suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】13/10/19…ヒロト選曲:サー・ダグラス・バンド「TEXAS TORNADO」「NITTY GRITTY」

13/10/19 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

Thousands Are Sailing / The Pogues


DJ・ツネ  「ポーグスで、『Thousands Are Sailing』お届けしましたー。その昔、アイルランドからアメリカへね、夢と希望を胸に、大西洋を渡った移民たちの現実を歌った名曲ですけども。この曲を作ったポーグスのギタリストの、フィル・シェヴロンがね、先日亡くなったらしいよね。まだそんな歳じゃないはずなんだけど。ガンだったらしいですけどね。合掌です。

ポーグスのライブは、まあ何度か見てますけど。ほらフロントマンがフロントマンじゃない?(笑)で、バックのメンバーの中でも線の細い感じだった・・・って記憶があるんだよね。フィル・シェヴロン。だもんで、どっちっつうと彼は主張するタイプではなくて。俺の中では、エレアコでね、当たり障りのないストロークを淡々とこなしてるイメージが、強いギタリストだったですけどね。

だからさ、あの~シェインが脱退した後に、ジョー・ストラマーをボーカルに迎えて来日した時のライブでさ、『London Calling』やったんだけど。その『London Calling』のイントロのあのリフをね、フィル・シェヴロンがやった時はなんか似合わなかったよな。(笑) 天国で、ジョーとまた、『London Calling』やったり、するのかな。」


LONDON CALLING / THE CLASH




~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト  「みんな元気だったかなぁ?甲本ヒロトです。今日の一曲目は、サー・ダグラス・バンドで、『テキサス・トルネイド』」


TEXAS TORNADO / THE SIR DOUGLAS BAND

ヒロト  「サー・ダグラス・バンドで、『テキサス・トルネイド』聞いていただきました。はい。え~、スポーツの秋、なのかどうか、わかりませんが、そんな話です。はい。えーとね、僕が通っていた、岡山県の高校には、岡山県高校生体操という、オリジナルの体操・・・があって、体育の授業で覚えさせられるんですよ。はい。

ラジオ体操のようなものなんだけども、オリジナリティーを出していかなければ、存在がなくなってしまう。かと言って、アクロバチックで困難な技とかを組み込むと、みんなでやるのは無理、ということになりますね。うん。その結果、仕方なくですよ。変な動きを採用せざるを得なくなったんだろうな、と思うんです。はい。

あの、ラジオ体操第2ですら、厳しい・・じゃないですか。なんか変だなぁっていう、動きがいくつか、入ってきますよね。なので、え~岡山県高校生体操ともなりますと、かなり、恥ずかしいことになってくるんですよ。うん。でね、中でもとびきり恥ずかしかったのは、あの地面にあおむけに寝転んで、片足を真上にピーンと上げるという動きで。これはまさに、『8時だよ全員集合』で、カトちゃんがやってた、ちょっとだけよ~のポーズ・・なんですよ。うん。

で、当然ね、それをやる時は、心の中で、「ちょっとだけよ~」「あんたも好きね~」とまああの、ギャグにしていたわけです。はい。でね、そんなふざけた心を、神様はちゃんと見ていたんだよね。その年の体育祭で、全校生徒代表として、一人、朝礼台の上で、左右逆バージョンの、岡山県高校生体操を、完璧に演じ切り、校長先生に、固く握手を・・・求められる、うん。そんなね、はめになるんです。

思えばね、あれが僕の初ステージ、だったんですね。たくさんの人の前で、すこーしたかーいところに立って、恥ずかしい格好の、へんてこな技を、次から次へ繰り出していく、という、後の自分の人生を、なんか決定させられた瞬間だったんかもしれませんね。うん。

そんでね、そん時ね、楽器も演奏したんです。はい。その時演奏した楽器は、体育の先生が首からぶら下げている、ひよこのような形の笛、でしたね。もう1曲聞いてください。サー・ダグラス・バンドで、『ニッティ・グリッティ』」


NITTY GRITTY / THE SIR DOUGLAS BAND


ヒロト  「サー・ダグラス・バンドで、『ニッティ・グリッティ』聞いていただきました。え~今日かけた2曲とも、この番組ではよくかかる曲だけれども、今日は特別、モノラル・バージョンで、モノラル・ミックスで、かけさせていただきました。それではまた来週。甲本ヒロトでした。元気でね、バイバイッ。」




DJ・ツネ  「(略)つーわけで、今日のラストです。ジョー・ストラマーとポーグスが共演したアレックス・コックス監督の映画『STRAIGHT TO HELL』のサントラからね。ザンダー・シュロス、『サルサ・ケチャック』でお別れです。この曲ね、好きなんですよ。

ちなみに、コステロとかね、デニス・ホッパーでしょ、あとジム・ジャームッシュとか、カート・コバーンと結婚する前のコートニー・ラヴとか、おもろい面子が出てる映画なんで、良かったらチェックしてみて下さい」


Salsa Y Katchup / ZANDER SCHLOSS




(オンエア曲) '13 10月19日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



STRAIGHT TO HELL. 1987


Straight To Hell Returns Trailer

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/572-10ab7056