suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】12/5/26…ヒロト選曲:ワンダ・ジャクソン「FUJIYAMA MAMA」+アニスティーン・アレン「FUJIYAMA MAMA」

12/5/26 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!
DJ : ツネ / ヒロト

ヒロト 「長崎の皆さん、お元気ですかあ?」
マーシー「お元気ですかー?」
ヒロト 「われわれは、ザ…」
二人  「クロマニヨンズだー!」
ヒロト 「8月26日、スカイジャンボリーに出るよ」
マーシー「出るね。」
ヒロト 「はい。スカイジャンボリーには、過去ね、クロマニヨンズは2回、出てます」
マーシー「うん。気持ちいいところだよね」
ヒロト 「あそこは、スカイジャンボリーがなくて、行っても、気持ちのいいところのなんです」
マーシー「そうなんですよ。はい」
ヒロト 「そこで、その上にロックンロールをやるわけですから、最高です」
マーシー「そうです」
ヒロト 「はい。それでは8月26日、稲佐山で、お会いしましょう」
マーシー「はーい」
ヒロト 「以上。ザ…」
二人  「クロマニヨンズでした」




DJ・ツネ 「すでにご存じのことでしょう。そして、冒頭のヒロトとマーシーからのメッセージの通り、この夏のスカイジャンボリーに、我らがザ・クロマニヨンズの出演が、決定しましたよー!いえー!

いや、さすがにね、発表前に言うわけにもいかず。でも、ジャンゴのリスナーさんには早く伝えたくもありーの。このもどかしさったらなかったわけですけどね。やっと解放されたって感じ。それにしてもまたね、稲佐山で、クロマニヨンズが見られるわけですよ。2年ぶり、3回目のスカイジャンボリー出現のクロマニヨンズ。(中略)

ちなみにね、スカイジャンボリーのチケットは、週明け28日月曜夕方4時からの『Spicy voxxx(スパイシーボックス)』で、どこよりも早い、そして500円オフとお得な、先行前売りチケットの予約受付けがありますんで。ここで確実に抑えてもらって。ちなみにこれ、先着順でね、規定枚数も設けてありますんで、お早めに。あるいは、翌29日火曜日のWEB先行チケット受付けで、こちらは抽選となってます。

オーケー!ハリケーン・ロックンロール・レディオ“ジャンゴ・バンゴ・デラックス”!今日のオープニング、もちろん、先日リリースになりましたね。そして、その日にライブだった渋公でも披露されたみたいですね、稲佐山でも聞けるといいね。我らがザ・クロマニヨンズのニューシングル、『突撃ロック』!」


突撃ロック / ザ・クロマニヨンズ

くじらなわ / ザ・クロマニヨンズ


DJ・ツネ 「我らがザ・クロマニヨンズのニューシングル、『突撃ロック』。それから久々ね、気まぐれに、『くじらなわ』をお届けしました。そう!で、今日はもう、祝・クロマニヨンズ、スカイジャンボリー出演記念スペシャル版と行きましょうかね。今日はなんと、ジャーン!プレゼントをご用意しておりますよーんだ。

クロマニヨンズのニューシングル『突撃ロック』の発売を記念して、あるいは、スカイジャンボリー出演記念でもいいや、ノベルティグッズのね、カッパ。雨ガッパです。レインウェアです。高橋君のバックプリント付きのね、超レアもんですこれ。あとでね、ブログに写真アップしときますけど。俺が欲しいぐらい(笑)これ着てフェスなんていいかもね。もちろんスカイジャンボリーにも。こちらのカッパを、1名様に!厳しい~。狭き門、ですけど、ジャンゴまでどしどしご応募下さい。

(中略)さっきのメッセージに「この曲を聞くたびに、心がザワザワします」とありましたけど。例えば、焼きついた夏の夕暮れの残暑とか、甘酸っぱい思い出みたいな、もんでしょうか。ザ・クロマニヨンズ、『サイダー』!」


サイダー / ザ・クロマニヨンズ



ヒロト・コーナー【 チャンコ・パンコ・テラックス 】

ヒロト 「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。まずは一曲聞いてください。ワンダ・ジャクソンで、『フジヤマ・ママ』」


FUJIYAMA MAMA / WANDA JACKSON

ヒロト 「ワンダ・ジャクソンで、『フジヤマ・ママ』聞いていただきました。はい。え~このワンダ・ジャクソンっていう女性歌手はですね、元々カントリー歌手で…したが、ん~と、エルヴィス・プレスリーのアドバイスにより、ちょっとこのワイルドな路線に、転向して、成功した人です。

ほんで、あの~、このワンダ・ジャクソンって人は、『レッツ・ハブ・ア・パーティ』っていう曲を、その…60年頃にヒットさせるんですが。ん~と、この、ワンダ・ジャクソンの『レッツ・ハブ・ア・パーティ』は、今、現在、クロマニヨンズの、ツアーの、BGMで、流れたりしています。うん。

ほんで、そう…それの、元は、エルヴィス・プレスリーの、『さまよう青春』っていう映画の中で、エルヴィス本人が歌っている、『パーティ』という曲、これが元になっていて。うん。後にワンダ・ジャクソンが、『レッツ・ハブ・ア・パーティ』として、ヒットさせます。はい。

だけどこういうのはその、ん~と、今度ツアーが全部終わってから、ツアーのBGM特集とかん時に、またかけられたらいいなあと思って、今日は、ワンダ・ジャクソンの別な曲、『フジヤマ・ママ』を聞いていただきました。うん。

ほんでね、実はこの『フジヤマ・ママ』もね、え~ワンダ・ジャクソンがオリジナルじゃないんだよ。うん。こちらを聞いてください。アニスティーン・アレンで、『フジヤマ・ママ』」


FUJIYAMA MAMA / ANNISTEEN ALLEN

ヒロト 「アニスティーン・アレンで、『フジヤマ・ママ』聞いていただきました。え~おんなじ曲でもね、こうやって色んなバージョンがあって楽しいです。はい。それじゃあまた来週。甲本ヒロトでした、元気でねえ。バイバイッ!」


(オンエア曲) '12 5月26日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/427-4bb1d71a