suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【SOUND GENIC】17/4/25…ゲスト:エレファントカシマシ 宮本浩次

2017年4月25日 datefm
「SOUND GENIC」

ゲスト:エレファントカシマシ 宮本浩次
パーソナリティ(DJ):井上崇




■ 絶好調である秘訣は?ホッと一息つける時間はありますか?

宮本 「あ~あのですね、自分この、ベストアルバムも実はその、まああの~企画自体はけっこう前から、あったと思うし。その30周年って節目だから、これでもう一発ドーンと行くぞ!みたいな、こうまあスタッフも含めてですけども、もちろん僕らも、思っていたし。したらそういうことじゃなかったですね。僕らがドーンと行くとかそういうことじゃなくて。なんかそういう『今宵の月のように』例えばですよ、そういう曲が、あのちゃんと、人…びとの、まあ聴いてる人の心に、ちゃんと刻まれてたっていうこと、がこう…わかっていく」
DJ  「確認?」
宮本 「確認というかそうですね、わかっていくなんかこう、ああ音楽って凄い。まあ、例えば僕もこないだ、ストーン・ローゼズの、武道館で、コンサート観ましたけど。あのそのみたの、水戸のね、コンサートの前ですから、茨城の、あの水戸の…あの「いばらき」って言わなきゃ」
DJ  「あはは、そうっすね(笑)」
宮本 「急に、子供の時、「いばらぎ」県って言ってたんですよ。したら「いばらき」県に」
DJ  「正しくはね」
宮本 「そうなんです。そんなこと言ったら でもね、秋葉原も「あきばがはら」だし、高田馬場は「たかたのばば」なんですよ。でもそれ僕 気にしないし。まあでもそういうまあ仕方ないですね、まあ決まって、「いばらき」県っていう。失礼しました」
DJ  「はははは」
宮本 「茨城県の水戸で、コンサートやって。前日に、ストーン・ローゼズ」
DJ  「前日にライブ観たんですか?それはタフですね」
宮本 「まあだから、まあそのリラックスっていう部分で…」
DJ  「あ~なるほど」
宮本 「それがね、やっぱこう、知ってる曲を、知ってるフレーズで始まったりするとですね、もう ちょっと…タイムスリップとも違う、血がこうガァ~と熱くなって」
DJ  「あ~なんかわかる気がする、それ」
宮本 「コンサート、まあコンサートってしかも、みんなストーン・ローゼズを待ち望んでる人しかいない」
DJ  「そうそうですよね」
宮本 「その中にやっぱ自分も入っ…非常にその自分がこう、今 コンサートでやっぱりやってる、部分と、非常にこう立体的になんかその自分も体感出来た、素晴らしいコンサートだったんだけど。そういうことをやっぱりこう自分も、出来るかなってやっぱ不安だったけどもその水戸のコンサートや千葉の、市原のコンサートでね。非常にもう一回こう、自分たちの音楽、『今宵の月のように』も、『ガストロンジャー』も、『RAINBOW』も、みんなちゃんと、みんなの胸に、届いてるっていうことをね、その~それで、みんなも一緒に感じてるんです。僕たちだけじゃなくて、曲を通じてね。そういう時間をね、やっぱり持ててるっていうのはこれは、まあ僕は歌が好きですから、あのリラックスも同時にしてるんですよ。そうなんです、まあもちろん体は疲れるんですけど。でも心はほんとにリフレッシュしてるんですね。あの 歌をうたって、自分たちの歌ですけど。でも、きっと、聴いてる人にとっては自分の歌だしっていうことをやっぱり、それ言葉で言うとこういうふうになっちゃうんだけど。コンサートの空間でそれをこう、非常にこう全体として空気として感じるんですよね。それはほんとに、まあこう、このテンションの高さは若干疲れてるんじゃないかって皆さん、あのお思いで。違うんですよ、ほんとにそうで。非常にそういう意味ではリラックス。だから、夜も眠れるし、よく。逆に。考え事して、いや~このレコード売れるかなぁ!?どうしようかなぁ!?なんて思っちゃうとなかなか寝つかれなかったりするんだけど。コンサートやってるともう、そう、歌ってるからよく眠れるし、ご飯も美味しいし みたいな。そうなるとだから、まあメンバーもたぶん一緒だと思うんだよなぁ」
DJ  「だからコンサートもそうだし、こういうまあ今 日々の、このプロモーションも、同じなんですね」
宮本 「そう」
DJ  「全部こうバッと、放出してるから」
宮本 「そうなんです。まあ、まあコンサートとプロモーションは若干違いますけど」
DJ  「あ~ははは」
宮本 「こっちやっぱ頭も使うし、あの~やっぱこう…ね、そういうのもあるんですけどまた。メンバーの終わった時のね、コンサートで「じゃあな」って帰る時の、顔がやっぱみんな爽やかですから。だからみんなも同じ思いだと思う、メンバーも。僕だけじゃなくて4人とも。まあ6人か、6人とも。はい」




2017/4/25「SOUNDGENIC」
Date fm エフエム仙台
GUEST:エレファントカシマシ 宮本浩次さん

“今日一日、Date fmの各ワイド番組にご出演頂きまして、SOUNDGENICが最後の出演ということで感想を伺ったところ「曲も沢山掛けて頂きまして、自分の言葉で伝えられるのは嬉しいですよ」と宮本さん。”




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/919-93607c6b