suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】14/7/5…ヒロト選曲:ザ・プロクレイマーズ「I'M GONNA BE」+プルーデンス「A SMILE AND A RIBBON」

14/7/5 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

DJ・ツネ  「7月に入りましたね。かなり夏を意識できますけども。さすがにまだまだね、こないだの夏至もそうだけど、週明けの七夕もね、梅雨真っ只中っつうことで。なかなかね、お天道様にしろ、星や月にしろね、この時期拝めないんですけども。まあ思いを馳せるほど大げさではないにしろ、折に触れてっつうかね、ちょびっとだけ気にしつつみたいな感じですかね。

改めて、諸葛孔明じゃねえけどさ、晴耕雨読みたいな知的な生き方と、対して、甲本ヒロトの、雷雨決行のね、無的な、真っ直ぐ感みたいなものに日々、心を動かされてる、ツネ・48歳のこの頃ですけども。何言ってんだろうね(笑)

それはそうと、知的も知的なグッドニュースですよ。我らが、ザ・クロマニヨンズの8月6日リリースのニューシングルのオンエアが、なんと来週、7月12日のジャンゴで決定しましたよー。イエーイ!リード曲のね、『キスまでいける』は、九州初オンエアとなります。そして、カップリングの『突風野郎~愛のテーマ~』はなんと、全国初、オンエアになりますよ。えーい、しゃらくせえ、てやんでえ!っつうことで、2曲同時に、オンエアしちゃいます。」

「つうことは、この2曲同時オンエア・・も、全国初っつうわけですよ。どうよ?たまに、粋なことやるだろ?なんちゃって(笑)自称『ラジオ深夜便』に勝るとも劣らない、知的なジャンゴに、粋なジャンゴ、ね。なんて調子に乗ってっから、ワールドカップtotoもね、ことごとく外れてしまうってもんですよ。いや、いかんいかん。知的を公言する輩が賭け事なんてね。

さあさあ、今日も楽しく行きましょうかね。と思ったんだけど、先日ね、『チョコレートドーナツ』って映画を、観たんですよ。ゲイの2人とね、ダウン症の少年を取り巻く実話から生まれた、ラブストーリーと言っていいのかな。まあゲイにしろ、ダウン症の子にしろね、マイノリティではあるけども、その・・・自ら望んでゲイになった人間とね、片やダウン症を選んで生まれてきたわけじゃない少年っつうね。ストーリーは別にして僕はそこをずっと考えてたんだけど。映画観た人・・・はどう思ったかな?

最近は胎児の染色体異常がわかる、出生前診断がね、よく取りざたされてて。賛否はありますけども。で、そんなあの~ちょうどね、その映画を観た後だったか前だったかちょっと忘れたけど、うちはいつもラグを、まあ絨毯みたいなやつだけどね。そのクリーニングをさ、いわゆるクリーニング屋さんじゃなくって、その~障がい者の人たちの支援施設に、頼んでんですよ。で、その障がい者の人たちの自立への一環として、低料金でやってくれてるんだけど。こないだね、そのラグを、クリーニングが終わったんで、届けに来てくれたわけ。引率のその園の人とね。ダウン症をはじめ、障がいのある人と3人ぐらい・・・で来たのかな。でさ、「こんにちはー!」とか「失礼しまーす!」とか元気にいってくれるんだけど。最後にさ、「ありがとうございましたー!」って言った後に、「ちゃんと言った」ってその引率の人にアピールしてて。「お客さんの前でそんなこと言ったらダメだよー」なんて、怒られてたんだけど。まあ微笑ましいと言ったらちょっと、上からだけど、なんかピュアなものを凄く感じたんだけど。うん。映画を観たからどう・・・じゃなくて、日常に、僕らが日々気づかないことがたくさん、そして恥ずかしながら知らないことも、たくさんまだまだ、あるんだよなぁと、思って。そんなことを考えたりして。まあ適当に今の話は聞き流してもらって・・・ちょっと長くなったけど、仕切り直して行きましょうかね。

オーケー!ハリケーン・ロックンロール・レディオ、ジャンゴ・バンゴ・デラックス!え~その映画『チョコレートドーナツ』のね、エンディングで、シンガーを目指すゲイのルディが熱唱したディランの名曲を、今日は、ザ・バンドのバージョンで。今日のオープニング、ザ・バンド、『I Shall Be Released』」


I Shall Be Released / THE BAND


It's All Over Now / THE ROLLING STONES



~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト  「みんな元気だったかな?ツネちゃんもマークも元気かな?はい。甲本ヒロトです。このコーナー、今日の一曲目は、ザ・プロクレイマーズで、『アイム・ゴナ・ビー』」


I'M GONNA BE / THE PROCLAIMERS


ヒロト  「ザ・プロクレイマーズで、『アイム・ゴナ・ビー』聞いていただきました。はい。え~これはね、映画に使われてて。えっと、いくつかの映画に使われてるんだけど。僕はね、『天使の分け前』っていう映画で観たよ。はい。いい曲だなあ。スコットランドの双子、プロクレイマーズの、『アイム・ゴナ・ビー』。サブタイトルは、『ファイブハンドレッド・マイルズ(500 Miles)』とついています。はい。

あ、ところで、こないだね、宮古島のイベントに行ってきて。それはそれは天気も素晴らしく、え~気持ち良かったよ。ライブはね、どこでやっても、楽しいんだけれども、うん。えーと宮古島では、えーとね、海に入りました。楽しく泳ぎました。お魚がいっぱいいました。はい。そして帰りはね、沖縄、那覇で、知人に会って、え~・・・泡盛を、少々、いえ、少々ではないな。大大、いただきました。おいしかったです。ありがとう。うん。今年の夏、もうすぐ梅雨明けかなあ、まだかなあ。梅雨明けは夏休み、くらいかなあ。うん。楽しい夏に、しましょう。そして楽しい秋を、迎えましょう。そして、楽しい冬を過ごして、楽しい春を待って、一年中楽しくがんばっていこうねえ~。はい。

次もね、映画繋がり、んっと、『ゴーストワールド』っていう映画で、この曲がかかっていて僕は、とても喜んだ、曲です。聞いてください。プルーデンスが歌います、『スマイル・アンド・リボン』」


A SMILE AND A RIBBON / PRUDENCE


ヒロト  「プルーデンスで、『スマイル・アンド・リボン』。正しくはね、『ア・スマイル・アンド・ア・リボン』だって。はい。あの~これはペイシェンス&プルーデンスっていう、女の子2人兄弟、姉妹の、うん。1人、プルーデンスちゃんが1人で歌っていましたね。さっき、かけたのは、プロクレイマーズっていうのは、双子だったんだね。今日はそんな日でした。はい。それでは、長崎のみんな、それから、ツネちゃーん、マーク、また来週。元気でね。甲本ヒロトでした、バイバイッ。」




DJ・ツネ  「今日はヒロトも僕も映画の話になりましたけど。ちなみにマークってのは、夕方の『Spicy voxxx』でお馴染みの、且つこの番組のディレクションをね、長年やってくれてるマークのことです。波佐見町(はさみちょう)出身です。よろしくお願いしまーす。フッフッ。で、引き続き、スカイ・ジャンボリーのチケット一般発売中ですよ。合わせて、九州各地からのね、ツアーバスの方も、ソールドアウトになる前にお早めに。公共交通機関で来るのも大変だろ?それからオフィシャルの先行Tシャツ、フライングTシャツの受け付けも始まってますんで、こちらもどうか抜かりのないように。これ来てね、ジャンボリー当日まで、ウキウキワクワクしてちょうだい。(後略)」


(オンエア曲) '14 7月5日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



≫ 映画『チョコレートドーナツ』 オフィシャルサイト

『チョコレートドーナツ』予告編


≫ 映画『天使の分け前』公式サイト

『天使の分け前』予告編


≫ ゴーストワールド 公式ホームページ

『Ghost World』Trailer

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/635-747f6236