suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ボクらの時代】17/5/28…ピース又吉「音楽のライブ会場で分かる、普段の生活と表現」の話

2017年5月28日 フジテレビ
「ボクらの時代」

町田康×山下澄人×ピース又吉




■ 異文化から来た作家、飛び越えた感じはない

なぜミュージシャンが、芸人が、俳優が小説を書くのか?という反響に…

町田 「その問いをもうちょっと深めて、その問いの本当の意味っていうのは何かってじゃあ、それを言うとじゃあ同じなのであれば、なぜ演劇をするのかっていうことですよね。なぜ演芸をするのかとか。なぜ音楽をするのか、っていうことになってきますよね、どうしてもね」
山下 「衝動…はあると思ったんですよね。表したいことがはっきりあるとかじゃなくて」
又吉 「中学高校ぐらいの時なんかそわそわしてませんでした?」
山下 「そうそう(笑)」
又吉 「なんか、なんかやりたいみたいなのは確かに凄くあった」



■ 音楽のライブ会場で分かる「普段の生活」と「表現」

又吉 「音楽のライブ会場行った時に、友達と行った時に、普段すげー無口やのに、ライブ会場行って、むちゃくちゃ踊るヤツおるんですよ」
町田 「踊る?」
又吉 「はい。で、それはある意味、普段の生活と表現が、一致してないパターンじゃないですか。でも、やっぱり大人しくて、恥ずかしいから端っこで見てる…もおるし。それがまあ表現と言っていいのか分かんないですけど」
町田 「あ~分かってきた、分かってきた」
又吉 「そういうことってあるんで。僕がたぶん一番、複雑って言ったら、おこがましいかもしれないですけど。普段みんな大人しいと思ってるから、俺は端っこで見てるってみんな思ってるやろうけど、こういう時は行くからねって思うけどちょっと照れるみたいな。それぞれなんかこう、出方はちゃう…」
町田 「どこで爆発するか」
又吉 「そうですね」
町田 「ちょっとずつ漏れてるヤツもいるし。一気に行くヤツもいるし。ライブ会場じゃないヤツもいるしっていう」
又吉 「はい。ちゃんと、自分を表現して出しきってたヤツだけが本物やって言われたら、いや俺も生きてるし納得いかへんというか。その、照れてたけど俺も楽しんでたし、俺の、ライブでもあったっていう思いがあるから。それはのちのち、家帰ってから爆発するというかなんか」
町田・山下(笑)
又吉 「出るポイントの差とか、なんかなぁとは思うんですよね」




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/934-7c7141b2