suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【魁!ミュージック】17/9/5…ザ・クロマニヨンズ ヒロト&マーシーからビデオレター

2017年9月5日 フジテレビ
「魁!ミュージック」

ゲスト:ザ・クロマニヨンズ
甲本ヒロト、真島昌利




■ ザ・クロマニヨンズ ヒロト&マーシーからビデオレターが到着


ヒロト 「それぞれの、近 況 報 告。近況報告」
マーシー「はい、どうぞ。(♪以下、ギターを弾く音)」
ヒロト 「俺、何にもしてねえからなぁ~。何にもしてないんだよ。なんかあった?最近」
マーシー「(♪)何にもしてないよ」
ヒロト 「あっ!俺ね…、今年の夏、生まれて初めて、タマリンドっていう物を食べた」
マーシー「(♪)タマリンド?」
ヒロト 「うん。すげーおいしかったよ、タマリンドは」
マーシー「果物?」
ヒロト 「果物だね」
マーシー「うん」
ヒロト 「うん。見た目はなんかね、猫のフンみたいなんだけど、その中に、おいしい物が入っている」
マーシー「猫のフンの中に、おいしい物が入っている」
ヒロト 「猫のフンが乾燥したみたいな、感じなんだけど、その中に、すごいおいしい物が入っていて、食べた。すごくおいしかったんだ。で、おいしいからいっぱいいっぱい食べてたんだよ。そしたら、その中のひとつから、ゾウムシが出てきたの」
マーシー「ゾウムシも食べる?」
ヒロト 「それは食べなくて、それは普通はみんな捨てるらしいんだけど、僕は、標本にした」
マーシー「僕にも、タマリンドちょうだい。(♪)」
ヒロト 「もう全部食べちゃったよ」
マーシー「ええ~」

ヒロト 「はい。次、ニューシングル『どん底』について」
マーシー「はい」
ヒロト 「どうですか?」
マーシー「(♪)」
ヒロト 「どんな楽曲になりましたか?これはマーシーが作ったんだよね」
マーシー「そうだよ。うん(♪)カッコいいよー」
ヒロト 「カッコいいねえ」
マーシー「うん」
ヒロト 「何しろ俺が歌ってるからな」
マーシー「タマリンド」




ヒロト 「えーと……僕らはいつも、えっと、アナログ盤も出すのです」
マーシー「そうです」
ヒロト 「これは、あの~、強制はしませんが、え~聴いてほしいです。はい」
マーシー「はい」

ヒロト 「次は…こ の 夏 の 思 い 出。この夏の思い出」
マーシー「うん」
ヒロト 「俺ね、タマリンドっていう物を…」
マーシー「タマリンド食べたでしょ」
ヒロト 「食べた」
マーシー「なんか俺もそんなね、気がしてた」
ヒロト 「うん。で おいしくていっぱい食べてたら、そん中のひとつからゾウ…」
マーシー「わかった、そん中のひとつから」
ヒロト 「しまった、言っちゃった…」
マーシー「ゾウムシ出たでしょ?」
ヒロト 「出た。どうしたと思う?それ」
マーシー「それね、…食べた」
ヒロト 「惜しい! 惜しくない。標本にしました」
マーシー「(笑)」
ヒロト 「はい」
マーシー「(♪)」

ヒロト 「全国ツアーをやります」
マーシー「やるよ。(♪)」
ヒロト 「え~、東京ドームに始まってね」
マーシー「うん。(♪)5大 ドーム」
ヒロト 「ツアーね。…実を言うと、詳しいことはですね、今 全部言うことができません」
マーシー「はい。(♪)」
ヒロト 「たくさんやるんです。え~、ドームはやりません。で、色んなとこでやります」
マーシー「うん」
ヒロト 「みんなのうちの近くに行った時には、えーと、観に来てください」
マーシー「はい」
ヒロト 「あの~、今回のアルバムからの曲 中心になると思うんですけど。どんな曲をやっても、面白いんですよ、クロマニヨンズは」
マーシー「はい」
ヒロト 「だって、顔が面白いんだから~」
マーシー「タマリンド。(♪)」




ヒロト 「え~生で、面白い顔を観に来てください!よろしくお願いします」

ヒロト 「はい。視聴者さんへ、メッセージをお願いします」
マーシー「はい。どうぞ」
ヒロト 「俺?」
マーシー「うん。(♪)」
ヒロト 「えーと……失礼しました。えーと、ちょっと待ってくださいね。考えてます。え~……オス!オス!オラ 沙悟浄」
(ビデオを消して)
ヒロト 「いいかな?俺、今日 がんばったかな」




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/951-353c135f