suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【Hi-HiのANN0】12/12/6…THE MANZAI ワイルドカード決定戦進出「いろんな事が思い通りになったらいいのになあ」

2012年12月6日 ニッポン放送 【 Hi-Hiのオールナイトニッポン0 】 より

「THE MANZAI 2012」で決勝進出はならず、ワイルドカード決定戦に進出したHi-Hi・・・

上田  「18位ですよ。僕らねえ。決勝18組だったら行ったんすけどね。惜しかったな(笑)」
岩崎  「フフフッ。まあそんな都合良くはいかないですけど。」
(中略)
上田  「いやいや、こっからですよ。ワイルドカードから行ったるよ!なあ?」
岩崎  「だからこっから・・・逆にドラマですよね。」
上田  「そうだよ。またドラマ作っちゃおうぜ!」
岩崎  「あら。」
上田  「おお。ワイルドカードから行ってよー。そっからよー、3位に入ろうぜ!」
岩崎  「優勝しましょうよ(笑)」
上田  「ハッハッハッ。」
岩崎  「そこまで行ったなら、頑張って。」
上田  「1本に集約してっから。今から言っとくわ。2本目なんかやる気ねえぞ!俺たち。1本目に全部入れてっかんな!」
岩崎  「ハッハッハッ。もしかして決勝の決勝行ったらどうするんですか?」
上田  「謝るよ!」
岩崎  「ハハハッ。4分間?」
上田  「おお。そして「まめまめ・・・」やるよ。決勝の決勝行ったら(笑)」
岩崎  「それ伝説ですねえ。」
上田  「行ったるよ、もう!1本に全部集約してっかんな。」
岩崎  「隣で見ていたい、それは。」
上田  「そうだよ。次のことなんか考えねえぞ!破天荒なんだ、俺は。ダメだ、破天荒キャラの人いたわ。吉村君っていう。」
岩崎  「そこはダメですね、被っちゃいますね。」
上田  「平成ノブシコブシと被っちゃう。」
岩崎  「とりあえずですね、16日ですか、決勝は。」


THE MANZAI 2012 決勝大会 フジテレビ系列にて生放送!
2012年12月16日(日)17:30~19:58

上田  「見てろー、みんな!キッズのみんな!」
岩崎  「頑張りましょう。」
上田  「行ったるかんな、このやろう!岩崎は行かないけどな。」
岩崎  「いやいや(笑)それ漫談になっちゃう。俺も行くから、それは。」
上田  「ああ、そうか。」
岩崎  「「はい、はい」って聞いてますからね。今回はちょっと早いんですよね、時間がね。」
上田  「そうなんですよ。5時半ね、ちょっとあれがあって、選挙が。」
岩崎  「夕方の5時半から2時間半?ですかね。」
上田  「だったらねえ、決勝18組でやってくれたらいいのにねえ。」
岩崎  「フフフッ。いや、それじゃ時間が収まんない。」
上田  「都合良くいってくんねえかなー、そういう。人生。」
岩崎  「無理ですよ。」
上田  「ヒロトが言ってたけどなー。色んなことが、思い通りになったらいいのになーつってな。」
岩崎  「ああ、歌の一節でありましたけどね。まあね、切ない話になってきますからね。」


THE BLUE HEARTS / 少年の詩


「いろんな事が思い通りになったらいいのになあ」

ブルーハーツのヒロトの言葉を時々引用するので気になってしまう。THE MANZAI に対する意気込みを威勢よく語る上田さん。例え、空元気でも、前向きな言葉をブッチギリで言ってくれる所にグッとくる。頑張れ、Hi-Hi!キッズリスナーは応援してるよ!面白くてカッコいい漫才をまた見せてくれ!




その後、メールテーマ「ギネス記録の新カテゴリー」で、ドタキャンしたタトゥーの代役はどうですか?とのメール。現在の世界記録はたぶんミッシェル・ガン・エレファントの1回だと・・・

上田  「これどこまでほんとで、どこまで嘘のメールがわかんない。ほんと?ミッシェルなんかやったの?・・・ああー!そうかそうか。」
岩崎  「Mステで。」
上田  「昔あったね!そうだ。タトゥーは1回でしょ?ミッシェルないでしょ。ミッシェルも?・・・あっ、ミッシェルがフォローしたのか。「あっ今、ちょっとあのね~」みたいな、埋めたの?チバさんが?」
岩崎  「いや、わかんないけど(笑)」
上田  「「まあね、そんなこと言ってますけど、タトゥーがね、ちょっとね」つって。」
岩崎  「いやいや、そんなんじゃない(笑)」
上田  「あんなロックンロールな人が?」
岩崎  「そんな芸人口調じゃないでしょうけど。」
上田  「あんなロックなのに、ミッシェルが?」
岩崎  「まあなんか歌ったりとかしたんじゃないですか。」
上田  「なんだろなぁ。小話で繋いだのかな・・・」
岩崎  「小話じゃないと思うけどね。でも1回、2回やんなきゃいけないってことですからね。」
上田  「そうか。なかなかないねえ。」
岩崎  「いや、代役ってやっぱ難しいですよ。」
上田  「難しいよ。」




何度だって見たい伝説の夜。ミッシェルがタトゥーの代役を務めたのなんて知ってて当然!とは言わないけど、ロック好きなら知ってそうなことを意外と知らないHi-Hiの2人。ミッシェルは急遽もう1曲頼まれて「ミッドナイト・クラクション・ベイビー」を披露した。めちゃくちゃカッコ良くて、ファンだった自分はテレビの前で歓喜に震えた。

キッズは伝説の夜を待っている・・・

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/473-a9ffef96