suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】16/3/5…ヒロト選曲:ナンシー・シナトラ「にくい貴方」+ルーターズ「LET'S GO」

16/3/5 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト



~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト 「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。ここからは僕がやります。まずは一曲聴いてください。ナンシー・シナトラで、『にくい貴方』」


にくい貴方 / NANCY SINATRA

ヒロト 「ナンシー・シナトラで、『にくい貴方』でした。魅力的な曲です。ナンシー・シナトラの歌はもちろんなんですけれど、演奏の感じが面白いなぁと思うんですよ。あのイントロの、プンプン プンプン プンプン プンプン ボーン!ボーン!とか。うん。すごく面白くて、何回も何回も聴きたくなるんですよ。

ところがね、これを演奏した人の名前は、レコードにはクレジットされてなかったりするんです。はい。こういった、顔と名前は知らなくても、その音と演奏は誰でも知っている、そういう、スタジオ録音専門の、スタジオミュージシャンという人たちがいるんです。もちろん、日本にもいるし、いつの時代にも、重要な存在なんですよ。

その中で、60年代から70年代にかけて、ロサンゼルスを中心に活躍した、レッキング・クルーと呼ばれた集団があったんです。先日ね、このレッキング・クルーたちを追いかけた映画を観たんです。タイトルもそのまんま、『レッキング・クルー』。

特にね、ジャンゴリスナーにはほんとにお勧めですよ。みんなが知っている、あの曲この曲、実はレッキング・クルーのしわざだったのか。と、喜びながら楽しめると思います。例えばこの曲です。聴いてください。ルーターズで、『レッツ・ゴー』」


LET'S GO / THE ROUTERS

ヒロト 「ルーターズで、『レッツ・ゴー』でした。クレジットはルーターズ、となっていますが、実際に録音に携わっていたのはレッキング・クルーのメンバーたちでした。もし機会があれば、ぜひ、この映画観てみてくださいね。今週は、最近観た映画の話でした。それではまた来週、元気でね。甲本ヒロトでした、バイバーイ。」


(オンエア曲)'16 3月5日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE
(映画)レッキング・クルー~伝説のミュージシャンたち~



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/768-e9ffa49c