suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

[東スポ映画]第12回エンターテインメント大賞・・・たけし審査委員長のコメント、博多華丸大吉・ダイノジ・友近の受賞コメント

CS・フジテレビONE 放送
第21回 東京スポーツ映画大賞 授賞式」 より

第12回 ビートたけしのエンターテインメント大賞
日本芸能賞 : 博多華丸・大吉、ダイノジ、友近



【 たけし審査委員長のコメント 】

たけし  「このところ、漫才の大会やったり・・・漫才のコンテストみたいなのあんだよ。それを見てね、なんかね、違う方向にちょっと行きすぎだなぁという感じがあって。テンポもいいし、若手のいいところもあるんだけど。それが全部規格されたような、よくあるパターンをそのまま・・・器用にこなす漫才が多い中、この二組は独自の形を持ってて。

特に華丸大吉さんは、別にペースが早いわけでもないし、ゆっくりでもないけれども、雰囲気がもの凄い良い雰囲気で漫才をやってて。ダイノジはダイノジで独特な世界を持ってる。この二人。

ただ、友近さんの場合はね、あれはもうとっくに表彰受けてるだろうと。もう大ベテランで、今出てくる若手の女の子って、目標が全部友近なのに、なんで今頃この人を表彰してるのかよくわからない・・・申し訳ございませんでした。たぶんスケジュールが合わなかったと思うんですよ。だからまあこの三組は、私が今、一番味が出てる時で、旬だと思うんで、今回ちょっと表彰させて頂いて。おめでとうございました。」

「THE MANZAI」ではあまり結果が振るわなかった博多華丸・大吉、ダイノジの二組を評価するたけし審査委員長。受賞の場とは言え、後輩の芸人に対して「華丸大吉さん」「友近さん」と敬称をつけてコメントしていたのが印象的でした。



【 受賞コメント 】

博多華丸・大吉

大吉  「本日は本当にこのような賞を頂けて、本当に感無量と言いましょうか、福岡でやってた頃から考えるとね・・・」  
華丸  「そうですね。」
大吉  「夢みたいなもんなんで。ただこのあと、ネタが出番がございます。これ以上ハードルを上げて、我々を見るのはやめて下さい。僕らはもうね、歳相応というか、肩ひじ張らないネタをやりますので、一つこのあとお付き合い下さい。本当に今日はありがとうございました!」

たけしさんのコメントを聞いていた際の大吉さんは、本当に感無量といった表情で。
受賞コメントは、乾杯の挨拶を努めるような感じで華丸さんの方がするのかと思ったら、大吉さんがしっかりその後のネタ披露を踏まえたコメントをしてました。誰よりもたけしさんに評価されて嬉しかったコンビの一つではないかと思います。

友近

友近  「皆様、水谷千重子でございます。今回はですね、東京スポーツ映画大賞という・・・ことでマネージャーからお話頂きまして。「スポーツ?なんて私やったことないのよ!」なんて言ったの!私あの~でも愛媛の頃はね、テニスをやってまして。愛媛のナブラチロワと言われておりました。まあそんなことはいいんですが。タケちゃんの賞に選んで頂いたということで、大変光栄でございます!本当にありがとうございました!水谷千重子でございました。」

あくまで水谷千重子のキャラでコメントする友近さん。流暢なスピーチで「タケちゃん」と言ってしまう辺り、言われたたけしさんの方が照れ笑いしてました。

ダイノジ

大谷  「この度は本当にありがとうございます。中学校の時から、僕はあの~本当にビートたけしさんのラジオを聞いてて。そして『ソナチネ』の舞台挨拶も一列目、一番前で見させてもらって。そんな一番の憧れの人、僕らにとってね、一番の神様である、ビートたけしさんからこんな賞をもらう・・・。大地さんもね、ビートたけしさん一番好きですよね。」
大地  「僕は正直とんねるずです。」
大谷  「ダメでしょ、それ言っちゃ。ここで言っちゃダメでしょう。」
大地  「ごめんなさい。そこは嘘つけないんです。」
大谷  「(たけしに)すいません。」
大地  「すいません。」
たけし 「(笑)」
大地  「とんねるず派なんで、僕は。」
大谷  「とんねるず派とたけし派で、今日がんばりたいなと思いますんで。吉本にいながらもたけしイズムで漫才をやっているつもりです!今日は良かったら温かい目で見て下さい。本当に今日はありがとうございました!」

とんねるず派とたけし派という何ともダイノジらしいやり取りに、たけしさんも思わず笑ってしまうほど。「吉本にいながらも、たけしイズムで漫才をやっているつもりです」との言葉に力強いものを感じました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/406-b483cb1a