suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

マイ・ジェネレーション

今週(2017/2/11)の
『ジャンゴバンゴデラックス』

オープニング曲は、
THE WHO『My Generation』
イントロが流れてくると心踊る。


続く曲が、
ピート・タウンゼント『face the face』
からの
ザ・クロマニヨンズ『ピート』!

ツネさんの選曲、粋な流れにグッとくる。
『ピート』でクロマニヨンズは
「そのギブソンで ピート
 ぶっ壊してくれ 僕の部屋
 マイ・ジェネレーション」と歌う。

最初 聴いた時、ちょっと笑ってしまった。マイ・ジェネレーションって!と。ちょっと恥ずかしくなるくらいのストレートな歌詞。

これがライブで聴いたら凄くいい。「マイ!ジェーネレーショーン!」と一緒に歌い叫びながら、満面の笑みで手を振り上げてしまう自分がいた。周りの多くの人もそうだった。

音楽が繋がっていく。
ロックンロールは続いていく。
それを追いかけていく。

そして今週の『ジャンゴ』ヒロトの選曲は、ビリー・ブラッグだった。ほとんど初めて耳にしたけれど、凄くスッと耳に、胸に入ってくる曲だった。まるで昔から聴いているような…

ヒロトは当時を振り返り、日本ではあまり有名ではなかったビリー・ブラッグが、日本で対バンを探していたという話を。

ブルーハーツが東京のライブハウスを中心に、いい感じで活動していた頃。「一緒にやろうよ」ということになり、ブルーハーツの前に対バンという形でビリー・ブラッグが演奏してくれたという。

『ユニオンの力』
『アメリカの若者を救おう』
2曲続けてオンエアしたあと、
ヒロトは言う。

「この弾き語りの、ビリー・ブラッグのあと
ザ・ブルーハーツが登場するんだな。
なんてことを想像しながら聴いてもらうと、
またちょっと楽しかったかもしれないね」

ビリー・ブラッグの曲がまず凄くいいのと、ヒロトがブルーハーツの頃の話をしていることへのドキドキと、そんな彼らの対バンを想像しての興奮とがごちゃ混ぜになって、何とも言えない高揚感に包まれる。

繰り返し聴きながら、ビリー・ブラッグについて調べてみる。プロテストソングを歌っているらしく、メッセージ性の強い曲が多いらしい。

邦題から何となくはわかるけれど、英詞の深いところはよくわからない。ただただ単純に、なんか凄くいい!なんかカッコいい!これ好きなヤツだ!ということだけは凄くわかる。

このご時世でこの選曲をするのは…と思いを巡らせてしまう部分もあるけれど。それよりも未だにドキドキしながらロックを聴けることが、ただただ嬉しい。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/883-a9600f95