suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】12/6/23…ヒロト選曲:ラス・バラード「SINCE YOU BEEN GONE」+なかにし礼「時には娼婦のように」

12/6/23 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!
DJ : ツネ / ヒロト

Rocks Off / THE ROLLING STONES

DJ・ツネ 「ザ・ローリング・ストーンズ、『Rocks Off』お届けしてます。CMその他でご存じの方もいらっしゃるんじゃないですかね。前にも話したと思うけど、某飲料メーカーと、ストーンズのコラボアルコール飲料“ストーンズ・バー”が発売になりまして。CM見た?Charさんにチャボさん、あと50回転ズも出てたのはウケたね(笑)で、さっそくモチのロンで俺、全種類取り揃えてね、家に飾ってますけど。つってももらったんだけどね。あざーす。しかし、あのベロマークが付いてるだけでさ、こうも掴むかねって感じだよね。

(略)…つうわけで、今日はすっかりストーンズのノリですよ。ほんじゃお次も、つい先日リリースになったばかりのミニベスト的な選曲のシングル『Rocks Off』から、ライブではもう鉄板の盛り上がりナンバーですね。ザ・ローリング・ストーンズ、『Brown Sugar』」


Brown Sugar / THE ROLLING STONES




ヒロト・コーナー【チャンコ・パンコ・テラックス】

ヒロト 「みんな元気だったかなあ?甲本ヒロトです~。はい。まずは一曲聞いてください。ラス・バラードで、『シンス・ユー・ビーン・ゴーン』」


SINCE YOU BEEN GONE / RUSS BALLARD

ヒロト 「ラス・バラードで、『シンス・ユー・ビーン・ゴーン』聞いていただきました。え~この『シンス・ユー・ビーン・ゴーン』は、レインボーのバージョンが凄くヒットしたと思います。」


SINCE YOU BEEN GONE / RAINBOW

ヒロト 「え~と、あの~ハードロックの代表的グループ、ディープ・パープルの、リッチー・ブラックモア…さんが、そのディープ・パープルの後やったのが、レインボーで。そのレインボーが、ヒットさせた『シンス・ユー・ビーン・ゴーン』ですが、この『シンス・ユー・ビーン・ゴーン』を、作ったオリジナルの人は、ラス・バラード…という人です。

ラス・バラードという人は、60年代、ルーレッツとかにも参加したり、え~と、アージェントっていうグループにも参加したり、色んなことやりながら、人にも色んないい曲いっぱい作ってます。はい。他にもね、いい曲ほんといっぱいあるんだよ。うん。

でね、この曲を作った本人が、え~録音したバージョンで、この曲を聞いてみる、というのはなかなか面白いんじゃないか。と思い、今日は、ラス・バラード・バージョンで、『シンス・ユー・ビーン・ゴーン』を、かけました。僕はすごくいいなあと、思いました。うん。

ほんで、じゃあ例えば、こんなのはどうだろう?と思ったのはね、んっと、黒沢年男さんっていう人が歌っていた、『時には娼婦のように』っていう歌があるんだけど。これはなかにし礼さんっていう、作詞・作曲家が作られています。で、もちろんなかにしさんは自分でも歌ったりします。はい。なかにし礼バージョンで聞いてみたいだろ?俺。ということで、かけます。なかにし礼で、『時には娼婦のように』」


時には娼婦のように / なかにし礼

ヒロト 「なかにし礼で、『時には娼婦のように』聞いていただきました。すごくいい味わいのある、録音だと思います。いいテイクだなあと思います。はい。え~来週は何をかけようかなあ。元気でね。甲本ヒロトでした。バイバーイ。」


(オンエア曲)'12 6月23日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/436-06785e41