suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【スパローズの原宿神宮前芸人】13/8/31…キングオブコント準決勝後の話

2013年8月31日 sora×niwa FM 「スパローズの原宿神宮前芸人 より

ラジオの前日に行われた「キングオブコント」準決勝
決勝進出者発表後の話が面白かったので書き起こしてみました。

スパローズは残念ながら決勝進出できなかったため、「楽しんで人を裁く側に行きたい」とのことです。「ちくしょー!って叫ぶぐらい頑張ってたら、たぶん決勝行けるんでしょうね」という大和さんの言葉がなんだか印象深かったです。

今年は「金じゃないです」とスパローズからの提案(架空の話)を断った野田さん。鬼ヶ島を密かに応援していますが、他にも好きな芸人さんがたくさん出るので・・・一人でも多くの芸人さんが良い方向に進みますように!




森田  「俺らね、29日に受けたんですよね。いやもう鬼ヶ島のウケ方が尋常じゃなくて。」
大和  「そうですね。あと、さらば青春の・・・」
森田  「さらばもウケてて。で、あの~鬼ヶ島のね、野田が戻ってきたから、俺が野田に、楽屋にね、「決勝行ったー!」って叫びながら入ってってくれって言ったんよ(笑)もう全員ライバルですよ。他にいるのは、吉本の芸人さんからバーッていて。」
大和  「みんなもう真剣に見てる所に。」
森田  「したら、思ったより、俺の予想した以上に、野田がライブ終わりでウケてるし。ネタ終わりで。もうめっちゃテンション上がってて、MAXの声で「決勝行ったぁー!!」つったんですよ、楽屋入るなり。普通は、「おかしいやろ、こんなとこで言うの」みたいになるかと思ったら、ほんとにウケてたから、全員が拍手したんですよ。」
二人  「ハハハハハッ。」
森田  「「行った、行った」つって(笑)」
大和  「そしてまた去年もやった恒例の、決勝に、行く権利を今、降りるとしたら・・・」
森田  「辞退するとしたら。」
大和  「辞退するとしたら、いくらで辞退しますかっていう。」
森田  「そうそう。これあの~去年から始めたんすよね。」


(中略)

森田  「去年はでも固定してたんですよね。30万って最初言ってて。」
大和  「いや違いますよ。まず、あっそっか。30万円今すぐくれるとしたら決勝行かなくていいですって、言えるかどうかっていう。」
森田  「辞退できる?って。」
大和  「それで、ウケた度合いで自信をはかれるんですよね。」
森田  「そうそう。で、俺らはもう全然30万もらいます(笑)」
大和  「30万ならもう降りますって言って。そんなにまあウケはしたけど、そんな大したことなかったんで。」
森田  「去年、インジョンさんもね、今年は凄いウケてましたけど、あんまりだったみたいで、じゃいさんも「もらうもらう」みたいな。」
大和  「じゃいさん、「俺、5万でも降りれるよ」って言ったんすよね。じゃいさんやっぱギャンブラーですから、冷静な判断・・・してくるんですよね。」
森田  「で、鬼ヶ島の野田に聞いたら、「あ~!」つって悩み出したんですよね。」
大和  「「30万かぁ・・・もらえないですねえ」」
森田  「去年もすっごいウケてたから。で、去年発表で、鬼ヶ島決勝行けなくて、行けなかった瞬間に、みんなでバーッて一斉に帰るんですよ、行けなかったメンバーは。決勝組だけ残って取材があるんで。野田がバッて俺のとこ寄ってきて、「今から30万もらえますか?」つってきて。」
二人  「ハハハハッ。」
森田  「いやいや、架空の話やし(笑)」
大和  「架空の話だけど、それはあげれないって言ったんすよね。」
森田  「で、今年もね。」
大和  「今年めっちゃウケて、また野田に聞き言ったんですよ。「30万でやめるとしたら」「いや、やめないです」って言ってきて。「じゃあ、100ならどうする?」って言って、「金じゃないんで」って。」
森田  「ハッハッハッハッ!」
大和  「「じゃあ、200にしようか?」決勝行くかどうかだけの、やつですよ。200万ですよって言って。」
森田  「噂やけど、人力舎はたぶん賞金も、事務所と分けるから。あの~03さんが獲った時に、1人200万弱ですみたいな話してたから。」
大和  「100何十何万ずつ、確か。」
森田  「そうそう。賞金より多くもらえるよね、200万って。」
大和  「事務所がたぶん、400万か500万持っていって、それを3で割ることになるんで。他の人と全然違うんですよね、もらえる額が。だから、「200万だったらお前優勝したより多い額もらえるけど、それお前ほんとに想像してるか?」って言ったら、急に顔がプルプルし出して。「もう1回考えていいですか?」って。」
森田  「アッハッハッハッ!」
大和  「それでもう、すげー考えるからどっか行ってて。俺、サンドイッチ食べてたんですよ。」
森田  「ケイタリングで置いてあるね。」
大和  「したら野田がなんか急に、パッて振り返ったら真剣な顔で俺を見てて。「もらえません・・・。やっぱ、金じゃないです」」
森田  「アッハッハッハッ!」
大和  「「あっもう俺その話忘れてたわ」って。どんだけ本気で考えるんだっていう。」
森田  「けっこう悩んだよね。」
大和  「で、その次の日、発表・・・僕ら一日前の日だったから。」
森田  「そう。29日でね。で、30日に発表にまた、夕方から行ってね、昨日は。」
大和  「で、じゃいさんがまたいたんすよ。」
森田  「ああ、インジョンさん昨日だったからね。」
大和  「「僕ら、今年3万でも降りますね」とか言って。」
森田  「大和がね(笑)」
大和  「言ってみたんですよ。したら、じゃいさんが「今年・・・100万でどうしますか?」って聞いてみたんですよ。インスタントジョンソン、ウケてるって言ったら、「降りない」って言ったんすよ。」
森田  「おお~。」
大和  「落ちてましたね。」
森田  「わあ~!」
大和  「いや~期待してたんすよ、やっぱ。」
森田  「そうだよ。インジョンさんだってさ、2回戦がもうほんとに、1ウケじゃないかっていうぐらいウケたって聞いてて。行ってほしいよなぁ~、インジョンさんには。でさ、結局さ、昨日さ・・・まあね、許可なく話していいのかわかんないんすけど。」
大和  「はい。」
森田  「終わった後にね、あの~僕らはずんの飯尾さんと、エネさんと、ななめの岡安とかと、飲みに行ってね。で、たまたま同じ居酒屋に、しずるの村上君と、ラブレターズとニッチェと、夜ふかしの2人がいたんかな。」
大和  「個室だからもうバラバラで。」
森田  「で、俺らはキャッキャ言いながら、笑いながら飲んでたら。」
大和  「爆笑して。」
森田  「遠くから「ちっきしょおー!!」って聞こえてきて。」
大和  「あれ、こっち、笑顔で、飲んでたけど、本気で悔しがってる、飲み会が、どっかであってるんじゃないの・・・」
森田  「そしたら俺なんかもう、こんな美味しいデザートは出ないと思って、見に行ったのね(笑)」
大和  「そらそうですよ。」
森田  「で、顔はバレないように柵から最初覗いてたのよ。したらもうさ、しずるの村上君が、喉潰れてんのよ。ガラッガラで。で、ほんと悔しいわー!みたいな話してて。」
大和  「毎年残ってるし。」
森田  「で、俺を見つけて、「悟!!何見てんだ、悟ー!!」って村上君に言われてさ(笑)」
大和  「変な酔い方してんだ。」
森田  「そうそう。で、そこ全員から、「お前ら本気でこの大会来てねえだろ!」って言われてさ(笑)」
大和  「確かにね。俺も終わった直後とかも、やっぱ・・・なんか「ちくしょー!」って叫ぶぐらい頑張ってたら、たぶん決勝行けるんでしょうね。行ける可能性ももっと上がるんでしょうけど。」
森田  「まあね、やっぱそれこそ、THE MANZAIでいう磁石の永沢の涙だよね。」
大和  「そうですね。だから、やっぱ終わった後に、涙浮かべてる奴のチェックとか俺、やってますからね。ちゃんと。」
森田  「そうそう。俺もね、すっげーあのね、めっちゃ楽しいのよ。発表直前の芸人たちが、コンビで絶対座らせられるから、コンビの行動見てんだけど。俺がパッて横見たら、ジグザグジギーがね・・・リハーサルで説明があったの。もし決勝行って呼ばれたら、出てここでまず喋って、感想言ってはけて下さいみたいな。それをコンビ同士で、「こういって、ここであそこで感想言って、そのまま下手にはけるみたいだから」みたいな。」
大和  「あっそうとう自信ある。」
森田  「行く気だ、こいつ!と思って。で、呼ばれたから、スゲーなと思って。あとは俺はもう、ザブングル加藤の、毎年恒例で、最後ね、決勝発表会終わりますって締めた後に、「ちょっと一言いいですか?」ってザブの加藤が手挙げて。「いや~もう決勝決まって、色々あったんすけど・・・悔しいです!」っていう。」
二人  「ハハハハッ。」
大和  「それめっちゃウケるんすよね。」
森田  「今年タイミング遅くて、俺もうソワソワしちゃってさ。加藤まだ行かねえのか!みたいな。去年は隣で、加藤の隣で見て、ここだ!つって背中押したんやけど(笑)今年行かなかったからさ。ちょっと離れてたから。まあでもいいすね、ああいう、緊張する場ね。」
大和  「そうですね。やっぱ何人かもうちょっと興奮してる人いましたよね、半泣きみたいな人。」
森田  「そりゃそうでしょ。だって1年でね、人生変わるチャンスですから。こっからはもう僕らはね、楽しんで人を裁く側に行きたいと。」
大和  「そうですね。ほんと落ちたら、人を裁ける神になれるんですよね。」
森田  「こんなことないですよね。落ちた方が上に立つんすからね、最終的に。スパローズだけは票の売り買いをしますんでね。ハッハッハッハッ。買うことはないですけど、こちら側が。いや~でもね、楽しみですね。9月の23日かな?決勝。皆さんも良かったら見て下さい。」




キングオブコント2013公式サイト
9月23日(月・祝) 夜 7:00~10:54 生放送

【 決勝進出 】
1. うしろシティ (松竹芸能所属)
2. 鬼ヶ島 (プロダクション人力舎所属)
3. かもめんたる (サンミュージックプロダクション所属)
4. 天竺鼠 (よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)
5. アルコ&ピース (太田プロダクション所属)
6. TKO (松竹芸能所属)
7. ジグザグジギー (マセキ芸能社所属)
8. さらば青春の光 (フリー)

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/554-34db2e58