suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

The ピーズ 30周年 日本武道館 17/6/9

ピーズ、武道館。


いい景色、みんないい顔、
いいライブだった。
いいもん見せてもらった。

『ノロマが走っていく』
『実験4号』『線香花火大会』
『底なし』『クズんなってGO』
いちいち染みる。

『鉄道6号』の歌い出し
「やっとこんないいとこまで辿り着いてしまった はぁ お疲れさんだよ」なんて、この武道館でやるためにある曲じゃないのかってくらい染みる。ピーズはスゲーいい曲をスラーッとやる。

いつもはこんなのやんないというコール&レスポンス。ハルさんが客席の東西南アリーナそれぞれに『シニタイヤツハシネ』をワンフレーズずつ歌わせて、客席が思いのほか一体となった所で、「なんだこれ」ってなんだこれ。まあ楽しい。

『シニタイヤツハシネ』『デブ・ジャージ』
なんていう曲で合唱するバンド、他にいないだろう。どうかしてる、ヘンテコな幸福感が続く。

『オナニー禁止令』が聴けて嬉しい。
「意味なんかない イエーイ」って楽しすぎる。「僕を使ってよー」ってみんなで歌ってるのがおかしすぎる。

『バカになったのに』がまた最高に楽しい。
デビュー曲で、未だにピーズと言えばこれが代表曲になるらしくて、清志郎さんに会った時に「あっ、バカ!」って言われたという話も。大人になるとあんまりバカって言われなくなるよねと。

『温霧島』の前にはお酒の話。
飲みすぎてた過去を反省するように、もう5年くらい飲んでないというハルさん。そしたら調子が良くなって、酔っぱらいに冷たくなってしまった。お客さんの半分くらいは酔っぱらいだろう、しかもアリーナ席は持ち込めないらしい、ごめんねと。

代わりに頭の中でお酒を作り出せるようになったというハルさんと、実際に乾杯したかったというアビさんと、みんなでビールやら見えないお酒やらで乾杯!

『真空管』の前にはアンプの話。
今回のアンプは全部、アビさんが作ったらしい。音にこだわるバンドは数あれど、ライブで使うアンプを作るなんてなかなか聞いたことがない。ちゃんといい音してたしてた。

ノリノリでギターを弾くアビさんも、歌いながらグルーヴを奏でるハルさんのベースも、バンド休止中に借りて弾いてたというアコギも、1人だけ武道館2回目のシンイチロウ先輩のドラムも、みんなカッコ良かった。胸の奥まで響いた。

武道館という舞台に感動してる様子のアビさんの真っ直ぐな言葉とか表情を見てたら、こっちまでグッときて、もらい泣きしそうになったり。いや、よく見たら誰も泣いてねえなと我に返ったり。

ハルさんもしみじみ感激して、みんなありがとうってお礼を何度も言ってたけど、ハルさんはどこか強烈に冷めてる部分があるような気がする。
「最初で最後の武道館だからね」
「俺はいいことあったから、もう充分」
みんなことをサラッと言う。

相変わらず、ひょうひょうとしてるというか、場所が武道館だろうがどこだろうが、変わらない佇まいの人なんだなと思う。

照れ屋なのか、冷めてるふりをしてるのか、諦めてるのか、達観してるのか、カッコいいんだか、かわいいんだか、よくわかんないけど好きだ。

『君は僕を好きかい』と歌う。
『日が暮れても彼女と歩いてた』とか、ピーズのラブソングはいつも切なかったり、寂しそうだ。いつもうまくいってないような感じがする。胸がギュッとなる。胸キュンとも違う。

本編の最後にはハルさんが
「みなさん 生きのびてくれてありがとう。
それだけだ。良かった」
で、ひょいっと始まる『生きのばし』
こんなのグッと来ないわけがない…

「来てくれてありがとう」じゃなくて
「生きのびてくれてありがとう」って
もうたまんないよ。

だって、きっとみんな
今日まで生きのびて来たんだもの。

このまましんみりしそうな感じなのに、『生きのばし』が始まるとこれまた楽しさが勝っちゃう。楽しくなっちゃう。湿っぽくなりすぎないのがピーズのいい所。

ライブが、ロックンロールが
シンプルに楽しいって所に行き着く。

武道館とか、ピーズ30周年とか、自分にとって半年ぶりくらいのライブだとか、人としてリハビリに来たくらいの感覚だとか、感動要素を全部抜きにしても、ライブがシンプルに楽しい。

ずっとライブを見てたかった。
ずっとピーズの曲を聴いてたかった。
ずっと続けばいいのにって思ってた。

もう終わっちゃうのかな、『グライダー』聴けないのかなって思ってたら、アンコールの最後の曲が『グライダー』だった。

最後は客電が付いて、武道館の景色がくっきり眩しく見えた。急に現実が戻ってくる気がして、夢の時間が終わっちゃう気がして、なんだか目の前の光景にボーッとしてしまった。

「10年前も10年先も」って
「30年前も30年先も」って歌ってた。

30年先なんてわかんないよ。
もう死んでるかもしれないよ。
でもなんか嬉しかった。

続いてる感じ、続いてく感じ、
なんかもうそれだけで充分なんだ。

ぼんやりしちゃって涙も出ない。振り返ったって大した人生でもない。この先も大して明るい未来は望めない。

でも絶望するのも飽きちゃったし、たまに楽しいライブが見れたりするし、ここまで何とか生きのびてきて良かった。

終演後、『好きなコはできた』が流れて、メンバーは名残惜しそうに手を振ったり、ステージの端まで来たり、3人で手を繋いで輪になってグルグルと回ってた。なんだあのかわいいおじさんたち。

楽しそうで何より、彼らの笑顔が見られて何よりだ。ピーズの武道館に加担できて良かった。片隅でも紛れ込めて良かった。

みんなに会えて良かった、もうこれだけ集まることはないだろう、「ピーズのファンはどこにいるんだ」とハルさんが言ってたけど、ライブに来るとほんとにそう思う。

ピーズを聴いてる人なんか周りにいなかったよ。どこにいるんだよ。誰もピーズを教えてくれなかったよ。知ってはいたけど、もっと早く気づきたかったよ。

ロックを好きな人自体が少ないし、大人になって聴かなくなっちゃう人もいるし。忙しい人には、ロックを聴いてるヒマもないのか。安定してる人には、ロックなんか必要ないのか。

でも今日は
ピーズを聴いてるヤツの勝ちだよな。
ピーズを聴いてないアイツの負けだな。
って、頭の中でだけ強気になってる。
今日くらいはいいよね。

最後、メンバーがステージを去ったあとも、客席は名残惜しい雰囲気で、『好きなコはできた』に合わせて手拍子が続く。思わず歌っちゃう、にこにこしちゃう、あったかい雰囲気。

帰りたくない、帰れない。この時間が終わっちゃうのが寂しくて。最後にこの曲というのがまた絶妙すぎる。

好きなコができて、ルンルンして、メシがうまくて、人生これからで、でもそのコには相手がいて、気が向いた時に振り向いてくれ、意地になって長生きするさ、何もないよりは…って、なんて明るく楽しく切ない曲なんだろう。

なんだろう、なんというか
ピーズが好きで良かった。
ピーズを好きになれて良かった。

明日から頑張ろう!生きる力が湧いてきた!なんて前向きさはやっぱりないけど、とりあえず今は、死にたいとは思わない。それって自分の中ではだいぶ調子がいい。

なんで生きてんだって思ってる日常からしたら、死にたい気分にならないなんて、なんて幸せなことなんだろう…!と、ほんのちょっとだけ浮かれてる。

武道館では聴けなかったけど、『ひとりくらいは』という曲が好きだ。ひとりくらいは、ここまで読んでくれてる人がいると期待して。

ピーズ好きな人は乾杯しよう!
頭の中で。

進んでもグラグラで
踏みしめたらドロ沼で
生きのびたら武道館

悪くないね。
素敵だね。
また会えたらいいね。



たまぶくロカビリー風呂愚:6/9武道館


01. ノロマが走っていく
02. とどめをハデにくれ
03. 鉄道6号
04. 焼めし
05. ブラボー
06. 映画(ゴム焼き)
07. 脱線
08. でいーね
09. いちゃつく2人
10. シニタイヤツハシネ
11. クズんなってGO
12. 実験4号
13. トロピカル
14. オナニー禁止令
15. 温霧島
16. 異国の扉
17. 3度目のキネマ
18. 絵描き
19. ハニー
20. 喰えそーもねー
21. どっかにいこー
22. 線香花火大会
23. バカになったのに
24. 日が暮れても彼女と歩いてた
25. サイナラ
26. ドロ舟
27. 真空管
28. 生きのばし
《アンコール》
29. 底なし
30. ゴーラン
31. デブジャージ
32. 君は僕を好きかい
33. 脳ミソ
34. 何様ランド
35. グライダー
SE:好きなコはできた















全然関係ないけど、ゲーム番組でのよゐこ濱口さんの一言。





Comment

三流亭 肉丸 says... ""
はじめまして。
私も昨日、武道館に駆けつけたものです。

いまだに心地よい余韻に浸っており、皆さんもどんな思いであの場にいたんだろうとネットサーフィンしているところ、こちらのブログにたどり着きました。

色んなブログや、つぶやきを眺めてきたけれど、こちらのブログ主様の気持ちには一番共感できまして、思わずコメントさせていただいた次第です。


>でも今日は
>ピーズを聴いてるヤツの勝ちだよな。
>ピーズを聴いてないアイツの負けだな。
>って、頭の中でだけ強気になってる。
>今日くらいはいいよね。

特に、ここのくだりはグッとくるくらい共感しました。私は、普段(、仕事やプライベートなんかで)負けるのが(負けていることを自覚するのが)怖くて、"勝敗"なんて口にするのすら控えているんですけど、昨日は武道館にて…勝った、完全優勝だ、世界一幸せ者だ、って確信してました。これは、ブログ主様と似たような気持ちかと思います。ピーズを好きになれる才能を持っていた私は幸福者です。お互い素晴らしい才能に恵まれましたね。

人生これまでダメになりそうなときでも、ピーズの歌が寄り添ってくれて、死にたくなっても、目覚ましかけて朝を迎えて、やっとこさここまでこれたと思っているから、あの三人に何らかのかたちで恩返しをしたいと思ってました。で、昨日の武道館で、あの三人の幸せそうな顔を見たら、少しはそれが実現できたかなって思えたんです。自己満足かもですが、あの武道館に充満していた幸福感を作った一人になれたんだから。

武道館が終わり、今日から何を楽しみに生きていけばいいのかなって思っていたのですが、こんな素晴らしい思い出を胸に、これから生きていけることは、けっこう幸せなんじゃないかと思えてきましたよ。

長文乱文失礼しました。イマイチ言いたいことがまとまらなくなりましたが、少しでも気持ちが伝わったら幸いです。

それでは。
2017.06.10 23:13 | URL | #2yl4CcBw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/940-010ecb44