蹴飛ばしてたりしてた・・・バックよ、ごめん。

レコード、無事で良かったですね。ロッカーに入れずに置いておいた荷物の盗難って、リアルにけっこうあるようなので。小さいライブハウスとかだとロッカーがほとんどなくて、みんな脇に荷物を置いてたりもしますが、渋谷辺りはなんだか危険な匂いがしてます。
2012.02.20 07:22 | URL | #9jgEo1Cg [edit]
bambi says... "> すぅ さん"
コメントありがとうございます。
>荷物を運ぶ為のキャスター付きの台車を「猫」って呼びますよ
そうだったんですか!
そのままの意味で、猫の背中に何か載せて運ぼうとしてる冗談めいたセリフなのかと・・・猫の背中じゃ大したものは載らないよな・・・と思ってました(笑)
ちょっとした動物虐待を想像してたことを、深くお詫びしたいと思います(´・ω・`)
2012.02.20 07:28 | URL | #9jgEo1Cg [edit]
Maki says... ""
またお邪魔してます。一度下北沢でお会いしたMakiです。

今年は実家のある茨城県に彼らは来ないようなので
ちょっと残念です。
が、友人に会いに行くのも兼ねて今回は岡山までクロマニヨンズを、名古屋にFoo Fightersを観に行くことにしました。
Fooは大好きでカナダで去年2回観たんですが、
Zeppみたいな小さなところで観られるなんて日本しかない!と
血迷ってチケットを取ったしだいです。

ロッカー問題って重要ですよね???
岡山のライブハウスは500人以上入るようだけれど
コインロッカーは120個って書いてあったので、
泊まるホテルを近場で押さえて
ホテルから薄着で行くことになりそうです。

ではまた~。
2012.02.21 14:08 | URL | #- [edit]
bambi says... "> Maki さん"
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
>岡山までクロマニヨンズを、名古屋にFoo Fightersを観に行くことにしました。
これはちょっとした旅になりそうですね。

自分はフーファイターズ@Zepp Tokyoのチケットが取れなかったので、もの凄く羨ましいです!横浜アリーナは広すぎて微妙そうだし、チケ代も高いな・・・と思って結局買い損ねてしまいました。今回は縁がなかったと思ってスルーしようと思ってたんですが、やっぱり買えば良かったかなと少々後悔中です。
小さいところで観れるのもいいですが、カナダで観たというのもかなり羨ましいです!海外だとまた違った雰囲気になるんでしょうね。

ロッカー問題は重要です!地方のライブハウスは特にロッカーが少なかったりしますしね。冬さえ乗り越えれば、ホテルから薄着で何とか行けると思います。早く暖かくなってほしいものです。
2012.02.22 04:10 | URL | #9jgEo1Cg [edit]
Maki says... ""
昨夜実家からFooのチケットが届いたと連絡がありました。Zeppで170番台だそうです。前のほうで観られたらいいけれど、どうでしょうね。

私はドラムのTaylorファンなので、真ん中よりかは左右どっちかにずれたほうが、彼の顔が観やすいかな、と。

アリーナだと、多分北米ツアーで使ったセットを利用すると思うんですが、照明とビデオスクリーンを使った演出がかっこよかったので、これはこれで楽しいと思います。Daveの前に花道があって、結構Daveはそこを走り回ってました。

密かに何が楽しみかというと、彼らは1曲か2曲くらいカバーをやるんですが、それが何かなあってこと。たいていQueenとかThe Whoあたりのクラシックなものなんですが。

2012.02.23 22:01 | URL | #- [edit]
bambi says... "> Maki さん"
Zeppで100番台だったらけっこう前の方に行けると思いますよ。

アリーナにはアリーナの楽しさがあるとは思うんですけどね。どうもライブハウス(Zeppクラス)の大きさに慣れてしまって、大きい所だと逆に落ち着かなくなってしまいました。
でもセット、カッコ良さそうですね!何年も前にフジロックで観た時、Daveがステージから離れて真ん中の機材テント?みたいな所で歌ってて、凄く盛り上がってたのに姿が全く見えなくて・・・残念だったのを思い出しました。

カバーやってるんですか!The Whoのカバーとか見てみたい!
それは楽しみですね~。
2012.02.24 03:58 | URL | #9jgEo1Cg [edit]
Maki says... ""
くううう~。Daveの体調不良で、ツアー中止だそうで。
しばらくショックから立ち直るのに時間かかりそうだけれど、
クロマニヨンズに行くのを心の糧にします。
2012.02.27 13:12 | URL | #- [edit]
bambi says... "> Maki さん"
ええ~!マジですか!?お知らせ見たら・・・全部中止になっちゃったんですね。喉の調子が良くないようで、残念というか心配です。
きっとまた来てくれますよね!Zepp・・・じゃなくてもいいから、次こそはライブ見たいです。夏頃だったら調子も良くなってるのでは?という期待も込めて、夏フェスとか、サマソニとか!来てくれる展開になったら、凄く嬉しいんですけど。当分は難しいのかもしれませんね。
2012.02.27 13:43 | URL | #9jgEo1Cg [edit]
Maki says... ""
夏フェスは、いい案だと思います。

Summer Sonic (去年はRed Hot Chili Peppersが
出たんですよね!You Tubeで何度も観て、やっぱりJohnが
いないとなあ~と少し凹んだんですが)、いいですね。

Fuji Rockも何度かFooは参加してるし、
さすがにその頃には病状もよくなっているだろうし(希望)、
ギャラはいいらしい(と、RHCPのAnthonyの本にあった)し、
会場を手配する手間は省けるし、
いいんじゃないかしら。

ただ、今回はDaveたっての希望で
仙台でライブをする予定だったそうなんです。
本当は去年の春、アルバム発売に合わせて
プロモーション来日しようとしていたときに震災があったので。
できることならば、その願いはかなうといいなあ、と。
2012.02.27 22:02 | URL | #- [edit]
bambi says... "> Maki さん"
サマソニでレッチリ見ました!念願のレッチリだったので、個人的には大満足でした。
フジロック出演の方が有力ですかね。ギャラいいんですか!フェスのチケ代、高いはずですよね・・・。いや、見たいアーティストのためなら喜んで出しますけれども。
仙台はぜひ次回も公演予定に入れてほしいですね。デイブの思いを知って、胸が熱くなりました。
2012.02.28 04:28 | URL | #9jgEo1Cg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/395-54b1fc7b