suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

2014 夏

今週末は、フジロックと27時間テレビがある。


5年くらい前に行ったフジロックも
27時間テレビと同じ日だった。

夜中、ふと気になって宿のテレビを付けたら
「さんま・中居の今夜も眠れない」が放送していて
不思議な気持ちになったのを覚えている。

毎年 27時間テレビを見ている日常と
フジロックを観に来た非日常と。

世界は繋がっていて、果てしなく自由で
突然、何でも出来るような気がした帰り道。
若さ故のベタな感情でも
乗っかればきっと無敵な気分になれた。

結局、あれから何にも出来なかったなと思い返す。
あの時、一緒に観に行った友達だけ
ちゃんとした大人になってしまった。

非日常はもうやって来ない。
なんかもうフジロックに行ける気がしない。
今年も27時間テレビを20時間くらい見るだろう。
日常はテレビの前と、パソコンの前。

夏らしいこともしてないし、する予定もない。
夏という実感が薄い。
季節だけが過ぎていく焦燥感。

海に行ったり、バーベキューをしたり
花火を見たり…するべきなのか?
めんどくせえ。

5月くらいから「夏なんだな」を聞いている。
「いかすぜOK」を聞いている。
それで夏はもういいや、と思っている。

でもやっぱり、フジロックに行ける人が羨ましい。
最後のポーグスが見たかった。
あそこで見れたら最高だろうな。
「Fiesta」とかで踊るんだろうな。
世界がひっくり返るんだろうな。

前回の来日公演に行けただけでも
ラッキーなのかもしれない。
そう思わないとやってられない。

ポーグスが見れる非日常は遠いけど
ポーグスを聞いている日常がここにある。

堕ちた天使に思いを馳せて。
やけっぱちの楽しさに心を踊らせて。
酔っ払いの哀愁にグッときて。

そういえば、先日の
ロックンロールカラオケナイトも楽しかったな。
相変わらず、はしゃぐのは苦手だけど
訳も分からず、楽しいのは正義だ。
漫才師の真っ直ぐな無骨さが好きだ。

今年もTHE MANZAIの予選が始まっている。
別に勝ち負けなんてどうでもいい。
他人の評価なんて関係ない。
ただ生き様が見たいんだ。
面白くて格好良い、生き様が見たいんだ。

「お笑いとは、ロックであり、生き様である」
真面目に語ることへの葛藤を語りながら
そう言っていた、あの漫才師を思い出す。
堕ちた天使に願いを込めて。

夏も秋も冬も春も… 続いてくんだろう。

世界は繋がっていて、果てしなく自由で
何でも出来ると信じたい。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/642-4f12c03d