suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】14/7/26…ヒロト選曲:ザ・ビートルズ「ROLL OVER BEETHOVEN」「YOU REALLY GOT A HOLD ON ME」

14/7/26 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト

DJ・ツネ  「やっと梅雨が明けて、ギラギラした、夏が、やって来ましたね。ビールのうまい夏。朝っぱらからセミのうるさい夏。打ち上げ花火に線香花火の夏。海に山に川に、そしてプールで真っ黒に日焼けする夏。浴衣にうちわの夏。アスファルトに打ち水の蒸気が立ち上る夏。遠雷が聞こえて夕立の降る夏。アサガオとヒマワリの夏。カキ氷にそうめんに、あと鰻のうまい夏。風鈴と蚊取り線香の夏。麦わら帽子とスイカの夏。カブトムシとクワガタの夏。高校野球の夏。子供たちの夏。大人たちだって夏。日本の夏。そしてロックの夏だぜー!

オーケー!ハリケーン・ロックンロール・レディオ、ジャンゴ・バンゴ・デラックス!同じ夏は二度来なーいっつうわけで、夏も夏な、ロッケンロールを、ぶちかましましょうかね。今日のオープニング、サーフロックの、いや、ギターインストのパイオニアにして最初のギターヒーロー。デュアン・エディ、『REBEL ROUSER』」


REBEL ROUSER / Duane Eddy


SUBSTITUTE / RAMONES


夏なんだな / THE HIGH-LOWS




~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト  「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。はい。ここからはツネちゃんに代わって僕がやりますよ。はい。それではまず一曲、聴いてみましょう。ザ・ビートルズで、『ロール・オーバー・ベートーヴェン』」


ROLL OVER BEETHOVEN / THE BEATLES


ヒロト  「ビートルズで、『ロール・オーバー・ベートーヴェン』聴いていただきました。はい。これはもう、かの、チャック・ベリー、先生の、うん。チャック・ベリーさんの、名曲、『ロール・オーバー・ベートーヴェン』を、ビートルズが演奏していたわけです。はい。

ところでもう8月がもう目の前ですよ。あっという間ですよ。うん。毎年ね、え~この季節になりますと、テレビ、ラジオ、雑誌なんかでね、あの戦争とか、平和について、語り合うという企画がね、よくあります。はい。そんな時にね、あの、街角インタビューとかでね、うん。突然聞かれますよ。あなたの意見を聞かせてください、とかね。うん。で、僕そういう番組とか見てて、その時にね、「はい。私は戦争反対です」っていう人が、まあ、ほとんどですね。うん。んで、その理由は?って聞かれた時に、「だって死ぬのは嫌だし、家族や友人も、危険な目に合わせたくないからです」っていうのをね、うん、よく聞くんですけれども。僕はそのたびに何かこう、違和感を覚えてしまうんです。うん。あのね、過去の、過去の過ちと言われる、戦争を、指揮した、人たちとかね。実際に戦った人たち。うん、死んでった人もいます。そして、戦争に関わった人たち、みんなみんな、やっぱり死にたくなかったと思うんだよ。うん。死にたくなかったし、家族や、友人も守りたかったと思うんです。はい。それでも、戦争は起きてしまったんです。はい。ということは、と・・・「死にたくない」「家族や友人を守りたい」という理由だけでは、戦争は止められないんです。うん。そもそもね、「戦争反対」というのは、当たり前のことで、あって、個人的な意見とは言えないんじゃないかなあという気がします。うん。例えばね、え~こういうこと。病気は苦しいから、病気反対。ケガは痛いから、ケガ反対。恋人に振られるのは悲しいから、失恋反対。うーん、もうこんなことおっきな声で言うのってなんか変でしょ。うん。だからね、「戦争反対」っていうのは、もちろん間違いではないんです。その逆で、当たり前すぎて気持ちが悪いんです。うん。それに対して誰も、異議を唱えることなんか、ないと思うんですよ。うん。誰も、戦争反対なんです。うん。それでも、戦争は、起きるんです。で、今も、この瞬間も、世界のどっかで、戦争は、行われているんです。うん。 大変だね。大変なことだと思うよ。でね、これからだから、戦争について何か質問された時に、自分の意見を、言えるように、なれたらいいなあと思います。うん。僕もそうありたいです。うん。そんでね、みんな意見は違っていいんだよ。うん、違っていいと思うよ。もう色んな意見があっていいと思うんです。で、でも、その最後の締めくくりは必ず、「だから、私は、戦争反対です」と、言いましょう。うん。 あれ?曲と関係ねえぞ。それでは聴いてください。ザ・ビートルズで、『ユー・リアリー・ゴット・ア・ホールド・オン・ミー』」


YOU REALLY GOT A HOLD ON ME / THE BEATLES


ヒロト  「ザ・ビートルズで、『ユー・リアリー・ゴット・ア・ホールド・オン・ミー』聴いていただきました。え~この曲も、オリジナルではなく、カバー曲です。ビートルズはね、カバーも素晴らしいんです。はい。それではまた来週。元気でね。甲本ヒロトでした、バイバーイ。」




DJ・ツネ  「え~ヒロト、今日はまた珍しく語ってましたけど。ん~~~まあそのまま、みんながそれぞれ受け止めてね、それぞれ考える機会になったんじゃないですかね。珍しいよ、ほんと。ねえ、ヒロトがここまでしゃべるって。面白いね、この番組。ヘッヘッヘッヘッ。

で、突然ですけど『ラジオマニア』って、まさにラジオマニアの方が読むんでしょうけども。その週明け7月28日発売の雑誌にですね、radikoプレミアムを使って、全国のご当地ラジオを聴こうっていう内容でね、radikoプレミアムの特集が、組まれてて。まあ実際これでこのジャンゴを聴いてる人もたくさんいらっしゃると思いますけど。で、その特集にね、あのFM長崎からこのジャンゴが掲載されるっつうね。正直、ねえ、他にも面白い自社制作の番組が多々ある中、あの~ジャンゴでいいんだろうかって感じで僭越なんすけど。良かったら目を通してみて下さい。そう、ついでに・・・ね、おバカな番組があるから聴いてみてって宣伝してもらえたら(笑)はい。

それからスカイジャンボリーももうひと月切りましたねえ。8月24日に稲佐山公園野外ステージで開催されるスカイジャンボリーの会場内でね、ゴミと資源の分別をナビゲートしてくれるボランティア、エコロッカーズを募集してますよ。続々とエントリーも届いてるみたいですけども、詳しくはスカイジャンボリーのウェブをチェックして、たくさんのご応募をお待ちしてますよ。

それから、来週はもう8月だね。「またマーシーセレクト聴けるんですね。楽しみ~」ってメッセージもたくさん届いてますけど。その8月の5週に渡って、毎週一曲ずつ、マーシー厳選のサマーチューンをお届けするにあたり、今回なんと!マーシー自身からメッセージが届いておりますよー。初めてかも。どうぞお楽しみに。

つうわけで今日はこれにて。じゃあね、また来週。みんな、素敵な夏になりますように。お相手はコウダツネヒロでした、バイビー!」


プール帰り / THE HIGH-LOWS


(オンエア曲) '14 7月26日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE

Comment

みたまご says... ""
こんばんは(^O^)
今回のラジオのヒロトさんのお話はとっても深くて
軽はずみにTwitterなどで呟けませんでした
この書き起こしはbambiさんにしかできないと思ってました
いつも忠実にヒロトさんのお話してる言葉そのままに書き起こししてくださってありがとうございます
こんなお話が聴けるジャンゴとっても貴重ですね(^ν^)
2014.07.30 19:47 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/645-68241635