suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

明日はどっちだ

THE MANZAI 2014の認定漫才師が発表された。


応援してたコンビが入ってなくて、
頑張って欲しいと思ってたコンビがけっこう入っていた。
あとはよく分からない。

今年初めて、THE MANZAIの2回戦を観に行った。応援してたコンビも頑張って欲しいコンビも面白くて、ネタに魂がこもっていた。周りの評判的にもかなりウケてた感じだったので、何となく安心していたんだけど。

結果を見て、そうきたか…としか言えなかった。嬉しいコンビもいるし、楽しみなコンビもいるし、納得のコンビもいるし、何とも言えないコンビもいる。

基準が変わったらしいという噂は本当だったのか。決勝で結果を残せないと厳しくなるという噂は本当なのか。とにかく、2回戦を観に行って良かった。あれでダメならもう分かんねえ。なんか色々あるんだろう、大人の事情が。

他にもウケてるコンビはいた。1日観ただけだから何とも言えない部分が多いし、憶測であんまり言うのは良くない。でも色々と考えてしまう。認定漫才師になったあのコンビと、同じくらいウケてたあのコンビが認定されない理由は何なんだ。考えたってしょうがない。

今年やっと認定漫才師になれただろうコンビもいるし、喜びの結果に水を差すつもりはない。何となく感じる世代交代の流れを否定するつもりもない。ただ、ツイッターなどを見てると悲喜こもごも過ぎて、もやもやとしてしまう。とりあえず、急にTHE MANZAI熱が冷めてしまった。本選サーキットも気になるけれど、あとはテレビで見られればいいかな。決勝進出組が決まる時に、また悲喜こもごもあるんだろう。

みんなが嫌いと言っても好きなものは好きだし、みんなが好きと言っても嫌いなものは嫌いだ。みんなが面白いと言っても分からないものは分からないし、みんなが面白くないと言っても笑ってしまうことに理由なんかない。

例えば、THE MANZAIを1回戦で落ちたことをネタにしてたあるトリオとか、なんか大好きなんだよな。もうムチャクチャなネタでバカバカしくて、でもスーツで漫才をする姿は妙にカッコいい感じ。ああいう楽しさをライブで見てると、大会がなんだよ!テレビがなんだよ!と思ってしまう。

色々あっていいよな。色々ある方が楽しいよな。だからライブは楽しいんだ。テレビだと選りすぐるだろ。台本で固めるだろ。編集するだろ。変な空気とか失敗とかなかったことにしちゃうだろ。それはそれで安心の面白さ、安定の面白さ、洗練された面白さだけど、そうじゃない所の面白さをそぎ落としてるような気もする。

おそらく、面白くないから認定漫才師に選ばれなかった…という単純なものでもない。2014年のTHE MANZAIというお笑いの大会で、年末にテレビで生放送される決勝戦に向けたメンバーを考えた時に、色々と関係してくる事柄があるんだろう。深い所はもちろん分からないし、自分の感覚では及ばないお笑いの見方があるんだと思う。

けれど、いちお笑い好き、いち視聴者、いちファンとしてはなかなか納得できなかった。応援してたコンビが認定漫才師に選ばれなかったということが、やっぱり一大事で。それぞれに好きなものを追い続けていくしかない。自分が何を好きで誰を応援してるかなんて、まるでどうでもいいことだ。

昨日も聴いてたピーズが染みる。

暮らしを変えるより 夢を変えたいな

考えることが多すぎて どうでもよくなっちまった

【Theピーズ / シニタイヤツハシネ~born to die~】


どうにでもなれと、どこかで思ってる。
でも、前を向いて行くしかない。
思い出すように聴きたくなったのはこの曲。

うるせえな 負けねえぞ
明日はどっちだ 君はどこにいる
探しに行くぜ すぐ見つけるぜ

【真心ブラザーズ / 明日はどっちだ!】


明日が見えねえ。
でも、明日も生きるしかねえ。
浮かれてるあいつには絶対負けねえ!

またライブに行こう。テレビを捨てよう。
…なんて、相変わらずテレビっ子だけど。
テレビの世界が全てじゃないということを
俺は知ってるぜ。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/658-e899e7b5