suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】14/3/15…ヒロト選曲:ザ・ローリング・ストーンズ「LIVE WITH ME」「ALL DOWN THE LINE」

14/3/15 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

DJ・ツネ  「(略)先週の話になるけど、まさに、転がる石が、東京の夜に冴え返った夜だったわけですよ、これがまたね。いや~楽しかったっす。ザ・ローリング・ストーンズ 14 ON FIRE ジャパンツアー in 東京ドーム!うん。僕はツアー2日目の3月4日に観に行ったんだけど。何でも初日はキースがね、元気なかったって聞いてたもんで、ちょっと心配してたけど。元気だったしね。『Happy』やる前のしわくちゃの笑顔が印象的でね。またブルーのスカジャン着て、カッコいいって思わせる70のおっさんがどこにいるよ!って感じでしたけどね。

で、まあご存じのように、ストーンズ・ジャパンツアー3日間ともね、若干セットリストを変えてましたけども。その日は王道のオープニングナンバーの『Start Me Up』でスタートしてね。これは正直そこそこ読みが当たってね、おお~やっぱ来たかーって感じでしたけど。しかし今回はなんつっても『Silver Train』でしょ、やっぱり。ねえ、レア中のレアな曲聞けて、感激しましたけども。40年ぶりぐらいにライブでやったっつうじゃん。まさかね、って感じでしたけども。

ミック・テイラーも一緒にね。初来日の時にビル・ワイマンを観たけど、まさかミック・テイラーを観れるなんてねえ。これまた感激でしたけども。あと『Midnight Rambler』この曲ん時がね、僕、一番バンドが楽しそうにやってて良かったね。まあミック・テイラーの体型はね(笑)、見事なもんでしたけど。ミック・ジャガーの倍はあったもんな。でもその上行ってたのがリサ・フィッシャーだったけどね。彼女なんか来日のたびにデカくなってるよな。しかし、リサの『Gimme Shelter』でのパフォーマンスは圧巻でしたよね。あん時のオーディエンスのレスポンスは、ライブ中でメンバーの誰よりも一番だったんじゃない?

いやもちろん、お茶目な、チャーリーもね、ロニーのスライドも良かったけど。しかしやっぱ、ミック・ジャガーだよな。あの運動量、パフォーマンス、ね。霊長類最強、人類最強、ザ・ローリング・ストーンズのフロントマン張るだけのことはあるわって、再確認したよね。ロックンロールはもちろんだけど、凄く、ソウルを感じたしね。あの~来日のたびにメンバーは年とってって、もちろんそれを観る僕も年とっていくわけだけど。ライブの時の熱だとか、空気だとかさ、そんな伝わってくるもの、感じるものって何にも変わらなくてさ。若干ライブの時間が短くなったかなってのはあるけどね。

あとこの日は、PAがいまいちだったのがちょっと残念だったけど。あで~でも、俺はやっぱストーンズは特別で好きなんだよなぁってのと、ストーンズと同じ時代に生きれて幸せだよなぁってしみじみ思ったよ。やっぱ、生のライブにはかなわないよね。つうわけでまた一句。「転がる石、東京の夜に、冴え返る」by ツネ。(笑)オーケー!ハリケーン・ロックンロール・レディオ、ジャンゴ・バンゴ・デラックス!今日のオープニング、ザ・ローリング・ストーンズ、『Silver Train』」


SILVER TRAIN / THE ROLLING STONES


MIDNIGHT RAMBLER / THE ROLLING STONES



~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト  「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。今日の一曲目は、ザ・ローリング・ストーンズで、『リヴ・ウィズ・ミー』」


LIVE WITH ME / THE ROLLING STONES


ヒロト 「ザ・ローリング・ストーンズで、『リヴ・ウィズ・ミー』聞いていただきました。はい。ローリング・ストーンズの日本公演が全て終了し、とても楽しかったです。え~にっぽん、日本全国から、たくさんのお客さんが来ていました。うん。もうね、北海道から四国から九州からね、うん。あの~ホテルとか取らないでね、当日来て、コンサートを観て。んで、空港とか駅で時間を潰して、始発で帰って行く、っていう弾丸ツアーですね。うん。そういう人がたくさんいたと思います。

で、僕も何人が会って、ちょっとお話を、できたんですけどね。ほんとに楽しそうでね、心から、楽しんでいたし、幸せそうな顔をしてね、うん。ああこの人たちは・・・こういうことが贅沢なんだなぁって思いました。なんか思ったよ。贅沢と無駄遣いは違うもんね。だからなんかあの、ほんとに好きなんだかよくわからないで、ブランド物のバックとかいっぱい、借金とかしてまで買ってる人、とかはやっぱりちょっとやっぱ貧乏くさくみえるし。うん。あれは無駄遣いなのかなって、思う時も、あるなぁ。という、説教くさい内容の、トークをする、わたくし、え~すっとこどっこいが、次にかける曲は、ザ・ローリング・ストーンズで、『オール・ダウン・ザ・ライン』」


ALL DOWN THE LINE / THE ROLLING STONES


ヒロト  「ザ・ローリング・ストーンズで、『オール・ダウン・ザ・ライン』聞いていただきました。はい、楽しかったよ~。それではまた来週。甲本ヒロトでした。バイバイッ、元気でね。」




DJ・ツネ  「ストーンズのライブが終わった後に、ヒロトと飯食ってさ。興奮冷めやらぬ夜に、泡盛しこたま飲んでね、酔っぱらってな(笑)あと斉藤和義くんと、Leyonaも合流してね。ストーンズはもちろん、音楽の話をたくさんして、楽しい東京での一夜を過ごしましたけども。マーシーがちょっと都合つかなくて来れなかったんだけど、「『Silver Train』やったね~」なんてメールくれて。

そんなこんなで、東京の一日はあっという間に過ぎていったんですけど。その日の昼間に、僕の青春の思い出がたくさん詰まった下北沢にもちょいと足を延ばして。でもすっかり変わってたねえ、下北。昔住んでた四畳半のアパートはマンションに変わってるし、銭湯はなくなってたしでなぁ。とは言え、よく通ってた飲み屋で顔合わせてた写真家の、浅井慎平さんとかね、俳優の柄本明さんとか相変わらず普通に歩いてて。そんな、昔変わらない下北の日常見れて、それは良かったですけどね。

(略)そういやね、今回、ヒロトが・・・彼はよく自分で、缶バッジを作ってるなんて話を前、しなかったっけ?で、なんかちょうだいっつってたら、スティッフ・リトル・フィンガーズの、缶バッジを、何個かくれたけどね(笑)そうそう。まだしばらくはね、ストーンズの余韻に浸りそうですけども、次の来日はあるのだろうかなんてダメ元で気の早いことを思ったりしつつ、今日はこの辺で。じゃあね、また来週。お相手はコウダツネヒロでした。バイビー!」




(オンエア曲) '14 3月15日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/604-6722b239