suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】13/8/31…ヒロト選曲:ローン・グリーン「BONANZA」+ハリウッド・パースエイダーズ「DRUMS A-GO-GO」

13/8/31 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

One Step Beyond / MADNESS


BLUE MOON / ELVIS PRESLEY


DJ・ツネ  「マッドネスのキラーチューン、『One Step Beyond』はね、今回スカイジャンボリーに初登場のスカパラが、やってくれたんだよねえ。いや~上がったよね、さすがに。ほんでスカパラに、KEMURIの伊藤さんが入ったりね。で、ラストのKEMURIの時にはまさかの、スカパラ乱入で、『PMA』だもんね。これはよそでは絶対見られないパフォーマンスだよなぁ。

それもそのはずね、あの~打ち上げの時にスカパラの谷中さんが言ってたんだけど、スカイジャンボリー初めてだったんだけど、東京スカパラダイスオーケストラね。でもそのオーディエンスの熱がとにかく凄かったって。これまで国内でも数々のフェスでやってきたけど、そのオーディエンスの熱や空気感はもうトップクラスだって。いや嬉しかったよね。そんな言葉もらってねえ。

それどころかジャンボリーは海外クラスだって。それもメキシコ。メキシコって海外でもね、客の盛り上がりがハンパないらしくってさ。だもんで、ラスト、トリを務めたね、KEMURIの時にスカパラ・ホーンセクションが乱入したわけだけど。このセッション、初めてだったらしいのね。当初は・・・その後の博多かどっかで、このセッションをやる予定はあったらしいんだけど、このジャンボリーのオーディエンスがそうさせたって。

いやほんと嬉しかったですねえ。数人、数十人ならまだしもさ、数千人で作り出す空気感ってさ、申し合わせてやれるもんじゃないじゃん。なんだったんだろうってすら思っちゃうよね。日本の西の果ての長崎って小さい街の、とある夏の一日の出来事だったわけだけどさ。あの会場にいた人たちは貴重な、そしてこれまで感じたことのない抑揚を経験したと思うよね。すげーな。

ほんで、え~次のエルビスの『BLUE MOON』は、まあベタですけど、今月はね、なかなか見られないブルームーンだったんだよね。もう過ぎちゃったけど。21日だったのかな。はっきりくっきり感慨深く拝ませてもらいましたけどね。まあ満月の時はたいがい分かるよね。なんか気配を感じて見上げるとたいがい満月なんだよな。

で、ひと月に、満月が2回あるその2回目の満月のことをブルームーンっていうのは、一番分かりやすいんだけど。でも今回のはあれだよね、もう一個のあの、1年を4つに分けるとさ、夏至と冬至と春分と秋分っていうね、4つに分ける分け方があるじゃん。このうち本当なら1シーズンに満月は3回なんだけど、4回満月が現れた時の3回目の満月もブルームーンって言うらしいよね。今回はそのパターンだったんだよね。

嫌いじゃないんだよね、この手の話。誰が決めたか知らないけどさ、数年に1回と言われるこの神秘の満月を、ブルームーンと名付けるそのセンス、嫌いじゃないね。それにしても、春分・秋分の日はそれぞれ祝日なのにさ、夏至・冬至はなんで祝日じゃないんだ?」




ヒロト ♥ コーナー 【 チャンコ・パンコ・テラックス 】

ヒロト  「みんな元気だったかなぁ?甲本ヒロトです。2曲続けて聞いてください。ローン・グリーンで、『ボナンザ』。そして、ハリウッド・パースエイダーズで、『ドラムズ・ア・ゴー・ゴー』」


BONANZA / LORNE GREENE


DRUMS A-GO-GO / THE HOLLYWOOD PERSUADERS


ヒロト  「ローン・グリーンで、『ボナンザ』。そして、ハリウッド・パースエイダーズで、『ドラムズ・ア・ゴー・ゴー』聞いていただきました。はい。何の脈絡もないです。え~日々聞いている、シングル盤を、適当に、聞いているその感じ・・・の僕の部屋の感じです。はい。

ところでね、あのみなさん、脇息(きょうそく)っていうものをご存じでしょうか。え~お殿様とかが、あの~座っていてその、脇に、置いて肘をかけたりする、時代劇なんかで見たことないかな?なんかちょっと、マクラが、上にくっついた台みたいなやつ。うん。

脇息ってものがあるよね。うん。脇息。覚えたかな。うん。この話は、ここでおしまいです。今日は脇息を知ってもらいたかったんです。はい。もう一曲聞いてください。ヒューゴ&ルイジで、『シェナンドー・ローズ』」


SHENANDOAH ROSE / HUGO & LUIGI


ヒロト  「ヒューゴ&ルイジで、『シェナンドー・ローズ』聞いていただきました。え~、今日は、脇息の話をしました。いまいちよくわかんないなぁと思う人は、ネットの検索とか、そういう方法もあるので。脇息ってなんなんだろう、っていうことをちゃんと、覚えていてください。来週に、続く。甲本ヒロトでした。元気でね、バイバイッ。」




DJ・ツネ  「(前略)ではでは、マーシーセレクトもいよいよラストになっちゃったね。この夏のね、セレクトはほんとに俺にはツボだったんだけど、みんないかがだったでしょうか。マーシーセレクト2013夏、これにて完結です。この夏を惜しみながら聞くのにね、とってもいい感じのナンバーですよ。サイモン&ガーファンクル、『SO LONG, FRANK LLOYD WRIGHT』でお別れです。」


SO LONG, FRANK LLOYD WRIGHT / SIMON & GARFUNKEL


(オンエア曲) '13 8月31日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/553-97f212b4