suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

[ジャンゴ・バンゴ・デラックス]13/6/29・・・ヒロト選曲:トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ「TAKE ME HOME COUNTRY ROADS」「SAILING ON」

13/6/29 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

Rake At The Gates Of Hell / The Pogues


涙の俺一号 / ザ・クロマニヨンズ

DJ・ツネ  「ザ・ポーグス『Rake At The Gates Of Hell』に続けては、先日の博多ロゴスでも、もちろんやってくれましたー。我らがザ・クロマニヨンズ、『涙の俺一号』をお届けしました。

いややっとね、“ザ・クロマニヨンズ ツアー 2013 イエティ 対 クロマニヨン”のライブ見れましたよ。え~23日の日曜日にね、行ってきたんですけど。いや~楽しかった!うん。まあ相変わらずシャープで、ストレートで、むき出しのパッションと、どこ切り取っても、無駄のないステージでしたけどね。

オープニングの『突撃ロック』に始まって、途中『ACE ROCKER』からの3曲を挟んでね、ほぼ、『イエティ 対 クロマニヨン』のアルバムの曲順通りにね、最近のヒロトのお決まりのMCの、アナログ盤のA面B面に例えた曲ふりもあってさ。本編21曲、アンコール3曲の、あっちゅう間な90分でしたけどねえ。

いや~今回さ、50になったヒロトのライブを始めて見たわけですけど。まあ、何も変わんないよね、この人は。老いとかさ、衰え・・・とかね、わかんないよ本人は。自分では感じる部分もあるかもしんない。でもさ、あの~ライブ見ても、ほんと率直に思ったんだけど。ヒロトの放つ、そのエネルギーや、パッション、相変わらずだよねえ。ブレてないよね。全くブレてない。

ブルーハーツ、ハイロウズ、そしてクロマニヨンズとバンドさえ変われども、ヒロトもマーシーもね、もう25年ぐらい・・・?アルバムをリリースして、ライブやって、ずーっとその繰り返しでさ。そん中で一体、どれぐらいの人の心を動かしてきたんだろうか、って思ったりしてね。

そのロゴスの2階席はさ・・・2階で見てたんだけど。関係者席でね、一般の人は入れなかったんだけど、車イスの人とか、あと小さい子供連れの親御さんなんかも入れてもらっててね。あ~このお母さんも若い時には、ヒロトやマーシーからたくさんエネルギーもらったんだろうなぁ、なんて。楽しそうに拳突き上げて・・んの見てね、なんかちょっと微笑ましかったですけどね。

あと、10代20代の若い子も多かったんだけど、ここが凄いとこだよね。親父呼ばわりなんか微塵もさせないでさ、カッコいいと思わせる所はね。50の男の、なんつうの、なかなか、そう、思わせることが出来ない技だよね。ほんじゃあ、本編後半にやってくれた、ヒロトのブルースハープが、炸裂したこのナンバーを聞いて下さい。ザ・クロマニヨンズ、『底なしブルー』」

底なしブルー / ザ・クロマニヨンズ




ヒロト ♥ コーナー 【 チャンコ・パンコ・テラックス 】

ヒロト  「みんな元気だったかなあ?甲本ヒロトです。今日もね、夏をさきどりです。はい。毎年夏になると、トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズをかけていますね。聞いてください。トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズで、『テイク・ミー・ホーム・カントリー・ロード』」

TAKE ME HOME COUNTRY ROADS / TOOTS & THE MAYTALS


ヒロト  「トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズで、『テイク・ミー・ホーム・カントリー・ロード』聞いていただきました。はい。もうこれは、ジョン・デンバーで・・・ね。ジョン・デンバーさんですよ。はい。あとねえ、オリビア・ニュートン・ジョンのバージョンもけっこう、いいんすよね。はい。」

(オンエア外)
COUNTRY ROADS / OLIVIA NEWTON JOHN


ヒロト  「でも、僕は、え~このトゥーツ・アンド・ザ・メイタルズの、歌の、感じが好きなんです。この人の声とかね、歌い方とか、うん。なんかなんとも言えない、大好きなんです。前も言ったかもしれないけれど、この日はレゲエ界のオーティス・レディング。似てますね、歌い方が。はい。そんな感じです。

え~とお、じゃあもう一曲。おんなじね、このアルバムは、メイタルズの『イン・ザ・ダーク』っていうアルバムなんだけれども。その、アルバムの中からもう一曲聞いてください。トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズで、『セイリング・オン』」

SAILING ON / TOOTS & THE MAYTALS


ヒロト  「トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズで、『セイリング・オン』聞いていただきました。はい。いや~、楽しいねえ。はい。さあ今年はどんな夏になるのだろうか。みんなが幸せに暮らせるだろうかぁ。がんばっていこー。甲本ヒロトでした。また来週。元気でね、バイバイッ。」



DJ・ツネ  「久々にまともなヒロト・セレクトでホッとした人も多かったんじゃないでしょうか(笑)あの~ロゴスライブの時にはね、本番前に楽屋を訪ねて久々再会できたんだけど。え~去年のジャンボ以来だったかね。メイタルズは「ほんと久々まともなやつ選んだかもー」なんてヒロト笑ってましたけどね。

で、テーブルには相変わらずね、バナナホルダーにかかったバナナが、置いてあってさ。ヒロトはそのバナナ食いながら、「歌詞がいきなり飛んじゃうことがあるんだよー」なんて言いながら、セットリストの歌詞に目通してましたけどね。

ちゃんと真面目に取り組んでるヒロトと、片や!楽屋のテレビで、野球の交流戦やってたんだけど、そん時。「ああ~、ジャイアンツ負けちゃってるじゃーん」なんて言ってたマーシーで。限られた時間でしたけどね、しばし再会できてほんと良かったっす。やっぱ、カッコいいわ、2人。うん、ね。」

(オンエア曲) '13 6月29日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/540-ff583318