suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】17/6/10…ヒロト選曲:ザ・ストラングラーズ「MEAN TO ME」+M「ポップ・ ミューヂック』」

2017/6/10 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXE より
毎週(土)19:30~19:55 On Air!
DJ:ツネ / ヒロト

IKO IKO / Dr. JOHN

Working in a Coal Mine / LEE DORSEY

RULLER OF MY HEART / IRMA THOMAS

BIG CHIEF / THE DIRTY DOZEN BRASS BAND




~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト 「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。ここからは僕がやります。まずは一曲聴いてください。ザ・ストラングラーズで、『ミーン・トゥ・ミー』」


MEAN TO ME / THE STRANGLERS


ヒロト 「ザ・ストラングラーズで、『ミーン・トゥ・ミー』聴いていただきました。これは、1979年、『Xサーツ(X-Cert)』というライブアルバムに、くっついてきた、おまけのシングル盤だったんですけれど。なんだか、すごく嬉しかったです。

77年から、続いた、パンクロックのムーブメントも、少し、落ちついてきて。もう、世間では、ニューウェイヴ、なんて呼ばれるようになり。そんな時代だったんですけれど、こういうのを聴くとやっぱり、僕はストレートなロックンロールが、好きなんだなぁ、と、再確認したのを、覚えています。

しかし、時は、79年です。もう、80年代は、目の前なんです。この年、大流行した、こんな曲を聴いてください。Mで、『ポップ・ ミューヂック』」


POP MUZIK / M

ヒロト 「Mで、『ポップ・ ミューヂック』聴いていただきました。なにしろ、ギリギリの線で、勝負をかける、男のロック、そんなものに、夢中になっていた僕は、最初、ラジオからこれが流れてきた時、なんじゃこりゃ、と思ったものです。なんだかチャラチャラして、最近の若い者は、なっとらん。みたいな、感じだったんですよ。

ところが、ある時、ひょんなことから、このシングル盤を手に入れ、ヘッドホンで聴いてみたんです。こっそり聴いてみたんです。そしたらなんと、あれあれ、なんだか楽しいなぁ。もう一回聴いてみよう。そんな気持ちになったんです。不思議だなぁ。

さて、みなさんは、どう感じたのでしょうか。それでは、また来週。元気でね。甲本ヒロトでした、バイバーイ。」


(オンエア曲)'17 6月10日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/944-329ea553