suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【オーディナリーミュージック】17/6/5…Theピーズ 大木温之のプレイリスト

2017年6月5日 TBSラジオ
「オーディナリーミュージック」

カジヒデキさんと曽我部恵一さんが、その音楽的センスを信頼する方に選曲を依頼して、その曲を1時間お送りするTBSラジオ「オーディナリーミュージック」

今回、カジさんが選曲をお願いしたのは、6月9日に初の武道館ワンマンライブを行うTheピーズの大木温之さん、選曲テーマは「アルバム最後の曲」。




■ オープニング

カジ 「今日の選曲は、Theピーズの大木温之さんです。そう、ハルさん。ね、ハルさんは、もうもちろん、Theピーズ…さんとかね、ハルさんのまあ兄弟である、トモフスキーさん。お2人はもう、だいぶ以前からご活躍なので、ずーっと存在はよく知っていたんですけど。実際 知り合いになったのは、ほんとこの3~4年くらいで。

4年くらい前かな、あのトモフスキーさんと一緒に、カジヒデキとトモフスキーが、千葉で対バンをするというね。お互いあの千葉出身なんですけど、成田と富津、というね。で千葉で、ライブをやった時にそん時にトモさんのバックで、ハルさんも来ていたので。それでその時にけっこう色々お話をしたりとかして仲良くなった。それ以降けっこうトモさんや、ハルさんとは、一緒に対バンとかもね、よくやらせて頂いたりとか。フェスで、一緒になったりとかする機会も、多くてですね。

それこそあの、去年、僕がキュレーターを務める、まあ音楽フェス、『PEANUTS CAMP』にね、ハルさんはソロで、出演してくれましたね。それこそトモフスキーさんも、出演したんですけど、トモさんのバックで…もギターを弾いてね。凄くいいライブをしてくれてですね。しかもお客さんもね、たくさん、やっぱりこう、全国区の人気者ですけど、千葉でもやっぱり凄い評価を得ている、人気者だなぁというふうにね、思った次第ですけど。

え~凄く2人とも、大好きな、凄くいつもいいテンションで、なんかね、優しい感じで。でもやっぱ凄く今でも尖ってて、カッコいいミュージシャンだなぁと、思います。あの『PEANUTS CAMP』はね、今年も7月の22日、23日に開催されるんですけどもね。今年もね、ハルさん出てほしいなぁなんて思うんですけど、どうなんでしょう。どうなるんでしょうか。楽しみにしています。

今日の選曲ですけど、ね、カッコいいロックンロールを聴かせてくれるんじゃないかなと、いうふうに思っています。ではまず、6月7日にリリースされる、Theピーズのベストアルバム『ブッチーメリー SIDE C』から一曲。このアルバムのために、新たにレコーディングしたバージョンです。Theピーズ、『生きのばし(2017 大久保 Freedom session)』」


生きのばし(2017大久保Freedom session)/ Theピーズ





カジ 「ピーズさんはですね、6月7日にこのベストアルバムと共に、ニューシングル『異国のブラボー』もリリースします。そして、今度の金曜日、6月9日、そうですよ、僕もこれ前から応援してたんですけど。ちょうどね、バンド結成 30周年を迎えるこの日に、Theピーズ 初の、日本武道館、ワンマンライブを開催します。

あの~ほんとに、もうカッコいい、ほんとにカッコいいロックンロールバンドが、初めてっていうのもね、僕的には凄い意外だなぁと思うんですけど。Theピーズのね、武道館公演。ここんとこね、皆さん色んなね、この間もコレクターズさんだったりとか、その前はフラワーカンパニーズさんだったりとか、みんなね、武道館やってますけど。

Theピーズもね、凄く、武道館でも全然こう、そういう場所とか関係なくこう、いつものようにこうライブをやるんじゃないかなというね。まあそうやってそういうライブ、見せてほしいななんて期待しています」




■ Theピーズ 大木温之の選曲

After Hours / The Velvet Underground

Train In Vain(Stand By Me)/ The Clash

Got The Time / Joe Jackson

Rock and Roll Ain't Noise Pollution / AC/DC

平和 / Theピーズ



I Feel Alright / The Damned

A Day / 矢沢永吉


ハル 「はい。今日の『オーディナリーミュージック』は、僕、Theピーズの、大木温之の選曲でお送りしています。前半 お送りした曲は…(略)

まあこのね、まあ今、並べてった曲なんだけど、テーマっちゅうのはね、レコードの、このアルバムのね、最後の曲を、並べてったわけです。なんか、頭とか2曲目とかには、必ず 活きのいいさ、ナンバー持ってくるけれども。昔はさ、アルバムの最後の曲もわりと気合い入れてたようなね。なんか、なんでこの曲がってね、意表を突かれてみたりとか。わりと、最後の曲もね、自分にとっては思い入れがあったりして。その辺にちょっとなんか焦点を当てて、今回の企画テーマで、お送り、してみようかなって、やってるわけです。

ん~、例えば そうだなぁ、まあ、激しい曲で終わるね、ジョー・ジャクソンとかもあれば。AC/DCの『Back in Black』の最後の曲はもう大好きでね、もうこのアルバムの最後の曲『Rock Roll Ain't Noise Pollution』大好きで。

まあピーズは自分らのバンドなんだけど、俺らの場合は、最後の最後でちょっと、ふざけてみようかみたいなね。麻雀の曲(『平和(ピンフ)』)で、なんで!麻雀の曲で終わっちゃうのってプププッてちょっとね、ウケを狙ってみたいとか。

永ちゃんのね、『A Day』はもうとにかく、永ちゃんはもうアルバム最後は『アイ・ラヴ・ユー、OK』とか、『長い旅』とか、とにかくバラード、名曲バラードで終わるのが多いんだけど。この『A Day』っていうのは永ちゃんのセカンドアルバムで、とっても大好きな曲です。まあこんな感じすか。

『オーディナリーミュージック』僕、Theピーズの、大木温之の選曲、後半も引き続き、お楽しみください」


Bron To Lose / Johnny Thunders & The Heartbreakers

通り過ぎる夏 / O.P.KING



長過ぎた下積み / ダイナマイト☆ナオキ

Please Mr. Lostman / the pillows

Death Is A Star / The Clash

Hey Sweetheart / Richard Hell




(TBSラジオ公式)
6月5日 Theピーズの大木温之さんのプレイリスト
https://www.tbsradio.jp/152533

(タイムフリー)
2017年6月4日(日)28:00~29:00
「オーディナリーミュージック」
http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170605040000



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/922-0fe5942a