suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【爆笑問題カーボーイ】13/3/5…「アメフトとオードリー」の話

2013年3月5日 TBSラジオ
「JUNK 爆笑問題カーボーイ」

スポーツキャスターをやるタレントへの批判の話から、アメフトの番組をやっているオードリーの話へ。




太田 「『中居、黙れ』って書いてあったね、こないだ東スポに。あれ酷いね」
田中 「あれは酷いよ~。WBCの」
太田 「はははは、かわいそうだよね」


■【WBC】中居黙れと野球ファンバッシング 亀梨のほうがまし - 東スポWeb
“ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンドに進出した侍ジャパン。格下相手に苦戦し、ファンを心配させたが、お粗末な試合内容以上にファンをイライラさせたのが、公認サポーターであるSMAP中居正広(40)だ。テレビ中継での解説者気取りの言動にネットで大バッシングが巻き起こっている。”

田中 「あのね、それ俺もほらタレントで、そういうスポーツニュースとかやってるじゃない?やっぱり、そのスポーツ好きの中では、タレントとかが」
太田 「しょうがないじゃんねえ」
田中 「要はほらプロ野球のほんとのね、解説の人とかが、言うにはいいんだけど。お前、野球の専門家、プロ野球選手でもねえのに、そういう」
太田 「部外者が、でしょ。だから俺が太田総理やってる時もそうだもん」
田中 「そうそうそう。同じですよ」
太田 「政治に」
田中 「口出すなと」
太田 「それがいいんだよなぁ」
田中 「そうなんだけど。やっぱりね、そういう人は多いですよ。だから、じゃあね、野球中継を、全部」
太田 「全部スポーツ選手、見ないよそんなもん」
田中 「だけでやるかって話になるわけですよ」
太田 「だってそれは、普段見ない客も拾う…ためにやってるんだから」
田中 「そういうのもあってね。中居君なんて、そりゃもうね、野球人気の貢献度は凄いわけですよ」
太田 「1位ですからね」
田中 「1位か。俺が25票ぐらいの時に、中居君だけ5000票ぐらい取ってたりとか。野球好き芸能人と言えば?ってやつ。俺も上田も、スポーツニュースやってて、2人とも並んで、10位ぐらいでしたから」
太田 「そうだね。でも猫は?」
田中 「いや、それは…猫は、2位ですよ」
太田 「2位で」
田中 「1位がしょこたんで」
太田 「しょこたんで、ワンツーというね」
田中 「猫好きの芸能人と言えば?これは俺としょこたんで、ほとんどツートップ。2強でした」


■ 愛猫家が選ぶ猫好き有名人1位は? - 日経ウーマンオンライン
“現在猫を飼っている全国の15歳から79歳の男女500人に、猫好きだと思う有名人を選んでもらったところ、「中川翔子」(32.0%)が首位に選ばれた。
2位は、猫を2匹飼っており、テレビ番組で語る猫好きエピソードが印象的な「田中裕二(爆笑問題)」(31.0%)だった。3位に「杉本彩」(20.0%)、4位に「柴咲コウ」(18.0%)、5位に「タモリ」(13.8%)と続いた。”

太田 「なるほど。前田・大島、みたいな」
田中 「そうです、そうです。前田・大島ですよ。それはいいんですけどね。だからかわいそうだよね。まあでも、全部が全部そうじゃないんだけど」
太田 「だからさ、あれね、あの~俺 思ったんだけど。今、スーパーボウル、オードリーが、あいつら、毎年行って。あれスーパーボウルなんて一生に一度見れたら、儲けもんですよ」
田中 「そりゃそうですよ。凄いですよ」
太田 「あいつら、ここんとこ、連続で3~4年行ってますね」
田中 「その前はTake2もやってた時があって」
太田 「Take2がやってたな。あいつらほんとに素人、何にも知らないけど。オードリーは」
田中 「2人とも」
太田 「アメリカンフットボールやってから。で、また若林のが的確なんですよ」
田中 「ああ、そうなんだ」
太田 「うん。あの~「効いてるなぁ」みたいなことを言う…えっ何言ってんだろう?と思うんだけど。もう専門用語で、けっこう「圧力が効いてる」みたいなことをね、ディフェンスを見るんですよ。で、あのね、アメリカンフットボールって、俺はまだ…自分もやったことないし、そんな専門的な見方しないんで。めちゃくちゃ面白いんですけど。オフェンスをどうしても見るんですよ。ところがオードリーの2人っつうのは、ディフェンスを見てるんですよ」
田中 「まあね、自分たちが試合やってることを想像するんだろうね」
太田 「試合やってることを想像するのかなんか知んないけど。ディフェンスを見るのってね、ちょっとプロっぽいんですよ」
田中 「まあまあまあね。そうですね」
太田 「解説の人なんかもかなり、「見てください、ここ。このディフェンダーが効いてるから、こっちにパスが出なかった」とか「出れなかった」「こっちが効いてます」っていうのが、あるんですよ。それディフェンスのフォーメーションとかを、あっ「このフォーメーションで来た」ってなると、相当もっと楽しめると思うんですけど。あいつらはやっぱそれだから、凄いあの~的確なんですよね」
田中 「うん、うん」
太田 「今回の、今年のスーパーボウルがまあ、まれにみる…いっつもスーパーボウルって名勝負になるんですけど。まあミラクルですよ!ミラクルゲームだったんですよ。だからほんっとに面白かったと思うんだけど。ああいうのもさ、オードリーがずっとやってるわけだよ。で、まあアメリカンフットボールなんて日本じゃファン少ないから、何にも言われないかもしれないけど」
田中 「そうだね」
太田 「あれ例えばどんどん増えてってだよ、オードリーがやったら、なんでタレント出しやがって!って言われたらかわいそうだなと」
田中 「かわいそう。だから中居君も同じですよ。「今あの~ライトとか外野の選手たちが、あんまり前に出てきてないんですけど」みたいな、やっぱりそれこそ、同じですよ。守備位置のこととかをね。「相手チームの守備位置が今こうなんで」とか「これ 1ヒットで帰ってこれますね」みたいな、そういうのってやっぱ通っぽい見方なんですけども」
太田 「わかりやすくていいんだよね」
田中 「そういうのをね、やっぱり許さないとか」
太田 「ふざけんじゃねえ」
(笑)
田中 「だから俺とかが、スポーツニュースとかやってるだけで、もうふざけんな!っていう人はいっぱいいるわけですよ」
太田 「だったら音声消しゃいいじゃねえかって話だよな」
田中 「そういうことになりますね」
太田 「あっ、お前のスポーツニュースの話?」
田中 「いやだから例えばよ。俺もそうだし」
太田 「あっ、それはもっともだよ」
田中 「お前、毎週見てんだろ。お前、すげー見てんじゃん」
太田 「もっともですね、ほんとに。ふざけんな、ですよ」
田中 「あははははは(笑)」
太田 「お前に何がわかるんだ」
田中 「それそれそれ。それを、みんな言うんですよ」




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/504-3182ecfc