suicide bambi

パンクロックからお笑いまで、気になることを気まぐれに。

【ジャンゴ・バンゴ・デラックス】17/12/2…ヒロト選曲:子門真人『アイアンキング』+水木一郎、こおろぎ '73『勝利だ!アクマイザー3』

2017/12/2 fm nagasaki 「DJANGO BANGO DELUXEより
毎週(土)19:30~19:55 On Air!
DJ:ツネ / ヒロト

HIT TA DITTY LOW DOWN / HALF PINT JAXON

Blowin' Down the Road / WOODY GUTHRIE




~ ヒロト ♥ コーナー ~

ヒロト 「みんな元気だったかな?甲本ヒロトです。ここからは僕がやります。まずは一曲聴いてください。子門真人で、『アイアンキング』」


アイアンキング / 子門真人

ヒロト 「子門真人で、『アイアンキング』聴いていただきました。師走を駆け抜けろ!というテーマで、何か、勇ましい曲をかけたかったんです。

年の瀬の忙しい時期、ラジオをかけながら仕事をしている人もいるかもしれない。外回りの、営業車を運転しながら、渋滞にうんざりしている人がいるかもしれない。そんな時、ラジオから流れてきたら、「よし、頑張るぞ!」ってなるような曲はなんだろう、と思っていたらこんなことになりました。

まず、ラッパが、勇ましいです。それから、ボンゴ。左のチャンネルで、最初から最後までずっと鳴り続けているボンゴが、急がなければ!というピンチの感じも出しています。そして、子門真人さんの緊迫した歌声で、ここぞ!というところで、意味のわからないカタカナを、絶叫する、これも効果的です。

そして、歌詞 なんですけども。これは、『アイアンキング』というヒーローもの、勧善懲悪ものの、ドラマの、主題歌であったので。やはり設定がですね、「わたしは正しい、あいつらが間違っているのだから、叩き潰してやればいいのだ」という、そこは動かしてはいけない設定なんですね。だからこういうのが、その…激しい高揚感を、呼ぶわけです。一歩間違うと、突然部下をどなりつけたりする、やな上司とか、運転中にちょっとしたことで腹を立てて、すぐいざこざに及んでしまうような、そういうダサい人たちみたいに、なってしまうんですよ。なので、そこは充分に注意していただいて。え~あくまでも、年の瀬を乗り切る、そのための活力になれば、と思ってかけております。

さて、師走を駆け抜けろ。もう一曲行きましょう。水木一郎と、こおろぎ '73で、『勝利だ!アクマイザー3』」


勝利だ!アクマイザー3 / 水木一郎、こおろぎ '73

ヒロト 「水木一郎と、こおろぎ '73で、『勝利だ!アクマイザー3』聴いていただきました。さすがアニキ、すごいです。「アクマイザ~!スリー!」のところは、ほとんど、「マジンガ~!ゼーット!」のところの役割です。

さて、師走を駆け抜けろ!それではまた来週、元気でね。甲本ヒロトでした、バイバーイ。」


◆ マーシーセレクト 冬 2017 ◆

RIOT IN CELL BLOCK #9 / THE ROBINS


(オンエア曲)'17 12月2日 On Air List|DJANGO BANGO DELUXE



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://suicidebambi.blog44.fc2.com/tb.php/995-edce8bf6