suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】16/10/22…ヒロト選曲:カースティ・マッコール「THEY DON'T KNOW」+ルー・ルイス・リフォーマー「WIN OR LOSE」

16/10/22 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土)19:30~19:55 On Air!
DJ:ツネ / ヒロト

光線銃 / ザ・クロマニヨンズ

マキシマム / ザ・クロマニヨンズ

MOON RIVER / HENRY MANCINI

KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR / BOB DYLAN




~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト 「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。ここからは僕がやります。まずは一曲 聴いてください。カースティ・マッコールで、『ゼイ・ドント・ノウ』」


THEY DON'T KNOW / KIRSTY MacCOLL


ヒロト 「カースティ・マッコールで、『ゼイ・ドント・ノウ』聴いていただきました。スティッフレーベル、BUY-47番、カースティ・マッコール『ゼイ・ドント・ノウ』でした。いい曲だなぁ。いい声だなぁ。余韻に浸りたい気持ちもしますが、どんどん行かせてください。次は、ルー・ルイス・リフォーマー行きます。聴いてください。ルー・ルイス・リフォーマーで、『ウィン・オア・ルーズ』」


WIN OR LOSE / LEW LEWIS REFORMER

ヒロト 「ルー・ルイス・リフォーマーで、『ウィン・オア・ルーズ』聴いていただきました。スティッフレーベル、BUY-48番でした。ステイタス・クォー(Status Quo)のカバーなんだけれども、ハーモニカとかバッチリですね。

さて、ここまでやってきた、スティッフレーベル特集、これは、今後、不定期にぶちこんで行きたいと思います。来週からは、先週 告知しました、プレゼント企画のはじまりです。僕が中学卒業の頃に作った、46分のカセットテープを、希望者全員にプレゼント、というものです。

やり方は簡単。このコーナーを、上手にエアチェックしてください。そして自分のカセットテープに、上手に録音していくのです。プレゼント希望者は、自らテープレコーダーと、46分のテープを、用意しなくてはならない。ここまで発表した時、なんじゃそりゃ!?という、ものすごいブーイングが聞こえてきそうなのですが、へっちゃらなんです。元々、押しつけがましく、そして、恩着せがましい企画だ、というのは承知の上のことなのです。わっはっはっはっは。

さあ、来週から、14歳の甲本ヒロトがお送りします!お楽しみに!バイバーイ。あとツネちゃんよろしくね。」




DJ・ツネ 「いや、来週から、14歳の甲本ヒロトがお送りしますってちょっと痺れるよねえ。これはヤバいよ。ヒロトの、今にいたる14歳のスタートラインのリアルなセンスの、門外不出の音源が、聴かれるわけですからね。ほんと僕もドキドキしてます。

ここで改めて、今回のヒロトの緊急プレゼント企画について、ちゃんと説明 及び補足をしときますね。プレゼントつっても、応募して当選したらもれなく送られてくるっていう、今回はいわゆるそんなただの、プレゼントじゃありませんで。ヒロトが、中3の春休みの14歳の時に、実際にヒロト自身が46分カセットテープに録り溜めた当時のお気に入りの音源を、来週から、おおよそ 6週に渡って惜しげもなくオンエアするにあたり、リスナーのみんなにはぜひその時のヒロトと同じ条件で、ここ重要よ。

ヒロトと同じ条件っていうのは、ラジカセなりテープレコーダーで、カセットテープにこのコーナーをエアチェックしてもらって、ジャンゴ、あるいはヒロトとの共同作業によってね、みんなもウキウキ、ドキドキしながら、カセットテープの編集をやってもらって、ぜひとも全曲、エアチェックしてもらってね。結果、それがヒロトからのプレゼントになるっていうものなんですけどね。何とも粋で、にくい演出じゃないですか。どうぞ皆さん、その、ヒロトの溢れんばかりの真摯な思いを受け取ってね、アナログなカセットテープによるエアチェックを楽しんでくださいよ。

(略)ちなみにエアチェック初心者の方のために、カセットテープ、扱ったことないって方のために、少しハウツー的な話を簡単に。まずカセットテープにもA面B面があってさ、46分カセットテープなら、A面が23分、裏返してB面が23分、合わせて46分間の録音が出来るつうもんなんだよね。

ほんで、テープの頭の、最初の部分はブランクで録音が出来ない部分なんで、少し茶色いテープがカセットのヘッドのところまで来るぐらい、巻いとくといいよね。あといざ録音するぞって時には、曲がかかるまでラジカセの録音ポーズボタンを押して、待機しとかんといかんよね。わかる?まあ、とにかく、この企画 来週から始まるわけだけど、あと一週間あるから、練習してね、説明書読んだり。あと人に聞いたり、バッチリ操作出来るように、しとかなきゃね。つうわけで今日はこの辺で、じゃあね、また来週。お相手はコウダツネヒロでした、バイビー。」


(オンエア曲)'16 10月22日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/838-7aba52ba