suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【第22回 東スポ映画大賞】エンターテインメント賞…ハマカーン、アルコ&ピースの受賞コメント

CS・フジテレビONE 「第22回東京スポーツ映画大賞授賞式より

2013年2月24日(日)に行われた「第22回東スポ映画大賞」の授賞式。東スポ客員編集長・ビートたけしが審査委員長となり、全国の映画祭の結果を基にしたノミネート作品の中から映画賞各賞を決定。その授賞式の模様を放送。



【 第13回 ビートたけしのエンターテインメント賞 】

たけし 「アルコ&ピースと、ハマカーン。こないだの THE MANZAI では凄かったな。あとは千鳥か。この3組が。運だな、ああなるとね。あとね、やっぱり実質的な決勝戦は、準決勝だったな。息切れした方が負けたって感じ。でも凄かったね。進化して。」


ハマカーン表彰

「表彰状、ハマカーン。あなたは東京漫才の実力派として、さらなる進化を見せ、THE MANZAI 2012 で優勝するなど活躍しました。ここに栄誉を称え、表彰します。ビートたけし」


たけし 「金持ちの方は、あんた?」
神田  「はい。」
浜谷  「いや、おれ貧乏な方みたいに言わないで下さいよ。」
(笑)
ガダルカナル・タカ 「なんで確認したんですか、今。」
たけし 「それで組んだんじゃねえのか?」
浜谷  「いやいや。僕はもう普通。中流階級です。」
タカ  「胸を張っての中流階級。」


受賞コメント

浜谷  「THE MANZAI を優勝して呼ばれたとは思っておりません。先日、東スポさんの一面を飾らさせていただきまして。それで呼ばれたと思ってますんで。その節はお世話になりました。東スポさん、今後ともよろしくお願いします。」
たけし 「どうしたんですか?東スポ。」
浜谷  「あの~こないだAKBライブにちょっと、出まして。お客さんとちょっと揉めまして。」
神田  「それが一面を飾りました。」
浜谷  「東京スポーツさんにあることないこと、いっぱい書いていただいて。」
神田  「後ほどネタの時にね、言ってやろうかと思ってます。」
タカ  「まあ、あることないことって言いますけど、東スポの場合きちっと、ないことしか書きませんからね。」
たけし 「東京スポーツの中ではまだエルヴィス・プレスリーは生きてる。」(笑)




アルコ&ピース表彰

「日本芸能賞、アルコ&ピース殿。あなたはシュールな設定のコントで、笑いを取って人気になり、THE MANZAI 2012 で3位になるなど・・・」


たけし 「これ3位なの?」
平子  「一応まあ・・・実質上の優勝みたいなところは・・・」
酒井  「優勝ではないです。」
タカ  「優勝は向こう(ハマカーン)」
(笑)
たけし 「まあいいや。「ビートたけし」と。アルコ&ピースというのは、どういう意味なの?」
平子  「名前の由来ですか?あの~こっちは「酒井」と言いまして、僕「平子」って言いまして。お酒の酒で英語読みして「アルコール」。で、僕は平子の平なんで、英語読みして平和の「ピース」で、アルコ&ピース。」
たけし 「ああ、なるほど。」
平子  「愛川さんと組めば、ラブ&ピースみたいになるっていうそういう・・・」
たけし 「アッハッハッハッ。色々小ネタを入れたりなんかして、ちょっとした会話の中にも入れちゃうのが凄い。」「漫才のスタイルを変えた・・・感じもあるよな。ちょっと新劇入ってたっていうのは、つかこうへい入ってたと。つかこうへいの芝居見てるようだったけど、あの短い間によくあそこの・・・何て言うんだろ、その芝居の世界に入れちゃったよね。」
タカ  「短時間で自分たちの世界に行きましたもんね。」
たけし 「うまいもんだと思って。」


受賞コメント

平子  「え~そうですね、本日の中で、唯一の無名枠だと思うんですけど。今日の受賞者の皆さんの中で、先月までアルバイトをやってた人が果たしているのかと。僕らはまさに先月で、この受賞をいただくということでアルバイトをやめてきまして、受賞にいたるわけでありまして。ビートたけしさんに作っていただいた、サクセスストーリーを、その目撃者に皆さんなっていただきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。ありがとうございました。」
酒井  「ありがとうございました。」




ハマカーン・授賞式前インタビュー

お宮の松 「東スポ映画大賞でネタやった人でまだウケた人、誰もいないの。」
浜谷  「でしょうね。対策練ろうと思ったんですけど、やめました。もうそのまんま・・・シアターDでやるつもりで。」「ノミネートされて非常に光栄です。ここで結果出さないのは、ゲスの極みでしょう。(周りの様子を見て)こういう感じになるんですね。」


ハマカーン・ネタ披露

東スポで一面を飾った話から。AKBのライブでお客さんに「おじさん」と言って、暴動寸前・ツイッター大炎上と書かれたが、実際に神田さんに来た苦情のリプライは4件。
浜谷「4件を大炎上にさせる東京スポーツ、まさに、ゲスの極み!」

5~6年前、神田うのの弟ということで裏一面を飾ったことがあるので、東スポの裏表を制覇。しゃべりながら終わるスタイルを、「恐れをなしたハマカーンは漫才を途中で切り上げて、逃げるように会場を去った」と盛って書かれたと。

(注:ネタバレ)(以下、敬称略)
「女子じゃねえだろ」ネタへ。朝飯にスコーンを食べるという神田。浜谷「それは丸ビルにいるOLの主食だぞ!」スコーンじゃない時はバゲット。浜谷「お前、丸の内から有楽町くらいしか移動してねえぞ」「新橋まで来いよ!」丸の内がスコーンだったら、新橋は食パン。食パンも食べるという神田だが、オーガニックのライ麦で出来た石釜焼きの食パン。浜谷「なんで銀座口で降りた?」「俺、ずーっとSL広場で待ってたぞ!」
マネージャーと3人で新橋で降りた時、おじさんすぎる浜谷を見失う。一方の神田についてはおばさんっぽいと指摘。そして会場に向かって、浜谷「あんたらもおじさんだろうが!東京スポーツ主催つって!東スポなんか見てんの、おじさんばっかだろうが!何をおじさん集まって、おじさんがやってさ。だいたいさ、こんなの若い子一個も興味ないだろ!おじ・・・私は一体何を言ってるんだろう。このくだりをAKBライブでやりまして、大炎上しました」



アルコ&ピース・ネタ披露

(注:ネタバレ)
万引きGメンのコント。平子「僕、万引きGメンやるんで、ちょっと万引き犯やって。俺、見てるから」酒井「・・・ずっと見てくれる?」平子「だから見てる。俺は物陰からね、万引き犯見てるから」酒井「俺だけ?」「ずっと?」「いっぱい見てくれるの?」BL風味のやり取りが続く。平子「取ったら、俺捕まえるから」酒井「ギュッて?」「ぶっとい腕で?」「きつーく?」「やるやる、やりたい!」平子「やりたいのベクトルが、俺とクロスオーバーしてないか?」「大丈夫?メディアの方もたくさんいらっしゃるぞ。東スポだから何でもありってわけじゃないからな」

ようやくコント設定に入るも、万引き犯役の酒井がずっと万引きGメン役の平子を見つめてるので成立しない。酒井「平子っちのこと、ずっと見たい!見たい!」と駄々っ子。平子「じゃあ考え方、変えましょう。一方的に見られる喜び。どう?悪くないでしょ?」ふっと笑顔になる酒井。平子「新しい扉、開いちゃう?閉じちゃおうか?」酒井「やだー、開いて!開いて!」平子「ずっと見てるよ。みんなが見てるよ、お前のこと」酒井「暗いとこ、行こう!」平子「舞台としてみんなに見ていただいて、そのご褒美として暗いとこ行けるんだよ。みんなそうやってんだよ、お笑いの人は」酒井「あの(今日もらった)賞金で一室取ろう。2人で行こう!」平子「僕もねえ、てんでこいつのお願いには弱いところがあるんですよ。じゃあ、けやきの間取ろっか」2人「どうもありがとうございました」



・ お笑いナタリー|「一発屋長い目で見て」たけし東スポ映画大賞で芸人を激励

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/508-0aca2171