suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

クロマニヨンズの新曲「炎」を聞いて・・・止まらない胸のドキドキ。

クロマニヨンズの新曲「炎」がラジオで初オンエアしていた。
以下、歌詞を起こしてみた。


シャララ シャラララ・・・

読みかけの雑誌が 重なってく部屋で
永遠の夢を見る  
炎のように二人 このまま二人

僕らはただの友達じゃない
もうただの友達じゃないんだ

シャララ シャラララ・・・

激流の中で 強く手を握る
永遠に離さない
炎のように二人 このまま二人

僕らはただの友達じゃない
もうただの友達じゃないんだ

シャララ シャラララ・・・
炎のように


勢い任せな感想を少し。



ここ最近、クロマニヨンズの曲はあまり聞いていなくて
ブルーハーツを聞いては心を尖らせて。

久しぶりに聞いた、今のヒロトとマーシー。
スルッと耳に入ってきて、楽しげに心をさらっていく。

なんだろう、ドキドキが止まらない。
相変わらずのヒロトとマーシーの感じなのに。

どんな曲調だとか、どっちが作った曲だとか
そんなことどうだって良くなるくらい
音が歌がメロディーが心に触れる。

ずっと繰り返し聞いている。
ずっと頭の中で鳴っている。
ずっとドキドキしている。

久しぶりのこの感じ。
忘れかけていた何かが蘇ってくる感じ。

そうだ、ヒロトとマーシーが大好きだったんだ。
ブルーハーツが好きだったんだ。
ハイロウズが好きだったんだ。
クロマニヨンズが好きだったんだ。

今を生きるヒロトとマーシーが好きなんだ。
二人のロックンロールが大好きなんだ。

「シャララ・・・」と口ずさみ
「永遠」を歌う。

過去の曲の連想はたやすく
新しい衝撃ではないかもしれない。

彼らの曲は確認作業だ。

今も昔も変わらない何かを教えてくれる。
忘れていた何かを気づかせてくれる。

「炎」は確かな内なる炎で
「二人」はきっと永遠に近い存在で
「ただの友達じゃない」は決意にも似ていて

感動でもない
感傷でもない
このドキドキ

湧いてくるのは涙じゃなくて
じわじわとした力。

二人に比べたら吹いて消えそうな炎を
胸に秘めて

そうだ、生きるんだ。
今を生きるんだ。
永遠の夢を見て、笑うんだ。

ああ、クロマニヨンズのライブが見たい!
それが生きるってことだろう?

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/467-0d084214