suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】13/10/5…ヒロト選曲:ポール・マッカートニー&ウイングス「Mrs. Vande bilt」「Mamunia」

13/10/5 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

Too Much Too Young / The Specials


King Of Kings / Jimmy Cliff


Higher The Monkey Climbs / Justin Hinds


DJ・ツネ  「秋の夜長の今宵、スカを楽しんで頂いてるでしょうか。オープニングからね、ライブバージョンでスペシャルズ。『Too Much Too Young』。それから、ジミー・クリフ、『King Of Kings』いい曲だよね。それから3曲目が、ジャスティン・ハインズ、『Higher The Monkey Climbs』お届けしました。

先の2組はね、スペシャルズ、ジミー・クリフ、説明不要でしょうから割愛させてもらうとして。そんなこと言ったら、ジャスティン・ハインズに失礼ですけど(笑)彼もね、ロックステディ期から活躍するジャマイカを代表する偉大なアーティストですけども。ドミノズ(The Dominoes)って、グループを率いて活躍した人ですよね。もう亡くなってますけど。

で、ストーンズを好きな人なら・・・ってかキースフリークの人なら知ってると思うけど、キースのプライベートレーベルから出た『Wingless Angels』ってアルバムは、このジャスティン・ハインズも加わって作られたアルバムですよね。

おっ、キースとレゲエ。これは匂うぞーって思って聞いてみたらビックリ。レゲエとは言い難い。とってもプリミティブな。で、キース曰く、オーガニックな、土着な、そのサウンドに驚いた人も多いと思いますけどね。興味がある人は聞いてみてはいかがでしょうか。」




~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト  「みんな元気だったかなあ?甲本ヒロトです。まずは一曲、ポール・マッカートニー&ウイングスで、『ミセス・ヴァンデビルト』」


Mrs. Vande bilt / PAUL McCARTNEY & WINGS


ヒロト  「ポール・マッカートニー&ウイングスで、『ミセス・ヴァンデビルト』聞いていただきました。えーとね、もうすぐ、ポール・マッカートニーが、来日公演を行うということで、え~盛り上がっております。はい。

ということで、ポール・マッカトニー&ウイングス、という、バンド名義で出されました、この『バンド・オン・ザ・ラン(Band on the Run)』というね、この人の、あの代表作って言われてるアルバムなんですけどね。うん。その『バンド・オン・ザ・ラン』の中から、『ミセス・ヴァンデビルト』かけました。はい。

もう一曲かけます。このアルバム、『バンド・オン・ザ・ラン』はいい曲ばっかりなので、困ってしまうんですけど。うーんと、聞いてください。ポール・マッカートニー&ウイングスで、『マムーニア』」


Mamunia / PAUL McCARTNEY & WINGS


ヒロト  「ポール・マッカートニー&ウイングスで、『マムーニア』聞いていただきました。えーと僕ははっきりと記憶にないんですけれど、このアルバムから、選曲する時は、たいてい、『ミセス・ヴァンデビルト』と、『マムーニア』この2曲になっているような気がするんですが。はい。今回もかけました。それではまた来週。元気でね、甲本ヒロトでした。バイバイッ。」




(オンエア曲) '13 10月5日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/568-60e0fb1a