suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】15/11/7…ヒロト選曲:サニー・ボーイ・ウィリアムス「POLLY PUT YOUR KETTLE ON」+サニー・ボーイ・ウィリアムスII「LET ME EXPLAIN」

15/11/07 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト


エルビス(仮) / ザ・クロマニヨンズ

My Baby Left Me / ELVIS PRESLEY

キンクス・ガット・ミー / ザ・クロマニヨンズ

GOT LOVE IF YOU WANT IT / the KINKS




~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト 「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。ここからは僕がやります。まずは一曲、サニー・ボーイ・ウィリアムスで、『ポーリー・プット・ユア・ケトル・オン』」

POLLY PUT YOUR KETTLE ON / SONNY BOY WILLIAMSON

ヒロト 「サニー・ボーイ・ウィリアムスで、『ポーリー・プット・ユア・ケトル・オン』聴いていただきました。1930年代から40年代にかけて、凄く人気のあったブルースマンです。

何しろ、その名前をかたる、偽者が現れるぐらい、人気者だったんです。今のように情報がたくさんない時代ですので、アメリカの田舎の方では、「わしがサニー・ボーイ・ウィリアムスじゃ!」と言えば、そのまんま、信じてもらえたらしいんです。

この偽者の方もですね、凄く人気が出ちゃって、ラジオのレギュラー番組を持ったりとかね。そして、とうとうレコーディングまでしちゃうんですよ。サニー・ボーイ・ウィリアムスって同じ名前で活動を続けていくんですよ。

で、本家本元のサニー・ボーイ・ウィリアムスは、40年代の終わり頃にはもう死んじゃってるんですね。そうすると、50年代は「わしが本物のサニー・ボーイじゃ」って言いはるわけですね。そしてこの男、死ぬまで、「わしが本物のサニー・ボーイ・ウィリアムスなのじゃ」と言いはったらしいです。

今ではサニー・ボーイ・ウィリアムスII世、と呼ばれることもある、この偽者サニー・ボーイ・ウィリアムス。カッコいいんですよ。非常に魅力的でダイナミックな演奏をします。聴いてください。サニー・ボーイ・ウィリアムスII世で、『レット・ミー・エクスプレイン』」

LET ME EXPLAIN / SONNY BOY WILLIAMSON II

ヒロト 「サニー・ボーイ・ウィリアムスで、『レット・ミー・エクスプレイン』聴いていただきました。正確には、サニー・ボーイ・ウィリアムス II世と呼ばれている、サニー・ボーイ・ウィリアムスです。なんだか説明しててややこしくなってきましたが、どちらも本物と言っていいのではないでしょうか。

ザ・バンドっていうグループの『ラスト・ワルツ』という、映画があります。この映画の中にも、サニー・ボーイ・ウィリアムスのお話が出てきますが、こちらはこの偽者、サニー・ボーイ・ウィリアムスII世の話です。興味があったらもう一回あの映画観てみてください。面白いよ。それではまた来週、元気でね。甲本ヒロトでした。バイバーイ」

(オンエア曲)'14 11月7日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/752-040e73fa