suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】13/5/11…ヒロト選曲:ナイン・ビロウ・ゼロ「HOMEWORK」+ルー・ルイス「1-30 2-30 3-35」

13/5/11 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!
DJ : ツネ / ヒロト

~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト 「みんな元気だったかなあ?甲本ヒロトです。まずは一曲聞いてください。ナイン・ビロウ・ゼロで、『ホームワーク』」


HOMEWORK / NINE BELOW ZERO


ヒロト 「ナイン・ビロウ・ゼロで『ホームワーク』聞いていただきました。え~今のは、オーティス・ラッシュ…オーティス・ラッシュというブルースマンの、『ホームワーク』っていう曲を、ナイン・ビロウ・ゼロっていうグループが、激しく激しくカバーしたバージョンなんですけどね。うん。

なんかねえ、ロックンロールを聞くとすごく僕は、元気になるんだよ。うん。あの~高校生とかね、中学生の頃も、学校行きたくねえな~と思う日でも、セックス・ピストルズを、でっかい音で聞いてね、うん。学校行ってましたよ。不思議だね。だって、えっと、ジョニー・ロットン…が、えっと、「デストローイ!」ぶち壊せ!って叫んだり、「ノーフューチャー・フォーユー!」お前らに未来なんてねえんだよ!っていう、叫んだ時、僕らを元気にしようなんて絶対考えてなかったんだよな。うん。それでも、僕は、それをでっかい音で聞いて、「よーし、行くぞ!」って学校に行ってたし。そう思います。え~だもんでね…だもんでじゃねえか(笑)実は僕も、え~誰かを、元気にしようとか、誰かを勇気づけようとか、そんな気持ちで歌を作ったことは、一度もありません。え~誰かを、元気にしようとか、誰かを勇気づけようとか、そう思って歌ったことは、一度もありません。これからもないと思います。だけれど、ロックンロールが、人を元気にしたり、勇気づけるってことは、心の底から信じています。絶対疑ってないんです、そこは。うん。ロックンロール、カッコイーなあ!楽しーなあ!それでいいんだと思います。

…あれ?何言ってたんだ、俺。はっはっはっはっ。もう一曲聞いてください。ルー・ルイスで、『ワン・サーティー・トゥー・サーティー・スリー・サーティー・ファイブ』」


1-30 2-30 3-35 / Lew Lewis

(オンエア曲) '13 5月11日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/520-51644b26