suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

サム・クックを聴いている

まさかサム・クックが染みる日が来るとは…
思ってもみなかった。


ジャンゴの書き起こしをしたり、音楽について書いていると、音楽に詳しいと思われることがある。全くロックを聴かない人よりは多少は知っているかもしれないけれど、ロック好きな中では詳しい方ではないと思う。音に対するこだわりもあまりないし、たいていは爆音で聴ければそれで満たされてしまう。音楽は、どんな時にどんな気持ちで聴くか、が重要だと思っている。

かれこれジャンゴを4年近く聴いてきた中で、過去に何度か選曲されてきたサム・クック。それが先月流れていた時、妙に心に染みた。その時聴いていいなぁと思うことはよくある。しかし今回は心にずっと残っていて、再び聴きたくなった。ヒロトが紹介している曲が必ずしもピンと来るとは限らない。もっとロックンロールについて知らなきゃ!学ばなきゃ!なんてことはしたくない。聴きたい曲を聴きたい時に聴きたい。

R&B、ブルース、ソウル、ゴスペル、ポップス…ジャンルの認識も曖昧である。サム・クック、リトル・リチャード、オーティス・レディングなどは、優雅に暮らしている人が大層なオーディオで聴いているか、音楽好きの人がシャレたレコードプレーヤーで聴いているか、どちらかだろうと思っていた。まさかこんな冴えない日々の中で、スマホで聴いているラジオで、YouTubeで聴いてみた音源で、サム・クックが、ブルースが、ソウルが、心に響く日が来るとは思ってなかった。

嫌なことがあったらすぐに逃げ出し、ロックやパンクを爆音で聴いては現実逃避ばかりしている人生だ。好きな音楽はあれど、感性が曲がりくねって濁っていることは自覚している。自分がブルースについて語り出したら、自分に言いたい。なにカッコつけてんだ!そんな音楽わかるわけないだろ!わかってるふうな感じ、出してんじゃねえよ!パンクでも聴いて寝てろ!

しかし、音楽は人の心に平等だった。
誰の心にも等しく、時代を越えて、立場を越えて、響いてくる。
音質の差、聴いている状況、受け止め方はそれぞれ違くとも
全てを飛び越えて心を揺らす。

これはきっと音楽に限らない。ジャンルも関係ない。
文学でも絵画でも演劇でも漫才でも全ての表現は
それに出会った瞬間、誰の心に対しても平等なんだ。
そう思ったら、少し救われたような気がした。

豪邸の窓から見える月も、うらぶれた路地から見上げた月も、きっと同じキレイな月なのだろう。その感覚に近いのかもしれない。でも…それはやっぱり腹が立つな。金に目がくらんだお前より、俺が見ている月の方がキレイに決まってる!そう強がって、空に向かって石の一つでも投げてやりたくなる。そんな夜でもきっとブルースは降り注ぐ。

パンクロックは優しいから好きだけど
ブルースは平等だから好きだ。

カッコつけじゃない。
だって今もサム・クックを聴いている。



Sam Cooke - Twistin' The Night Away


Sam Cooke - Camptown Twist


Sam Cooke - Sugar dumpling


Sam Cooke - Having A Party


Sam Cooke - Another Saturday Night


Sam Cooke - It's All Right


Sam Cooke - All I need To Know


Sam Cooke - Blowin In The Wind at the Copa




ただただ楽しい気持ちになる曲から
思わず目を閉じて酔いしれてしまう曲まで
曲を聴いているその瞬間だけは、まるで深い霧が晴れるように。
一点の曇りもない、明るいイメージに包まれる。

音に全身を持って行かれる感覚。
ふと口をついて出た「すげえ…」という言葉のシンプルさに笑う。
自分が生まれる前の音楽に、ある日突然、感動できる。
まだまだこの先、他にも感動できるものがあるかもしれない。
楽しいものがあるかもしれない。

それって、希望だ。



【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】11/6/4…ヒロト選曲:サム・クック「TWISTIN' THE NIGHT AWAY」「SUGAR DUMPLING」
【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】13/3/30…ヒロト選曲:スティッフ・リトル・フィンガーズ「NOBODY'S HERO」「絶望の淵」
【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】14/5/24…ヒロト選曲:サム・クック「TWISTIN’ IN THE OLD TOWN TONIGHT」「CAMPTOWN TWIST」



Comment

ウィルコ says... "サム・クック"
サム・クック、わかります!
私もきっかけはジャンゴでした。
自分の中でのヒット率が高いジャンゴに信頼はありますが、全部が全部良いってことはありませんよねf^_^;)
でも、サムクックはまっさきに探しました。私もそんなに音楽に詳しくはありませんが、全く知らなかったサムクックをローリングストーンズと同じような感覚で好きになれて、良かったなぁと思います。
ジャンゴを聴けない日も、バンビさんのおかげで選曲だけはチェックする、というのを何年か続けて、車用マイベスト集も30枚を超えました。が、サムクックは必ず入ります。あの声は必ず入れちゃいます。
ところでレコード…聴く人のイメージってありますよね〜(^◇^;)
私もどうかな〜?と最初、半信半疑で8年?(笑)くらいかけて徐々に揃えました。気兼ねなく、暑くなく大音量で聴ける部屋をつくるのに5年(笑)という感じですが、はまってます。普段聴くのには、絶対ダウンロードやCDが楽なんですけど、なんか衝動的にレコードを買ってしまう、この感じは何なんでしょうか(笑)大事なやつはレコードにしないとっ!という、コレクターとかの感覚に近いのか…音の違いだけじゃないような気がしてます。。
2014.06.29 11:22 | URL | #- [edit]
bambi says... "> ウィルコ さん"
コメントありがとうございます。ジャンゴきっかけでサム・クック・・・という方がいて嬉しいです!
ウィルコさんは音楽好きなんですね、自分はどちらかと言うとラジオ好きなのかもしれません。もちろん音楽も好きなんですが、あまり深く追わないことが多いので。
レコード部屋でレコードを聴くの、実は凄く憧れなんです。あんまり余裕がないので、憧れてはいてもなかなかレコードまでは手が伸びなくて。妙なイメージはほとんどが嫉妬と強がりです;
ヒロトが語るレコードの話も大好きですし、タモリさんがラジオで話してたオーディオの話も凄く興味深かったりして、物質的な部分は全部想像力で補っています。
最近、サム・クックをレコードで聴いたらどんな風に聴こえるんだろう・・・!と凄く思います。ここまで強く思ったのは初めてかもしれません。いつかレコードで大事に聴いてみたいです。5年、8年かけて・・・先は長そうですね!
2014.07.02 09:51 | URL | #9jgEo1Cg [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/629-491531e0