suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

[ジャンゴ・バンゴ・デラックス]12/3/3・・・ヒロト選曲:トニー・シェヴェトン「A MILLION DRUMS」「DANCE WITH ME」

12/3/3 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト



DJ・ツネ  「今日は桃の節句、ひな祭りっつうことで、ガールズ、女性アーティストで行ってみましょうかね。今日のオープニング、ザ・クリスタルズ、『Da Doo Ron Ron』」

DA DOO RON RON / THE CRYSTALS


THE BOY FROM NEW YORK CITY / THE AD-LIBS

DJ・ツネ  「フィル・スぺクターがプロデュースのガールズポップグループでは、ロネッツと並ぶ人気だった、クリスタルズの『Da Doo Ron Ron』。フーのね、『さらば青春の光』のサントラでもお馴染みですよね。それから、モータウンから離れた、ホーランド=ドジャー=ホーランド・チームの手による、ノーザン・ライクなポップグループ。アド・リブズで『THE BOY FROM NEW YORK CITY』お届けしました。どっちもね、60年代のモッド・フリーク必須の、アメリカのガールズポップグループですよね。

じゃあ次はね、桃の節句のひな祭りの、可愛いイメージには程遠いんですけど。え~ソウルとか、ソウルフルとかさ、ブルースとか何とか、そんなジャンルとか括りなんてものを取っ払って、この2人の女性シンガーの歌を、続けて聞いてみてちょうだい。ジャニス・ジョップリンで、『PIECE OF MY HEART』。それから、ジョス・ストーンで、『SOMEHOW』。2曲続けてどうぞ。」

PIECE OF MY HEART / JANIS JOPLIN


SOMEHOW / JOSS STONE




ヒロト・コーナー 【 チャンコ・パンコ・テラックス 】

ヒロト  「みんな元気だったかなあ。甲本ヒロトです。元気だった人も、元気じゃなかった人も、ごきげんになるこのナンバー。聞いてください。トニー・シェヴェトンで、『ア・ミリオン・ドラムス』」

A MILLION DRUMS / TONY SHEVETON


ヒロト  「トニー・シェヴェトンで、『ア・ミリオン・ドラムス』聞いていただきました。いつものように、雑音が、パチパチと、入るのは、レコードの・・・古いレコードなので、申しわけないが、この番組のこのコーナーは、お許し願いたい!はい。申しわけないが。どんどんこういう雑音入りのやつも、かけていきますが。はい。よろしくです。うん。

ほんで、んっとこれは、最近ツアー・・・ずーっとまわってんですけれど、ツアー先の、街の、レコード屋さん、によく行きます。んで、今回、最近買ったやつです。はい。シングル盤で買いました。B面も聞いてください。トニー・シェヴェトンで、『ダンス・ウィズ・ミー』。」

DANCE WITH ME / TONY SHEVETON


ヒロト  「トニー・シェヴェトンで、『ダンス・ウィズ・ミー』聞いていただきました。え~この曲は、ドリフターズ・・・ドリフターズっつっても、志村けんさんとか、いかりや長介さんとか、加藤茶とかじゃないよ。そのドリフターズじゃなくて、コーラスグループ、黒人コーラスグループの、ドリフターズ。

その頃ね、リードボーカルが、ベン・E・キングね。あれですよ、あの~『スタンド・バイ・ミー』が大ヒットする・・・前の、ベン・E・キングさんが、ドリフターズで、リードボーカルだった頃だった・・・かなぁ?うん。この『ダンス・ウィズ・ミー』も、ヒット曲です。それを、トニー・シェヴェトンさんが歌っています。これもなかなかごきげんです。

はい。え~と、んっと、今回・・・の旅の中で、ある街の、あるレコード屋さんで、え~何枚かごきげんなシングル盤を、買ったので。雑音ばっちり入ったまんまですけれど、今週から、3週続けて、聞いていただこうと思います。それではまた来週。甲本ヒロトでした。バイバーイ。」

DANCE WITH ME / BEN E. KING and THE DRIFTERS


(オンエア曲) '12 3月 3日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/401-7b87adbc