suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】15/12/12…ヒロト選曲:ザ・クリスタルズ「HE'S A REBEL」+ダーレン・ラヴ「CHRISTMAS」

15/12/12 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土) 19:30 ~ 19:55 On Air!  DJ : ツネ / ヒロト



~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト 「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。ここからは僕がやります。まずは一曲 聴いてください。ザ・クリスタルズで、『ヒーズ・ア・レベル』」


HE'S A REBEL / THE CRYSTALS

ヒロト 「ザ・クリスタルズで、『ヒーズ・ア・レベル』聴いていただきました。先週のエンディングで、ダーレン・ラヴをかけるぞ、と予告しておきながら、クリスタルズってどういうことなんだよ。と思った人もいるかもしれないけれど、これでいいのだ。

元々、クリスタルズの新曲として、録音されるはずだったんです。プロデューサーはもちろんフィル・スペクターです。でね、この時、スタジオの都合とか、クリスタルズのスケジュールとかがうまくいかなくて、フィル・スペクターは焦ったんです。

今すぐ録音したいぞ、どうしよう。そこで、すぐにスケジュールの合う、別のグループに歌わせて、それを、クリスタルズ名義でリリースしてしまおう。というムチャクチャな計画が持ち上がったんです。いわゆる影武者計画ですね。

そして、この計画は実行に移されました。そういうふうにして、クリスタルズのメンバーが一人も参加していないこの曲が、クリスタルズの新曲として、発表されてしまうんです。しかもこの曲、ヒットチャートでNo.1。クリスタルズ最大のヒット曲になってしまったんです。

この時、この計画に、影武者として、クリスタルズの代わりに歌っていたのが、ブロッサムズというグループでした。そして、そこで、リードをとっていたのが、ダーレン・ラヴだったんです。なので、さっき聞いてもらった、クリスタルズの『ヒーズ・ア・レベル』と紹介したあれは、ブロッサムズ、ダーレン・ラヴが歌っていたものだったんです。ガッテンいただけましたでしょうか。

そしてこのあと、ダーレン・ラヴは独り立ちして、ついには、ロックの殿堂入りを果たすほどの、偉大なシンガーになっていくんです。ちょっとしたおもしろエピソードでした。さてここでもう一曲 聴いてください。ダーレン・ラヴで、『クリスマス』」


CHRISTMAS / DARLENE LOVE

ヒロト 「ダーレン・ラヴで、『クリスマス』聴いていただきました。曲の終盤で、プリーズ、プリーズ、プリーズと繰り返したあと、ベイビー・プリーズ・カム・ホームと、熱唱するところで、毎回 泣きそうになります。というのは嘘で、本当に泣いています。

余談ですが、映画館で、『グレムリン』という映画を観た時、オープニングでこの曲がでっかい音でかかって、まだ何の事件も起こってないのに、肩が震えるほど泣いていたのは僕です。

さあ、来週は何をかけようかな。元気でね。甲本ヒロトでした、バイバイッ。」


マーシーセレクト 2015 "冬"
JUST A LONELY CHRISTMAS / THE MOONGLOWS

(オンエア曲)'15 12月12日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/782-a9089f24