suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

星に願いを

スペースシャワーTVで録画した
「AIR JAM 2016」を見た。


早く早くハイスタが見たい。はやる気持ちを抑えながら、若手のバンドを飛ばし飛ばし見て、スカパラで止まる。

横山健×スカパラの「Punk Rock Dream」がすごく良くて、うおおおお!とたぎってるのも束の間、すぐに曲が終わってしまう。フルで流してくれないのか!フルで聴かせてくれよ!

HAWAIIAN6のMCが感動的だったり、初めて見たHEY-SMITHがなかなか良かったり、BRAHMANで観客に運ばれながら歌う姿が圧巻だったり。

ついにハイスタへ。どう編集されてるのかわからないけど、1曲目は『DEAR MY FRIEND』!待ってました感が画面から、自らから溢れ出してくる。

やっぱりこの3人じゃなきゃダメなんだよ。このバンドじゃなきゃダメなんだよ。ハイスタじゃなきゃダメなんだよ。ハイスタじゃなきゃ出来ないことがあるんだよ。そんなことわかってるよ!そんなこと言うんじゃねえ!と言われるかもしれない。多感な時期にハイスタを聴いてたせいで、ハイスタに取り憑かれてんだよ。

英詞の内容はよくわからない。でも知ってる。全部わかる。この曲を聴いた時の感覚がすべて。全身に響くこの感覚がすべてなんだと思う。

MCで難波さんが言う。
「今日はさ、ほんと、なんつうの…ねえ、色んな感じでまたさ、色んな思いでさ。ね、AIR JAM 2016。 世代がなんだとか、時代がなんだとか、飛び越えてさ、またここに、Hi-STANDARDが立ってるっつう。 ある意味さ、ハイスタ世代、エアジャム世代なんつうそういう世代みてえなの突破していいすか?今日。 エアジャム世代っつうの更新しちゃっていいすか?今日。 じゃあまた始めてくれっかな? 新曲やるよ。『ANOTHER STARTING LINE』!」

ハイスタの新曲。最初に聴いた時は正直あまりピンと来なくて、でも新曲を出してくれたことは嬉しくて、それでいいやと思ってた。その後、ラジオで『横山健のオールナイトニッポン』で改めてこの曲を聴いた時に、胸にグッときて。あまりハイスタっぽくない感じがしてたのに、今ではすごくハイスタっぽいと思う。

昔のハイスタが好きで、今のハイスタも好きで。それはとても不思議で、とても幸せな感覚。

『ANOTHER STARTING LINE』で心踊り、続く『STARRY NIGHT』で一気に持っていかれる。会場後方が無数の光に包まれる。無数の星のように光る。

それぞれが歩んできた道のり、それがまたここで交わり、ひとつになる。色んな思いが駆けめぐって、駆け出したい衝動を飲み込んで、目の前がにじむ。

パンクを聴いて泣きたくない。感傷的なのはカッコ悪いとわかってる。言葉にするはダサいとわかってる。でも吐き出さずにはいられない。ハイスタ世代の、エアジャム乗り遅れ野郎は、テレビの前で震えるしかない。

歌い終わりに一言、「星に願いを」と難波さん。STARRY NIGHT…

編集でだいぶカットされてるんだろう。最後の曲は『HAPPY XMAS(WAR IS OVER)』これを去年の12月23日にやったのかと思うと、想像するだけで胸が熱くなる。クソみたいなクリスマスを少しだけ好きになれる。

気づいたら、泣いていた。もう言い訳できないくらい自然に。もう抵抗はしない。嬉しいのか悔しいのか、感動したのか感慨深いのか。上手く言葉にできないけど、なんかまだ死ねないと思った。

まだ死ねない。
ハイスタを見るまでは死ねない。

いつか生でハイスタを見れる日は来るのか。待っていても来ないのか。どこまでもタイミングの合わない人生か。ハイスタとは縁がないのか。

でも夢見れる。いつかハイスタのライブを見る日を夢見れる。それだけでちょっと希望だ。

一週間前、そこそこ絶望して、そろそろ人生終わりか…と思ってたのに不思議だ。パンク聴いて、ハイスタ見て、元気が出るってなんて単純な人生なんだ。でもそういうことなんだ。

パンクロックは理屈を飛び越えてくる。感情は感傷に支配される。感覚は感情の一歩先を行く。

まあなんというかつまり…3曲だけじゃ物足りねえよ!「STAY GOLD」とかもっと色々聴きたいよ!ハイスタで1時間くらいじっくり見せてくれよ!またライブやってくれよ!また関東でもやってくれよ!

星に願いを
ハイスタに想いをこめて。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/893-5cbd0b70